2007年04月01日

租税訴訟補佐人講座

2006年4月から一年間、慶應義塾大学大学院(法学研究科)の
租税訴訟補佐人講座(※)に通っていました。

昨日3月31日はその修了式。
少し早めに三田にある大学に出かけ、集まった仲間数名と
一年間通った学校に最後の挨拶をしました。

20070331keio_1314tm.jpg
レンガづくりの図書館旧館。桜も咲いています。

20070331keio_1297m.jpg
お世話になった444番教室。

20070331keio_1363m.jpg
みなさん自然と、いつも座っていた席のところに行くんですね。

20070331keio_1299m.jpg
中庭の大銀杏。秋の紅葉はそれはそれは見事でした。

20070331keio_1318m.jpg
学食です。さすがに春休みなのでひっそりしています。


夕方から修了式。学内のレストランで開かれました。

20070331keio_1381m.jpg
修了証を受けとるところを写真に撮ってもらいました。

授業は毎週土曜日の午後。最後まで出席できるか不安もありましたが、
すばらしい仲間に恵まれたおかげで何とか最後まで通えました。
授業以外にも教室を借りて自主的にゼミを開いたり、
法廷傍聴にハマったり、数々の面白い試みも実現しました。
これがあまりにも楽しかったので、今年もみんなで勉強会しよう!
なんて話も出ています。
いまから楽しみ。もちろんその後の飲み会も!(笑)



※補佐人と補佐人講座
補佐人とは、納税者が課税庁のした処分に対して不服申立てをして、
その結果、租税訴訟に発展したときに、税理士が
納税者の補佐人(代理人をさらに補佐するような位置づけ?)として、
法廷で陳述できるという制度です
(あ、ちなみに私いちおう税理士なんですね)。
補佐人講座は、税理士会と大学との連携によって
早稲田、中央、筑波、慶應義塾の各大学院に開設された
補佐人を養成するための特設講座。
立場は特別学生(聴講生みたいな感じ)という扱いですが、
学生証があるので、映画、美術館、
パソコン・ソフトの購入などで学割が使えました。
posted by ひろとも at 11:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする