2006年09月28日

何でもない写真のちょっと珍しい光景

こちらの写真をご覧ください。
東京・有楽町駅を東京国際フォーラム・ビックカメラのある側(西側)
から撮影した何でもない写真です。

20060927yamate01lm.jpg

これを見て、「おや? おかしいゾ」と感じた方は、
かなりの鉄道通(あるいは鉄道オタク)かもしれません。

どこがおかしいか、珍しいか、わかりますか?











上の写真が珍しいのは、
京浜東北線の線路を山手線電車(銀色車体に黄緑色の帯の電車)が
走っているところです。
普段ならばガードのすぐへりには京浜東北線(北行)が走っていて、
ここに山手線が走ることはありません。

ご存知の方も多いかと思いますが、
田端〜田町間は、山手線京浜東北線が並行して走っています。
この複々線区間は、西側から順に、
京浜東北線(北行)山手線(内回り)山手線(外回り)京浜東北線(南行)
と走るように決まっています。

ところが、9月27日〜29日の日中(10時30分ごろ〜15時30分ごろ)は、
山手線のリフレッシュ工事。
山手線の内回り電車・外回り電車が走る線路を閉鎖して、
本来、京浜東北線が走る線路を
京浜東北線山手線が交互に走っているのです。

この時間帯(10時30分ごろ〜15時30分ごろ)は
乗降客が比較的少ないためか、通常ですと京浜東北線
快速運転を行うのですが、リフレッシュ工事期間中は
京浜東北線も各駅停車となって輸送力の確保をしているようです。


駅の案内板もこんな風に(秋葉原駅)。
20060927yamate02lm.jpg

「1番線 京浜東北線」と案内されているホームに、
京浜東北線山手線が交互に運転されている様子がわかりますね。

posted by ひろとも at 00:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

トラックのウソつきステッカー

真夜中のドライブ。
前をトラックがのうのうと走っている。
右側車線にいるので、左から追い抜こうとすると、
トラックは急にスピードを上げてきた。
なんとか抜かれまいと幅寄せまでしてくる。

そ、そんな〜(^_^;)

だったら最初からテキパキ走ってよ。
しかも、そのでかでかと貼ってあるステッカー。

20060923uso2lm.jpg

法定速度遵守車

「遵守」ってコトバの意味わかってるのかな。
20キロオーバーは確実。ぜんぜん遵守してないじゃん。

夜空に向かって叫んでやる。

ウソつきーッ!!




……って、スピード出させちゃったのはおらか(^_^;)
posted by ひろとも at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ある空き地での厳格なルール

街の中のなんでもない空き地。
中途半端にフェンスがあります。空き地の中は草茫々。

20060919dokin01lm.jpg



そのフェンスには貼り紙が。何やら書かれています。
















20060919dokin02lm.jpg

あの〜……

靴はどこで脱げばいいんですか?
posted by ひろとも at 19:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

北緯40度、東経140度

ちょっと用事があって秋田県大潟村に行って来ました。
日本で二番目に大きかった八郎潟という湖を干拓してできた村。

村内のほとんどは広大な水田。黄金色に実った稲穂が頭を垂れています。
そんな水田の真ん中にこんなモニュメントが。

20060917kosaten02tlm.jpg

近づいてみましょう。

20060917kosaten03lm.jpg

そう、ここは北緯40度、東経140度。
地元では「経緯度交会点」と呼ばれています。
GPSなどでもご存知のとおり、経度と緯度は
それこそ地球上のすべての地点で交わっているのですが、
ここは北緯40度キッカリの線と東経140度キッカリの線が交わる
とても珍しい地点
なのです。

20060917kosaten04lm.jpg

モニュメント後方にあるこちらの案内板には、こうあります。
ここ大潟村は、経度と緯度が10度単位で交わる
 日本で唯一の地点です。

たしかにそうです。北緯30度、東経130度は
屋久島の近くだけど海上ですからね。
ちなみに、北緯40度線上にはマドリッド、ナポリ、北京、ニューヨーク。
東経140度線上にはハバロフスク(ロシア)、
キングストン(オーストラリア)などの都市があるそうです。

それにしても「経緯度交会点」。
地図マニアでもなければ、わざわざこんなところ来る人いませんよね。
経度も緯度も目には見えませんから、
うんちく聞かされても「へえ」としか言いようがありません。
私がここに来たのは二度目ですが、
いずれも自分たちしか訪問者はいませんでしたから(笑)

posted by ひろとも at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

牛丼復活祭

待ちに待ったこの日がやって来ました。
そうです、吉野家
(注)牛丼復活の日です。

発売開始となる11時ちょっと過ぎ、
早速吉野家の前に行くと、ものすごい行列!!
20060918yoshigyu01lm.jpg

警備のお姉さんまで出てきて、
行列の後ろから並んでいるお客たちに案内しています。
20060918yoshigyu02tm.jpg

それでもめげずにならんで食べてきました。
牛丼並盛と生玉子。
変わらない味、懐かしい味。
松屋ともらんぷ亭とも違う、吉野家独特の味。
グルメの方から見れば嘲笑されそうなことですけれど、
私にゃ、このなんでもない味がうれしいです。

会計を済ませたら、こんな手ぬぐいをくれました。
20060918yishigyu03lm.jpg

広げるとこんな感じ。
20060918yoshigyu04tlm.jpg

牛丼まで食べさせてもらって、
こんな手ぬぐいまでいただいちゃって、
なんだか申し訳ない気持ちです。


おそらくきょうの吉野家牛丼の復活は、
報道では米国産牛肉輸入再開とセットで話題になることでしょう。
そんな騒ぎの中で、私が牛丼を食べるのは、
吉野家という自分が信頼している企業が
安全性を確認してくれているからこそです。
それは何もいまに始まったことではなく、いままでもそうだったから。

我が家では米国産牛肉はスーパーでは買いません。
だって、まずいんだもん。
これだっていままでもそうだったからだし、
これからもきっとそうでしょう。
家で食べるなら和牛がやっぱおいしいですよ。


(注)吉野家
吉野家の「吉」の字は、正確には「土」の下に「口」の文字ですが、
パソコンではその字がないので便宜上「吉」という字を代用しています。
ご了承ください。
posted by ひろとも at 18:15| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

北緯45度31分22秒

ちょっと用事があって宗谷岬に行って来ました。
北緯45度31分22秒。
ここが実際上の領土の最北端ということになり、
日本最北端の地」の碑があります。

20060910soya01lm.jpg

道路の看板などには宗谷岬といった表記はありますが、
「納沙布岬」のように、北端付近に「宗谷岬」と書かれた
碑とか塔とかいったものはなぜかありません。

宗谷岬を訪れた日は雨ときどき曇りでしたが、翌朝はいい天気。
宗谷本線鈍行列車の車窓から見えるものすべてが絶景で、
サロベツ原野の向こうには利尻島が浮かんでいました。

20060911soya02tlm.jpg


話はちょっと横道にそれますが、
宗谷本線にはこんな名前の駅があります。

20060911soya03lm.jpg

なんだか米国産みたいです。
近くに牧場があって牛がたくさんいましたけど、
もちろん日本の牛ですし(当たり前)、
しかも乳牛なので、心配はご無用です。



※安牛駅
駅の所在地は天塩郡幌延町大字開進小字安牛。
アイヌ語の「ヤシ=ウシ」。「網を引く所」の意といわれる。
付近に天塩川の漁場があったようで、
けっして日本語の「牛」ではなく、安いわけでもないようである。
posted by ひろとも at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ウエノ・コード2

あれから、もう三か月の時が経った。
季節は流れ、秋が来た。
上野駅での暗号解読の調査もいよいよ佳境を迎えている。
きょうは現時点でわかったことを報告させていただくことにしよう。

ありがとうございます

あの文字は、前回発見した暗号と同じホームにもまだあった。
それは、飲料水の自動販売機に……。

ueno01lm.jpg

ありがとうございます

ueno02lm.jpg

ありがとうございます

ueno03lm.jpg

ありがとうございます

ueno04lm.jpg


ホームから階段を降りると、ホーム下の通路にもまた、ある。
同じく、飲料水の自動販売機に……。

ueno05lm.jpg

ありがとうございます

ueno07lm.jpg

ありがとうございます

ueno06lm.jpg

ありがとうございます

ueno08lm.jpg

結局、謎の真相はわかりませんでしたが、とにかく
上野には「ありがとうございます」があふれています!
posted by ひろとも at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

お月さま

昨夜は満月でした。
我が家の窓は西向きなので、散歩にでも出かけない限り、
今月は見られないかと思ったんですが、
二時過ぎくらいに、もう寝ようと窓を閉めに行ったら、
ぽっかりまんまるお月さま。

20060908mangetsulm.jpg

いや、きれいだな。

うすい雲がゆらゆら流れるところが、
また風情があって良い感じ。



※去年のいまごろの記事はこちら
posted by ひろとも at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

オッパイの疑問、Y先生がズバリお答えいたします!

8月24日付で「大きなオッパイは好きですか」という
同級生Y君から仕入れた話をもとにした記事を載せたところ、
意外にも大反響で(笑)、二つも質問をいただいてしまいました。
しかもY君あてに(^_^;)

このほどY君……いや、ここではY先生とお呼びしましょう、
Y先生から、ズバリ明答をいただきましたので、ここに発表いたします。


●さくらさん(N市)からの質問

Q 一生ものですか?!

A 一生ものです、基本的に。
ただ、まれですが、シリコンバッグ周囲の細菌感染や、被膜拘縮といってシリコンバッグ周囲の生体組織が異常収縮しておっぱいが硬くなってしまったり、極めてまれですがバックが破損してバッグをとりださなくてはいけなくなったり、再手術が必要になることも絶対にないわけではありません。
人によっては今はいっているバッグを取り出してもっと大きなものに入れ替えたりするぜいたくな人もいるようです。



●poohpapaさん(T市)からの質問

Q ず〜っと気になっているのですが、豊胸したオッパイから
将来的に母乳は出るものでしょうか。
シリコンで母乳の通路を塞いでしまっているように思うのですよ。


A 乳腺より深い部分にバックをいれるので授乳に影響を与えることは全くありません。
安心して手術を受けてください。200mlちょっとくらいのバッグを使用して2カップアップくらいを目指すのが一般的ですね。
「豊胸術」で検索するといろいろな美容外科のサイトがでてきます。手術法について詳しく解説してあるので参考にしてください。またクリニック選びに際してはあまり手術料金の安いクリニックは手術が雑だったり、使用するバッグが安物だったりすることがあるので避けたほうがいいかもしれません。
それではバストアップによってより魅力的なボディーが実現することをお祈りいたします。



Y先生、お忙しい中、明快なお答え、どうもありがとうございました。

ところで、Y先生、よろしいんでしょうか。
poohpapaさんって、たぶん男の方だと思うんですが?
posted by ひろとも at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

オッパイがイッパイ

別にたいしたブログではないんで、
アクセス数なんて知れているんですが、
最近、ちょっとだけ増えてるなと思ったら、
どうやらその原因はオッパイにあったようです。

こちら、<検索ワード別ランキング(その1)>
赤いマルで囲ったところがオッパイで検索して、
このブログにたどり着いたもの。
oppai2nm.jpg


そして、<検索ワード別ランキング(その2)>
青いマルで囲ったのは「オチンコ写真」。
このワードで検索したのは誰なんでしょう?
男であっても女であっても複雑な思いがいたします。
oppai1nm.jpg

大きなオッパイ」で検索して、
たどり着いた先がこの写真だったとき、
彼はさぞかし落胆したことでしょう。

まったくお気の毒としか言いようがありません。


それにしても、検索ワードランキングで
つねに一位であり続ける登坂淳一アナ
ってやっぱスゴイ!
posted by ひろとも at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

無精ヒゲで、ちょいワル?

休日の朝、ヒゲ剃りをサボると無精ヒゲになる。

20060903busyo01tlm.jpg

ん? これって、最近はやりの「ちょいワルオヤジ」かぁ?
洗濯物を干しているみつこさんにきいてみた。

「このヒゲ、ちょいワルオヤジっぽくみえない?」
「ぜんぜん」

とぼとぼ帰ってきた。やっぱヒゲは剃るか。

すぐに、みつこさんが追いかけて来た。

「ちょいワルオヤジっていうよりサ……

 カールおじさんだな」








20060903busyo02lm.jpg


おい(怒)
posted by ひろとも at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新陳代謝するカバン

これ、なんだかわかりますか。
あ、いや、わかりますよね。紙袋です。

20060827ykun01tlm.jpg

でもどこかで見たような……。

そう!この紀ノ国屋の紙袋は、
美容整形外科医Y君通勤カバンで〜す♪

でも、ちょっと新しくなってますよね。
というのも、この写真、数日前にY君から届いた写真なのです。

添え書きには、こうありました。

例の紙袋ですが、その後学会で大量のパンフレットを
もらって帰ったら、かなりボロくなったので、
八月中旬の1枚に加え、更に外側2枚を新しくしました。
飲み会の時の袋は一番内側のみになり、
これでまたまた新品同様。じつにすばらしい!


つまり、何枚か重ねてある紙袋のうち、
内側の一番古い紙袋を抜き出し、外側に新しい紙袋をかぶせる。
これを繰り返すことで、耐久力を保ちつつ
外見上も新しく見えるカバンでいられるということのようだ。

まさに、新陳代謝するカバン

ある意味、すごい。





Y君には実用新案の出願したら?と勧めておきました(笑)
posted by ひろとも at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする