2020年03月31日

塩田千春展 永遠の糸

ずーっと気になっていて見たかったけど
見に行けなかった六本木ヒルズ(森美術館)の塩田千春さん。

岸和田のマドカホールというところで
「塩田千春展 永遠の糸」が開催されていると聞いて、
二月、京都に行く前に岸和田まで足を延ばしました。

会場はなんでもないふつうの部屋だったのだと思いますが、
ものすごいことになっていました。
_Q6A6882m.jpg
赤い糸が無尽蔵に絡まる壮絶で圧倒的なインスタレーション。
四角い部屋が別世界になっています。

_Q6A6896m.jpg
_Q6A6870m.jpg
無数に絡まる糸、糸、糸。
人と人の縁を紡いでいるのでしょうか。

_Q6A6885m.jpg
糸の中に絡まっているのは、地元の小学生が書いた手紙。
いのち、べんきょう、かぞく……
テーマが画一的なのは指導した先生の限界でしょうね。
_Q6A6873m.jpg

それにしても、岸和田。初めて降り立ったところでしたが、
京都のついでに行くには、ちょっと遠かった(笑)

塩田千春展 永遠の糸
会期:2020年2月5日(水曜日)〜3月15日(日曜日) 
   ※会期は終了しています。
場所:マドカホール(岸和田市立文化会館)
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/10/chiharu-shiota.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

至近距離の宇宙/日本の新進作家 vol.16

お友だちの写真家 井上佐由紀さんが参加してるということで、
最終日にようやく滑り込んだ写真展。ようやく記事にできました。

でかけたのは、恵比寿の東京都写真美術館で開催された
「至近距離の宇宙/日本の新進作家 vol.16」
(2019年11月30日(土)〜2020年1月26日(日))です。

井上さんは、赤ちゃんが生まれて目を開いた瞬間を撮影した
私は初めてみた光を覚えていないを出品。
_Q6A6398m.jpg
目を開いたばかりの赤ちゃんの写真がたくさん並んでいます。

_Q6A6388m.jpg
ひとりの赤ちゃんが目を開く瞬間を連写したフィルムも。
生まれてから目を開いてなにかを見るまでの過程を
少しずつとらえた貴重な写真です。

生まれて初めて見たのは、井上さんのカメラだったのでしょうか。
でもそれを覚えていないというのがこの作品のテーマです。
ひとりの人間が誕生する瞬間に何回立ち会ったのでしょう。
井上さん渾身の作品です。

対比させる形で井上さんご自身のおじいさんが
最後に見たであろう目の写真も展示されていました。

「至近距離の宇宙/日本の新進作家 vol.16」には、
井上さんのほかに、相川 勝、齋藤陽道、濱田祐史、
藤安 淳、八木良太の五名の若手写真家(敬称略)
が出展していました。
齋藤陽道さんは今回の展示を含めた作品で、
第45回木村伊兵衛賞にノミネートされました。

同じ日、別の階では、中野正貴さんの
「東京」という写真展もありました(こちらも最終日)。
_Q6A6422m.jpg
ちょうどご本人がギャラリートークしてました。
中野さんは東京の街中の誰もいない瞬間をとらえた
「TOKYO NOBODY」で有名な写真家。
誰もいない光景は、お正月の早朝などを狙って
待って待って撮影されてます。

1月下旬の鑑賞から早二か月が経ち、
当時は思いも寄らない世の中になってしまいました。
いまの東京はそのまんまで、NOBODYです。
posted by ひろとも at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

3月11日

あの日から9年が経ちました。

昨年に増してハードになったこの季節。
コロナで申告期限がひと月延長されなかったら
一週間連続徹夜になってたかもしれません。

ようやく落ち着いてきました。
_Q6A7466m.jpg
2020年3月11日の忍者部屋。
壊れたシーリングライトはいまもあの日のまま。


posted by ひろとも at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

オル太『超衆芸術 スタンドプレー』@ロームシアター京都

オル太の公演「超衆芸術 スタンドプレー」を観に行きました。
ところはロームシアター京都 ノースホール
2月8日(土)〜11日(火・祝)と計4回上演されましたが、
いろいろあって11日の楽日に観覧。

 20200211_2473.jpg
2017年から発表している「スタンドプレー」シリーズの
現時点での集大成のような印象。
自らの身体で演じ、台詞もありますが、ふつうの演劇ではなく、
しゃべって動くアートといった雰囲気でもあります。
オル太の言葉を借りれば「プレイングインスタレーション」。

「スタンドプレー」というのは私なりの解釈ですが、
街中でみかける人びとの暮らしや看板などを参考にしながら、
オル太の発想や解釈を通じて表現されるもの。
その中にパイロン、宝くじ売場、予想屋のおじさん
をはじめとする街中の物体、出来事が淡々と演じられます。

パイロンはもともと古代エジプトの神殿の塔門を差すギリシャ語。
それがオリンピックという連想につながります。
舞台には何分の一かに縮小された新国立競技場の敷地と
部分的に作られた建造物(客席と屋根)の骨組みが再現されています。

劇中、その骨組みは敷地の境界に敷かれたレールの上を
列車のようにガラガラと回ります。
各骨組みには小さなモニターが取り付けられ、
流れている映像が前をとおるときにチラリと見えます。

天井からは巨大なiPhoneがぶら下がり、
古代オリンピックを描いた壺などの映像、
台詞の英訳文字が映し出されます。

演者は、オル太のほか、新井麻弓、タカハシ ‘タカカーン‘ セイジ 、
玉木晶子、山本悠が加わった計九人。
トレーナーを演じた井上徹さんの鍛えあげられた筋肉、
オークショニアを演じた山本悠さんの卓越した演技力が
とくに目を引きました。

2020年、いよいよ世紀の祭典、東京オリンピックが開催されます。
宝くじや競艇に興じる人、女装家、サンドイッチマンなど、
スタンドプレーで演じられた人たち……いや、私たち一般大衆は、
この夏、どのようにオリンピックという熱狂と向き合うのだろう。

そんなことをつい考えてしまう、恍惚としたひとときでした。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

走れ!バカップル列車 第85号 西武特急ラビューとSLパレオエクスプレス

もう半年近く前のことですが、昨年9月、バカップル列車が走りました。
(なんか、このフレーズが定番になりつつあってコワイ(^^;A )

列車は、西武特急ラビューSLパレオエクスプレス
昨年は、Laview(ラビュー)のおかげで「鉄道ファン」「キヤノン」、
ふたつのフォトコンテストへの入選もかないました。
愛と感謝をこめて書いた旅行記です(笑)

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第85号 西武特急ラビューとSLパレオエクスプレス

_Q6A8990m.jpg
池袋駅、発車前の特急ラビュー。先頭部分は本当にまんまる。

_Q6A7392m.jpg
ラビューに乗り込み、ご満悦のみつこ。黄色がおしゃれ。

_Q6A7644m.jpg
帰りはSLパレオエクスプレスに乗る予定でしたが、
三峯神社からの帰りのバスに乗り遅れ、SLにも乗れませんでした。
しかたないので三峰口駅前で記念撮影。

_Q6A7678m.jpg
でも裏ワザを使って、なんとかSL列車に乗り込みました。
座席に着いて、ひと安心。

_Q6A7708m.jpg
やっぱSLはいいなぁ。ぐいぐい引っ張る黒い車体ともくもく煙。

posted by ひろとも at 12:47| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

神奈月トークライブ(第19回)

2月1日(土)、神奈月さんトークライブに参戦してきました。
会場は渋谷のLOFT 9 Shibuya です。
収容人数が格段に増えましたが、来場者はいつもどおりでした(苦笑)

さて、オープニングは誰で登場するか気になるところですが、
なんと今回は「笑わない男」で出てきました〜
20200201_2258.jpg
稲垣啓太のモノまねは前にも見たことありますが、
以前にも増して完成度が高くなってきています。
20200201_2264.jpg
でもほら、ヅラをとるとだんだん神奈月さんに。
目をつり上げているテープを取ればハイ、元どおり(笑)

今回は年末の「祭」を振り返るビデオ上映のコーナーは
なかったんですが、あれこれ四方山話で大盛り上がりでした。

最後に恒例のプレゼント大会。
チケットの整理番号をくじ引きで決めるのですが……
20200201_2273.jpg
なんと、わしらの仲間、マホさんが大当たり!
真っ先に武藤敬司クッションを手にしてました(^^)
しかも、マホさん、けっこうなカサのブツを
ふつーにかばんに入れて帰って行きました(笑)

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

映画監督 林海象 映画大学@ Bar le sept

大人気の「林海象 映画大学」@ Bar le sept に行ってきました。
もう一か月経っちゃったんですね。
20200111_1752m.jpg
年末にNHK BSで林監督が演出した
「黒蜥蜴」が放送された直後ということもあり、
一幕を監督直々の解説つきで上映していただきました。

その後も監督が制作した「BOLT」を上映。
「GOOD YEAR」「LIFE」はいままで別々に見てましたが、
三作を通しで見て「あー、こうつながってるんだ〜」と発見。
けっこうずっしり来るテーマですが、
「BOLT」→「LIFE」→「GOOD YEAR」
という順番で見ることでだんだん救われていきます。

みなさんが帰ったあとも監督といろいろお話できました。
「黒蜥蜴」のキャスティングの秘密も興味深かった。
でも、あのドラマはりょうさんがいなかったら
あれほどの人気にはならなかったでしょうね。
※2020年1月11日開催

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

節分豆まき

ことしも節分の豆まきをしました。
自宅でひっそりと。
20200203_2299.jpg
鬼は〜外〜、福は〜内〜♪
もうすぐ春ですね。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

アサヒカメラ賞の楯

自慢話ばかりが続いていますが、
最後の最後にすごいのが来ました!

2020012926935301.jpg
楯です。
アサヒカメラ賞の年度賞はビリッケツだったので
表彰式には呼ばれなかったのですが、
おととい宅配便で届いたのでした。

こんな立派なのいただけるなんて、すごくうれしい。

この先はネタがないので、
おそらく自慢話はしばらくなくなるはずです。
最後なので2019年度に入選した写真を集めてみます。
ぜんぶで8作入選しました。

20181221IMG_3172tm.jpg20190120_4064.jpg
IMG_4830.jpg20190320_5152.jpg
20190421_5792.jpg20190521_6545n.jpg
20190621_7212t.jpg20191021_9796.jpg



posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

ぎゃらりーKnulp 第81回公募展「鉄道 vol.10」(前期)

1月25日(土)からはじまりました
ぎゃらりーKnulp 第81回公募展「鉄道 vol.10」(前期)
に参加しています。

Knulp公募展への参加は今回で三度目。
参加するたびに新たな緊張に直面し、
また参加するたびに新たな発見に出くわします。

それはそれで刺激的なのですが、
どうもおやびん(梅津さん)と顔を合わせると
別館(という名の近所の居酒屋)に滞在する時間が
長くなりつつあるのも事実(笑)
IMG_2155m.jpg
↑左がおやびん、右は猪井会長

在廊といいながら「下ノ居酒屋ニ居リマス」状態ですが、
この土日までですので、お時間許せば
ぜひ谷中のぎゃらりーKnulpまでお越しください。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする