2007年09月29日

SL会津秋まつり号

お友達のめもるさんに誘われて、
蒸気機関車のイベント列車に乗ってきました。
なんでも昔ながらの茶色い客車を連結するんだそうです。
列車は郡山〜会津若松間の「SL会津秋まつり号」

秋といってもまだまだ汗がにじみ出る九月下旬の朝、
郡山駅にD51形が引く列車が入線すると
誰も彼もがテンションあがりまくり。
それはそれはたいへんな騒ぎです。
20070922_4445nSL03.jpg

そしてホームでは、駅長やミス郡山(一日駅長)も
登場して出発セレモニーが開かれました。
20070922_4442SL02.jpg

客車はレトロな茶色い客車4両編成。
私たちがラッキーだったのは、
指定された車両がスハフ32形という、
とっても古い車両(昭和13年製造)だったこと。
20070922_4477SL04.jpg
小さな窓がずらりと並ぶ様は、ひときわ異彩を放っています。
こちらは車内の様子。
20070922_4458SL05.jpg
木製ニス塗りの車内は人間工学がどうのこうのという
新型車両より、なんだか落ち着きます。
これは窓のブラインド。
20070922_4504SL06.jpg
何回ニスを塗り重ねたんだろう?

暑い暑いと言いながら、ふと見上げれば秋の空。
沿線には稲が実り、そばの花もきれいに咲いていました。
20070922_4483SL07.jpg
posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

中秋の名月

こんやは中秋の名月だそうです。


20070925_4568meigetsum.jpg



2006年の名月  2005年の名月
posted by ひろとも at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

さようならテレビくん

三鷹で独り暮らしをはじめてから
11年使い続けてきたテレビがついに壊れてしまいました。
20070919_4414tv1.jpg
ふつうに見ていると、突然「ふぅ」って切れてしまうんです。
テレビはあまり見ないので、ついたときに見ようという感じで
半年ぐらいそのまま使っていたんですが、
先日台風9号が来たときに情報がまったく遮断されてしまい
(我が家はラジオの電波が思うように入りません)、
これは困るということで、急遽新型を買うことにしました。

買ったのはシャープのアクオス。
20070919_4420tv2.jpg
棚の中に入るサイズをあちこちで探して見つけた16インチ。
先代のテレビ同様、ぴったりはまってくれました。
あ、ちなみにビデオデッキも壊れていたので
買い換えました(こちらは数年間放置 笑)。

我が家を去っていく先代テレビくん。
20070919_4417tv3.jpg
ありがとう。11年間おつかれさまでした。
posted by ひろとも at 12:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

鉄道研究会40周年記念号

高校時代に所属していた鉄道研究会(略称「鉄研」)が、
発足40周年を迎えたそうです。
これを記念して去る8月25日、OB会が開かれました。

今回は、若手OBがとっても頑張ってくれて(注1)
高崎線(大宮〜高崎間)に貸切臨時列車を走らせての開催!!
懐かしい面々に会える上に、団臨(注2)にも乗れるんですから、
かなり燃えます! 朝からテンションあがりっぱなしです!!

当日、14時に大宮駅にて集合。
次から次へと現れる先生・先輩・後輩たち。
見覚えのある顔もあれば、想像もつかないくらい
歳の離れた方たちまで、大勢が集まりました。
そうこうするうちに幹事さんから臨時列車の切符が配られました。
krc40th01m.jpg
すごいでしょう。いまでは超レアな手書きの切符。
写真では見えにくいですが、
臨時列車の大宮駅発車時刻は15時02分。
この列車には、9811という列車番号がついてるようです。

発車ホームは大宮駅7番線。入線時刻は14時40分頃とのこと。
期待に胸を膨らませて、列車の到着を待ちます。
やがて二灯のライトが上野方向から近づいて来ました。
krc40th02m.jpg
先頭はEF65形電気機関車。かつては東京〜下関間で
ブルートレインも引っ張っていた機関車です。

乗車するのは機関車の後ろの客車です。
「ゆとり」と名づけられたお座敷車両6両編成。
この6両ぜんぶが我々だけのものです!
krc40th101m.jpg
しかし、珍しい列車がやってきたとあって、
鉄研でない人たちもたくさん集まってきてしまいました(笑)

そうして時刻が来て、大宮駅を静かに発車。
高崎線といえば、見慣れた車窓のはずですが、
濃〜い〜面々と珍しい列車の相乗効果で、
なんだかぜんぜん違うところを走っているような感覚になります。
高崎に着くのなんかあっという間でした(笑)
ちなみに、高崎到着後は機関車を後ろにつけかえて
またそのまま大宮に戻って参ります。
krc40th06m.jpg
こちら車内の様子。畳の敷かれたお座敷になっています。

そして一番前と一番後ろには大きなガラス窓の展望サロン。
krc40th07m.jpg
前に来れば、機関車の活躍ぶりが間近で見られ、
後ろに行けば、後方へ去って行く景色と
二本のレールがどこまでも続く様子が見られます。

この「ゆとり」という客車、
かつては全国で活躍したのですが、
最近は運転される機会が少ないようです。
珍しいからか、沿線には
「ゆとり」目当てのギャラリーがたくさん!
これには我々鉄研OBもびっくり。
橋の近くには人、人、人! そしてカメラ、カメラ、カメラの放列!!
krc40th05m.jpg
見てください。ギャラリーたちの熱い眼差し。
思わず手を振ったら、ギャラリーのみなさんも手を振ってくれました!
鉄っちゃんって、いいねえ。
シンパシーを感じまっす。なんだかうれしいっす。

そうして楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。
気がつけば太陽は西の空。
krc40th08m.jpg
去りゆく夕陽とレールを見ていたら、ちょっとしんみりいたしました。


注1・注2
posted by ひろとも at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

俺の塩

九月になり、だいぶやわらいだとは言え、
まだまだ暑い日が続いていますね。

夏のある日、家に帰って着替えていると
私の背中を見て、なにやら嫁が騒いでいます。
塩が吹いてる、と。

IMG_4108shio1tm.jpg

※クリックすると拡大します

汗に含まれる塩分が乾いてかたまったものが
まだら模様になっています。

その日はサウナの中を服着て歩いているような暑さで、
体中がびしょぬれになりました。
それでこんな塩の模様ができたんですね。

これもまた夏のエピソードなんでしょうか。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

メイド DE ランチ

お友達がご近所にきてくれたので、
ちょいとめかし込んでホテルでランチなど。

前菜に生ハムのサラダ
IMG_h014132m.jpg

本日の魚料理はいさきのムニエル
IMG_h024133m.jpg

お料理もおいしかったのですが、
こちらのレストランのなにが注目って、それは。

ウエイトレスさんが、
いわゆるメイドさんのコスチュームなんです。
IMG_h034131m.jpg
記念撮影のフリしてウエイトレスさん狙い!?

レースのカチューシャに白いエプロンの組み合わせ。
学園祭の模擬店のようなノリではなくて、
きちんとした給仕をしてくれます。

もちろん私は、こちらの方が好みです♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

神田きくかわ

うちの嫁みつこはだいたいのものは食べられますが、
うなぎの蒲焼きはどうも苦手のようです。

土用の丑の鰻を食べそびれた私が、
その話をカントクに話したところ
「うちもなんだよ!」
とのこと。なんと奥さまも鰻NGなんですって!
「じゃあ、旦那衆だけできくかわ、行こう!」
早速「鰻の苦手な嫁を持つ旦那の会」結成と相成りました。

いよいよ、やって来ました神田きくかわ!
とても有名な老舗ですが、カントクも私も初めての訪問。
IMG_0708234082.jpg
ながいなが〜い行列を二人でよだれ流しながら並んで、
ようやくたどり着いたお座敷。思わず笑顔がこぼれます。

ビールを一杯やりながらしばらく待って、
ついに出会ったうな重!
IMG_0708234085.jpg
あぶらがぷりぷり。
あ〜〜〜〜〜 し・あ・わ・せ

ひとつ心残りなのは、
肝焼きが売り切れだったこと。
「いったい何時にくれば、食べられるんだ?」

こんど来るときは半休とるか(笑)



神田きくかわ
http://www.gnavi.co.jp/kikukawa/
posted by ひろとも at 21:05| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする