2008年01月19日

それでもボクはやってない【横浜地裁】判決

横浜市職員のFさんが痴漢の罪に問われた事件。
昨日1月18日、横浜地裁403号法廷にて判決の言渡しがありました。

 事件とこれまでの公判の概要については、こちら
 第六回公判(論告・弁論)については、こちら
 をご参照ください。


その日の403号法廷は、一つ前に
関東学院大元ラグビー部員大麻事件の公判があったからか、
それともこの痴漢事件に(一部で)関心が高まったのか、
傍聴席はけっこう、混雑していました。


まもなく裁判官がやってきて、
「被告人、前へ」
判決の言渡しがはじまります。

 主文
 被告人を懲役6月に処する。
 未決勾留日数中60日をその刑に算入する。
 ただし、この裁判の確定した日から4年間
 右刑の執行を猶予する。
 訴訟費用は被告人の負担とする。



やっぱり……。
ほのかな期待も抱いていただけに、
傍聴している自分まで愕然としてしまいます。

このあと、判決の「理由」の読み上げがあるのですが、
おおまかに言って、こんな感じでした。

 被害者の証言は、具体性、迫真性があり、信頼できる。
 被告人の証言は、不自然、不合理であり、信用性がない。
 被害者に痴漢行為をした手と、被害者がつかんだ手は、
 同一人物のものであるにちがいない。
 被告人は裁判になってから真犯人の存在に言及しはじめているが
 そんなものはでたらめである。
 よって、懲役6月、執行猶予4年の有罪が相当。



被告人・弁護人の主張を一切しりぞけた
検察の主張そのままのいい加減な事実認定。
はじめに有罪ありきの乱暴な理屈。
こんなちゃらんぽらんな裁判が
世の中には、まかり通っているのでしょうか。

勝ち誇ったかのような女検事。
あきらめ顔の被告人。
裁判官をにらみつける弁護団。
そそくさと退廷する裁判官。
法廷はなんともいえぬ異様な雰囲気に包まれていました。

被告人側は即日控訴するような雰囲気でした。
当然でしょう。

そして私はその後高熱を発し、いまも床に臥しております。



追記(2008年5月8日)
控訴審(東京高裁)第一回公判の様子はこちら

posted by ひろとも at 12:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする