2007年07月30日

隅田川花火大会

お友達のおうちに招かれて、
隅田川花火大会を見にいきました。
ご自宅マンションの屋上からちょうど良く見えるんですね。

ドーン・・・ドーン・・・
打上げ音が胸に響くのがなんとも心地いい。
20070728sumi101nm.jpg
いや、もう、たくさんたくさん見ましたよ。

浅草の北側から見たので、近くに第一会場、
遠くに第二会場の花火が見渡せます。
20070728sumi102.jpg
夏は花火、というくらい花火が大好きな私ですが、
混雑するのがイヤで、隅田川の花火は
いままで見たことがなかったんです。
ようやく念願が叶いました。

Kさん、ありがとう♪

posted by ひろとも at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

八方除けの寒川神社

夏の家族旅行に備えて、寒川神社にお参りに行きました。

寒川神社は、全国唯一の方位除・八方除の守護神として
信仰されているんだそうです。
朝の雨はやんで曇り空の下をドライブ。
神奈川県のちょうど真ん中にある神社には
一時間ちょっとで到着しました。

070722samukawa02m.jpg
こちらは太鼓橋と三の鳥居です。
境内には鬱蒼とした杉林が続いています。

070722samukawa01m.jpg
手水舎です。ここで身心を清めます。

このあと私たちは御本殿に入り、
ご祈祷をしてもらいました。
赤ちゃんを連れた初宮参りのご家族が多かったですよ。

070722samukawa03m.jpg
こちら御本殿。ご祈祷を終えて外に出てきたらビックリ!
なんと青空が出ていました。

なんだか幸先がいい感じ。
posted by ひろとも at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

富士宮やきそば

富士宮ではもちろん、焼きそばを食べました♪

ソース焼きそばは、全国各地で食べられるものなんですが、
太田(群馬)や横手(秋田)と並んで、
富士宮焼きそばはなかなか有名なんです。

同行のカントク&くらむぼんご夫妻とともに、
おいしい焼きそば屋を探索。
ところが、予備調査を進めてくだすった
くらむぼんご夫妻によれば、焼きそば屋はたくさんあって、
月島でおいしいもんじゃ焼きの店を一軒選ぶのと
同じくらい難しいことなのだそうです。

そこで、いろんな店が集まっていると言われる
お宮横丁なるところへ行ってみたのですが、
広場を中心に屋台みたいな店がたくさん寄り集まってるだけで、
プラスチックケースに入れられた焼きそばを
広場のテーブルで食べるという感じのところ。

なんか違うよな〜っという空気をそよそよふかせながら、
改めて探した店がココ、「すぎ本」

070623soba01m.jpg

苗字がついているお店はなんとなくおいしそう、と言う
あんまり根拠のなさそうな(?)理由でやって来たのでした。

しばらく待ったら出てきた出てきた!

070623soba02m.jpg

いろいろ混ざっているでかいやきそば!
自分で焼くんじゃないけど、
鉄板に乗っけてくれるところが憎いねぇ。

富士宮焼きそばは麺がもちもちしているのが特徴だそうです。
私の印象では盛岡の冷麺を焼いたような感触。
そして肉ではなくて肉かすを混ぜ、
かつお節ではなくて削り粉をかけるところも他にはない特徴。
ソースの味もほどよい辛さで、とてもおいしかったです。

070623soba03m.jpg

もう一つ頼んだのが、お好み焼き!
こちらもでかくてうまかった。

正確に言うと、富士宮には焼きそば屋というのはなくて、
あるのはお好み焼き屋、もっとさかのぼると洋食屋なんですって。
だから富士宮では
「焼きそばあるところにお好み焼きアリ」
なんですね。


posted by ひろとも at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

初セルフ

ちょっと前のことになりますが、
富士宮に住んでるお友達のところへ出かけました。
もう一組、都内在住のお友達ご夫婦とは富士宮駅前で合流。

ひさびさにクルマで出かけたんですが、
ガソリンがなくなって来たので
途中の道でスタンドに寄りました。


さぁ! っと意気込む私の前に立ちはだかるのは

「セルフ」

の3文字!!

やばい……セルフやったことないよ(汗)


同行のご夫婦の旦那(カントク)さんに手ほどきを受けつつ、
おそるおそるはじめてみました。

070623self01m.jpg

私:「これっ、レバー、これっ!?」

カントク:「そう、これ、どうみてもこれ」


070623self02m.jpg

私:「ここ? ここに入れるの?」

カントク:「そうそう、ここしかないでしょ」


070623self03m.jpg

私:「ふぅ〜……」

カントク:「(こっちがふぅ〜だよ……)」

しかし、ここで安心したのもつかの間、
いったんメーターが止まってから
満タンまで入れようとしたら……

カントク:「オイオイ!!
     あふれてるよ、あふれてるって!!」


私:「あ゛〜〜〜〜〜〜!!!!!」


セルフ上級者への道は遠いっス。



※写真は同行の奥さまくらむぼんさんからいただきました。
posted by ひろとも at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ふたつの鉄道展

鉄道展をふたつ、はしごしました。

ひとつは「鉄道のデザイン 〜過去から現代・未来へ〜」。
会場は、上野の東京芸術大学大学美術館 陳列館です。

こんな古風な建物の中のようです。
070716tetsu01m.jpg

中に入ると、建物は二階建てで、一階には
主にグラフィックデザインが展示されていました。
070716tetsu02m.jpg
広告やポスター、切符や駅弁の包み紙なんかが
展示されています。

二階は主に立体的なデザインの展示です。
070716tetsu03m.jpg
駅舎や車両の内外装、案内表示のデザインなど。

さすが芸大といった感じですが、会期はすでに終わり。残念。
しかし、あきらめるのはまだ早い。
7月24日からは同じ企画展が、新橋にある
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で開催されます。
こちらは11月18日までとだいぶ長くやってますよ!

そして、ふたつめに訪れたのがこちら。
大鉄道博覧会 昭和への旅は列車に乗って
会場は、両国の江戸東京博物館です。
070716tetsu04m.jpg
なんど見ても、大きく不安定(?)な建物ですね。
博覧会の案内もでかでかと貼り出されています。

中に入るとかつての鉄道で使われていた道具のほか、
特急「つばめ」の展望車を復元したモックアップがあったり、
精密な鉄道模型などが時代順に展示されていたり。
070716tetsu05m.jpg
070716tetsu06m.jpg
会場内の至るところには、赤帽さんや行商のおばちゃんなど、
昔懐かしい鉄道の情景を描いた写真なども飾ってあり、
こちらもなかなか見逃せません。

別室には信じられないほど精密につくられた
ジオラマなんかもあります。
070716tetsu07m.jpg
みなさん、食い入るように見つめていました(笑)

さすがに展覧会のはしごはくたびれましたね(^_^;)
でも、楽しかった〜♪




★「鉄道のデザイン 〜過去から現代・未来へ〜
会場:旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
会期:2007年7月24日(木)〜11月18日(日)

★「大鉄道博覧会 昭和への旅は列車に乗って
会場:江戸東京博物館
会期:2007年7月10日(火)〜9月9日(日)
posted by ひろとも at 03:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ひろでん

ちょっと用事があって広島に行ってきました。

あまり時間がなかったのでたくさんは乗れなかったのですが、
ひろでん広島電鉄)の路面電車に乗りました。

JR広島駅の改札を出るとのりばがあるのですが、
ラッキー! いきなりこんなレトロな電車に出会えました♪

IMG_3158m.jpg

これ元大阪市電として走っていた電車なんですね。
カラーリングも大阪市電のまんまだそうです。
それで「動く電車博物館」と言われるんでしょう。

港まで行けないかもしれないけど、
宇品行きのどこか途中まで乗ってみることに。

宇品行きはどこだろ〜って探したけど、
のりばがわかりません。
あれ? あれ? ってきょろきょろしたら、
宇品って停留所は広島港に名前が変わっていたんでした。
己斐という停留所も西広島に変わっていましたね。
宇品とか己斐とかいう名前、好きだったのでちょっと残念。

すぐに発車する電車は、なんとさっきの元大阪市電のレトロ電車。
とりあえず乗ってみました。

どこの停留所で降りたか忘れましたが、
レトロ電車を降りて反対側のホームへ向かいます。
そしたら来たのはレトロとは正反対の新型電車。

IMG_3159m.jpg

すごい長いんですよ。
5両編成なんですが1両の長さはやや短め。
交差点をくねくね曲がる様子はなんだかイモ虫みたいです(笑)

このくねくね電車、ドイツのシーメンス社製なんだそうです。
車内が明るくて広々としていました。
もうちょっと時間があったら、もっとゆっくり乗りたいんだけどなぁ。

結局、今回はお好み焼きも食べずに東京に戻ることに。
あ、肉うどんは食べましたよ。駅の立ち食い(笑)

IMG_3157m.jpg
posted by ひろとも at 01:26| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

誕生日は小田急ロマンスカー

ことしも、みつこさんに誕生日プレゼントを買ってもらいました。
(きょねんの記事はコチラ!

ハイ、またも鉄道模型(Nゲージ)の特急電車です。
三十九にもなって嫁さんにおもちゃ買ってもらってます!

で、ことしはコレ。

070701oda01m.jpg

そうです! 初代小田急ロマンスカー3000形
昭和32(1957)年にデビューした特急形電車です。
私の世代だと、ロマンスカーの中でも地味な「さがみ」や「えのしま」、
御殿場線連絡急行「あさぎり」などで馴染みのある車両でした。
ところが、何を隠そう、これが日本の鉄道史に輝かしい記録を刻んだ
画期的な車両なのですよ。

なんでもこの車両を設計したのは国鉄の三木さんという人で、
海軍の元飛行機の設計士さんなのだそうです。
つまり、このスタイル、翼はないけど飛行機そのものなんですね。

070701oda02m.jpg

そうして、しげしげとロマンスカーの顔を見ていると、
みつこさんが一言。

「なんだか、ウルトラマンみたいだね」

嫁みつこ、また、やってくれました♪



小田急ロマンスカー3000形のうんちく
posted by ひろとも at 23:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする