2007年06月25日

みつこは働き者!?

東京都にお住まいのくらむぼん博士より、
こんな写真を投稿していただきました。

mitsuko.jpg

くらむぼん博士からは写真に添えて
次のようなメッセージが・・・

田無で見つけましたわーい(嬉しい顔)
みつこさんってとっても働き者っキスマーク


おそらくこのスナックのママも働き者なのでしょう!
うちの嫁みつこも働き者ですよ〜♪
posted by ひろとも at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

走れ!バカップル列車 第23号 銚子電鉄と芝山鉄道8.6キロ【写真編】

ことしのバカップル列車もようやく第2弾!
今回は「ぬれ煎餅」で有名な銚子電鉄と成田空港の地下を走る芝山鉄道

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第23号 銚子電鉄と芝山鉄道8.6キロ



それではどうぞご覧ください!


0704chiba01m.jpg
銚子駅に登場した銚子電鉄の電車。
よ〜く見ると元銀座線の電車です。パンタグラフは新たにつけたの?

0704chiba02m.jpg
銚子電鉄の終点外川駅。この直後にある事件が!?

0704chiba03m.jpg
朝の九十九里浜。風が強くて飛ばされてしまいそう。

0704chiba06m.jpg
波間に飛び交うウミネコたち(みつこ撮影)。

0704chiba07m.jpg
つみたてイチゴ。この輝きは罪!?

0704chiba08m.jpg
見よ! これが名物「ばんや天丼」。まさに洗面器サイズ!!

0704chiba09m.jpg
何人分だ? といいたくなるような刺身盛り合わせ。

0704chiba05m.jpg
芝山千代田駅にて発車を待つ芝山鉄道の京成成田行き電車。

0704chiba10m.jpg
時間帯が悪かったのか、ガラ空きの車内。


<旅行記>
走れ!バカップル列車 第23号 銚子電鉄と芝山鉄道8.6キロ




posted by ひろとも at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

飛鳥山の紫陽花3

ことしも飛鳥山の紫陽花を見に行きました。
(参照 おととしの記事・きょ年の記事)

飛鳥山の紫陽花は、山を東側に降りたところ
東北線の線路沿いに咲いています。
070616ajisai01m.jpg
紫陽花のすぐ脇を湘南新宿ラインの電車が通り過ぎてゆきます。

070616ajisai02m.jpg
花の色はいろいろ。ことしは天気が良いせいか、
あんまり元気がないみたい。
紫陽花はやっぱり雨とかくもりの日のほうが
きれいに見えますよね。

070616ajisai03m.jpg
紫陽花を背にたたずむみつこさんです。

070616ajisai04m.jpg
謎多き飲食店街「さくら新道」脇にも咲いていました。

ことしは空梅雨。水不足がとっても心配です。
もう少し雨、降ってくれませんかねぇ。
posted by ひろとも at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

未来という名のとうもろこし

田舎からもぎたてのとうもろこしが届きました。
このとうもろこし、見ただけでは想像がつかないのですが
未来」という名前なのだそうです。
07061Xmoro01m.jpg

新鮮なうちが良い、とのことだったので、
早速、みつこさんが、お鍋で茹でてくれました。
07061Xmoro02m.jpg
ほら、茹でたてほやほやのとうもろこしです!

どうせなら茹でたてを食べたいと思い、
夕飯前にもかかわらずつまみ食い。
07061Xmoro03m.jpg
かなり目つきヤバイですね(爆)
おいしいのなんのって、すんげぇ甘いし、瑞々しい。
最初はね、ほんのつまみぐいのつもりだったんですよ。
でもこんなにおいしけりゃ、途中で止まりませんっ!

そしたら、「あ〜、ずるい!」と嫁みつこ。
「あたしもつまみぐいする〜♪」
07061Xmoro04m.jpg
もう、夕飯の仕度そっちのけでとうもろこしですよ!

ついに一本ずつ完食。
07061Xmoro05m.jpg
芯だけ残されたとうもろこし。
もちろん、このあと、夕飯もふつうに食べました……。


訂正
posted by ひろとも at 02:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

いま話題の果物

お友達のEさんからいただいちゃいました。
なんだかわかりますか、これ?
ma1m.jpg
そうなんです、そうなんです!

完熟マンゴー!!

しかも、宮崎産!!!


こ、こんなんいただいちまってよろしいんでしょうか??
うれしいっす、ありがとうございます!

まずは皮むき器で皮をむいて……
ma2m.jpg
うぉ、このかがやきっ! ね、ねっ、すごいと思いません?

そして、こんなふうに切っていくんですね。
ma3m.jpg

Eさんには
「まるごとガブついてください!」
と言われていたんですが、
貧乏性なもんで、やっぱりできずorz

結局、角切りみたいに切っていただきました。
ma4m.jpg

とってもうまかったです!
どうもありがとうございました!!
posted by ひろとも at 22:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

バー銀座パノラマ

ついに出かけてしまいました!
鉄道オタクなら知らない人はいない(?)とも言われる
あの名店「バー銀座パノラマ」。
銀座8丁目にあります。

お酒を飲むカウンターの目の前を
Nゲージの鉄道模型が走り抜けてゆくという
まさに至福の空間。

ドクターイエローという
このお店のオリジナルカクテルを注文。
070609_01m.jpg
どんなお酒なのか聞くの忘れた(笑)
さっぱりしていておいしかったです。
ちなみにドクターイエローという命名は、
新幹線の検査車両から取ったもの。

070609_02m.jpg
こちらご満悦のワタクシ。

070609_03m.jpg
カウンターは12席。その目の前に長〜い線路が続きます。
店の奥には六畳の小上がりがあって、
カウンター席に座れなかったお客さんの待機場所(?)になっています。

070609_04m.jpg
ジオラマは、人形や自動車もいて、なかなかリアルなんですよ。

070609_05m.jpg
カウンター席の後ろには、鉄道模型がずらりと並んだケースが。
たくさんありますね〜♪ 圧巻です!
写真はありませんがエレベーターホールと店内をつなぐ通路は
ちょっとした坪庭のようになっていて、飛び石を踏んで入ります。
ところどころに「書」も飾ってあるんですよ。

電車眺めながらお酒が飲めるなんてサイコー!!
ついつい長居してしまいました(笑)

バー銀座パノラマ
posted by ひろとも at 09:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

S女とM男と左陪席(後編)

きょう(6月1日)の本題は、
元おニャン子の山本スーザン久美子損害賠償(医療)事件。
いよいよスーザン本人への尋問です。

一同起立。
スーザンがはっきりとした口調で宣誓します。

原告席にはキツネ目超ドS女。被告席にはM男
きょうは被告側のもう一人の弁護士はいません。

注目のドS女の出で立ちは、
ちらちらと光る茶色のジャケット、その内側は黒のキャミソール。
下は黒のマーメイドスカート。
ストッキングは肌色で、きょうは穴が開いても大丈夫そうでした。
靴はカツカツカツと8センチヒール!(Oさん推計)
髪は毛先をやや揃えたようですが、ソバージュは伸びきって、
なんだかギリシア神話のメデューサみたい。
2doS_onnam.jpg
原告本人への尋問なので、まずドS女が質問します(注)。
さすがのドS女もスーザンは自分のクライアントですから、
質問の口調もちょっとソフト♪

スーザンは質問に対し、ひとつひとつ答えてゆきます。
被告の歯科医院に通うようになったきっかけ、
どんな診療を受けたか、いかに酷い診療を受けたか、
そして被告の態度がいかに酷かったか……。
2susanN400.jpg
しかし、聞いてみるとこっちまで腹が立ってくるほど
被告の歯科医はヒドイ!!

通い続けた10年の間に、チャームポイントの八重歯をはじめ、
歯を9本も抜かれて、顎関節症の治療もしないままに
矯正を続けて、歯はもうボロボロに。
最初は甘い言葉で治療代を安くするなど言いながら、
慣れてくると治療のたびに罵倒したり、治療器具を投げつけたり、
逆ギレして診療放棄までされたり。

しかも、

自宅に来ないかと何度も誘ったと。
「ス・ウ・ザン♪」といいながら指先でスーザンの鼻をつついたと。
触診と称して脇の下や胸を触ったと。
治療器具をスーザンの胸に置き、取りあげるときに
胸をなぞるようにした(ドS女曰く「乳首をなぞるように」)と。

立派なセクハラ!!

もう、ね。あんた敗訴!!(笑)

ただし被告への本人尋問は
前回(5月11日)の午前中に終わっているので、
私が被告の顔を見ることはもうできません。
それにしても、われわれチーム一同口を揃えて言うように、
10年も酷い治療をされて、セクハラまでされて、
スーザンが本当に気の毒。


1時間20分ほどの主尋問が終わり、
次に立ち上がったのは、反対尋問(注)するM男
2M_otoko400.jpg
紺のよれよれのスーツ。
目は相変わらずしょぼしょぼしていて、なんだかやる気なし。

そんなにイヤな思いをしたのに、なぜ通い続けたのか
というような質問。
最後は自分の意思で被告の医院に通い続けたのだろうと
言いたげなんだけれども、尋問の内容もちぐはぐ。
ちゃんと考えてきたのかなぁ?

あっさり20分で終了。


再主尋問(注)を経て、ようやく登場!
われらが麗しき左陪席さま!!!
2hidaribaisekim.jpg
黒い法服の襟元からちらりと見える水色のカットソー。
このコントラストにもうくらくら
ちょっとおおきめのつぶのネックレスがアクセントです。
玉のような声で質問を投げかけてゆきます。

この後右陪席裁判官、裁判長と三人全員が質問をするのですが、
裁判所の質問は、スーザンの顎の症状とそれに対する被告の処置、
通院歴の詳細についてのものに集中していました。
どうやら裁判所はあくまで医療過誤についての責任を問いたい様子。

でも、最後は和解勧告……。

こうなると非公開なので傍聴はできず。
結果が出るまで見届けたいのですが法廷でスーザンを見るのは、
これが最後になりそう。

和解交渉……決裂してくんないかな(爆)


posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

S女とM男と左陪席(前編)

仕事そっちのけでまたまた通い続ける裁判所
その裁判所の脇の道ばたに、こんな掲示板があるのご存知でしょうか。
070601keijibanm.jpg
ガラス窓のついたボードにA4サイズのペラ紙がずらりと並んでいます。
これ、公示送達(注1)のための掲示板です。
民事訴訟の被告などに送りたい書類があるんだけど
その居場所がわからない(行方不明など)ときは、
「あんたに送りたいものがあるよ」
とここに掲示すれば送達されたことになるんですね。
人通りの少ない脇道にひっそり立ってても
誰も見ないんだけど(^_^;)


さて、6月1日に出かけた目的は二つ。
一つは、5月11日に判決が出た貸金事件について、
控訴されているかどうかを確かめること。
もう一つは、山本スーザン久美子が訴えている
損害賠償事件(医療)の傍聴。

われわれが追いかけている貸金事件は、
いわれのない借金を返済しなければならないという、
かなり理不尽とも思える判決(被告敗訴)でした。

今後、被告はどのような反撃に出るのか?
敗訴した第一審に対して控訴するのか? しないのか?

もし、控訴するなら、判決書が送達されてから
二週間以内にしなければなりません(注2)。
5月11日の判決なら、6月1日には控訴されてるかどうか、
わかるだろうとふんだのです。

われわれ傍聴チームは、
東京地裁14階の庶務課を訪れました。

「あの〜、地裁で判決がでた事件が
 控訴されているかどうか知りたいんですが〜?」


「ここではわからないので、
 その事件だったら、民事※◎部できいてください」


またすごすごと戻ってきて、
こんどは12階にある民事※◎部の書記官室へ。

「あの〜、事件番号○×△□番の事件は
 控訴されているでしょうか〜?」


「ちょっと調べてみますね〜」

おー、ちょっぴり好感触♪

と思っていたら、
「関係者の方ですか?」

うぉ、思わぬ反撃!
いちばん訊かれたくないことを訊かれてしまいました(汗)

そう思っていたらチームメイトのKさんが堂々と答えました。

「たんなる傍聴人です!」

ええ〜〜〜〜〜〜っっっ!!!!
そんな答えでいいの〜〜〜〜〜ぅぅぅ!?!?


もう、心臓バクバク!!

そしたら
「あ、そうですか」
とあっさり書記官さん。

え……(・_・) それでよかったの?

なんだか拍子抜け。

結果は、「控訴されている」とのこと。

1階ロビーに戻って、作戦会議。
どうやって高裁の弁論期日を調べるかが問題。

代理人の弁護士を探し出して訊いてみようかとか、
いろいろ考えたのですが、
んーーーー、やっぱ、
さっきの書記官室で教えてもらえるんじゃないか?

「おれ、きいてくるよ」 こんどは私一人で12階へ。

来てみると、さっきの書記官とは別の書記官が出てきました。

「事件番号○×△□番の事件の控訴された裁判の
 新しい事件番号とか、こんどの弁論期日とか、わかりますか?」


パソコンでかちゃかちゃと検索してくれます。でも、
「高裁で係属する部も新しい事件番号もまだ決まっていない。
 あと一か月くらいで決まるから、そのぐらいになったら、
 また問い合わせてほしい」
とのこと。
とても親切に対応してもらいました。
正面から堂々ときくと、けっこう教えてもらえるものなんですね。

やはり、この事件は追いかけてみたいので、
こまめに裁判所に問い合わせることにしました。
(つづく)



注1・注2
posted by ひろとも at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

朧月夜

070601oborom.jpg



今夜もお月さんがきれいでござんした。


もう、初夏ですが(^_^;)
posted by ひろとも at 01:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

窓際の危険

どこかの出版社だと思うんですが、
ガラス窓から部屋の様子が見えるんですよね。

syuppan1m.jpg

なんだか窓際がすごいことになってるみたいなんですよ。

syuppan1t2m.jpg

なんでしょうね。過積載ですね。
たいへん危険です。
posted by ひろとも at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする