2008年04月30日

走れ!バカップル列車 第28号 ハイブリッド高原列車【写真編】

「青春18きっぷ」をつかって、小海線のハイブリッド車に乗ってきました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第28号 ハイブリッド高原列車


20080329_k6131.jpg
「ホリデー快速」の車窓。勝沼から甲府方面を望む


20080329_k6134.jpg
小淵沢到着。「ホリデー快速」はオール2階建の215系電車


20080329_k6136.jpg
野沢菜天ぷらそば


20080329_k6143.jpg
ハイブリッド車E200形ディーゼルカー。停車中も音は静か


20080329_k6150.jpg
運転席。ハンドルなどは電車みたいにシンプル


20080329_k6146.jpg
明るい車内。設備は最新型電車と同じ設計


20080329_k6207.jpg
帰りは甲府で途中下車。ほうとうの晩ごはん!

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第28号 ハイブリッド高原列車

posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

グー

すずらんさんから、こんな司令をいただきました。

「ミニストップ向かいの看板に注目せよ」

さっそく出かけて参りました。
こちらのお店のようです。

20080426_6394.jpg

近づいてみましょう。

20080426_6396.jpg

おおっ!いま話題の「グー」じゃないですか!!
お店の名前が「Very グー」。
リフレッシュマッサージ Very グー!

20080426_6400.jpg

こちらの看板もグー!
肩こり・腰痛・疲労回復にグー!
グーググーググー、グーググーググー、
グーググーググーグー、グーググーググー!!
いけない、いけない・・・ワタシ・・・

あ(笑)
すずらんさん、旬な司令、ありがとうございました〜♪
posted by ひろとも at 12:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

ご近所のケーキ屋さん

我が家のご近所にケーキ屋さんが開店しました。
お店の名前は「muguet」(ミュゲ)。
嫁みつこがお世話になっている美容師さんの奥さまが開いたお店で、
場所もその美容室のお向かいにあります。

20080410_c5940.jpg
大きなガラス窓の白い扉、木製の看板とベンチなど、
細やかな心配りでつくられています。

20080315_m5931.jpg
商品はチーズケーキとチョコレートケーキが中心です。
ぜんぶ手作りで自然な味わいがあります。
数に限りがございますので、お求めはお早めに。

20080315_m5927.jpg
20080315_m5929.jpg
春のやわらかな日射しがさしこむ明るい店内。

20080413_m6313.jpg
こちらは新作、あんずのタルト。
しっとりあま〜いあんずとさくさくタルトのハーモニー♪
香ばしいアーモンドチップがアクセントになってます。

我が家同様、東京の北のはずれにありますが、
近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。


muguet ミュゲ
http://www.geocities.jp/oji_miel/muguet.html

miel
http://www.geocities.jp/oji_miel/index.html
(ご主人さまの美容室です)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

中央線が止まった

おとといのことになりますが、
朝から中央線(快速)がストップしてしまいました。
たいへんな大混乱だったようです。
事故の概要はこちら(「アサヒ・コム」より)。


JR中央線、11日始発から通常運転へ 影響50万人
            2008年04月10日19時28分
 10日午前6時半ごろ、JR国分寺駅(東京都国分寺市)近くにあるJR東日本の変電所で、漏電遮断器などが焼ける火事が起き、中央線快速は午前8時前から約7時間にわたって運転を見合わせた。混乱は終電まで続き、約50万人に影響した。11日は始発から通常運転する見通しだ。


中央線の御茶ノ水駅に行ってみました。

20080410_c6298.jpg
車内の照明も消えて、快速電車が停まったまんまです。

20080410_c6299.jpg
出発信号機も赤を標示したきり。

20080410_c9999.jpg
外に出たら本線上にも電車が停まっていました。
車内に閉じこめられた人は駅まで線路を歩いたそうです。

みんな、怒ってやれ。


posted by ひろとも at 12:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

目黒川のほとりにて

東京ではもう桜が散っている今日このごろですが、
先日、Oさんよりこんな写真をいただきました。

20080403_megurogawa.jpg

Oさんからは、写真に添えてこんなメッセージがっ!

  夜桜の美しい目黒川のほとりにて、ミツコさんを発見しましたるんるん
  協賛ミツコのボンボリが一際輝いてみえますよぴかぴか(新しい)
  まさか、ここでミツコさんにお目にかかれるとは
  夢にも思っていませんでしたグッド(上向き矢印)
  桜よりもボンボリウオッチング手(グー)手(グー)手(グー)に徹してしまった
  夜桜見物となりましたとさ。



いやぁ、このボンボリには、私もビックリです。
嫁みつこを問いただしたところ「身に覚えはない」とのこと。

きっと、どこか別のミツコが、
目黒川のほとりで活躍しているに違いありません。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

竜王駅

JR中央本線竜王駅に行ってきました。
竜王は、山梨県甲斐市にあって、甲府駅の一つ先の駅です。
安藤忠雄設計の新しい駅舎が
3月24日(2008年)、オープンしたんです。

「hhstyle.com/casa」、「21_21 DESIGN SIGHT」の流れを汲む
「鉄のANDO建築」です。


●北口入口
20080329_r6195.jpg
鉄とガラスの駅舎。横から見て五角形の物体は
南北自由通路と改札口へ向かう階段とエスカレーター。
この駅舎の建築は地元甲斐市とJRの共同事業。
北口と南口の駅前広場の整備が第二期工事となっている。


●駅舎全体(北側)
20080329_r6187.jpg
ホームの上階のいわゆる「橋上駅舎」。
大きな鉄板の屋根は、最近のANDO建築の特徴。


●南北自由通路
20080329_r6183.jpg
高い天井とガラスの壁で開放感が生まれた通路。


●改札口
20080329_r6178.jpg
駅名の標示は、JR東日本規定のものとは違うデザイン。


●ホームへ降りる階段
20080329_r6170.jpg
自由通路、改札口、そしてホームへと、
頭上は大きな一枚の屋根に覆われている。
新駅舎建設中に使われた仮設の跨線橋がまだ残る。


●ホームのベンチ
20080329_r6201.jpg
これもANDO建築? 座りにくくて冷たい(笑)



●JR竜王駅
http://www.jreast.co.jp/HACHIOJI/station/49_ryuoh.html

●甲斐市
http://www.city.kai.yamanashi.jp/index.html
※余談ですが、山梨県には県庁のある甲府市のほか、
 山梨市、甲斐市、甲州市があります。どこがどこだか(^_^;)

posted by ひろとも at 10:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

夜明けの桜

ことしはこの一枚だけ。

20080402_sakura6215m.jpg

桜はきれい。昼も、夜も、夜明けもきれい。
咲くだけ咲いて、すぐに散る。
ちょっとさびしいけど、しかたない。
散るなら、散れ。また来年も見るから。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

アンケート集計結果(修正版)

パーマの印象について追加の票をいただきました。
再集計したものは次の通りです。

20080304_kao5878.jpg


葉加瀬太郎だ……………………………………5
葉加瀬太郎のモノマネをしている神奈月……1
ベートーベンみたい……………………………1
ジョン・レノンですか…………………………1
どこのおばさんかと思った……………………1
若かりし頃の加古隆……………………………1


結局、葉加瀬太郎じゃんっ!






(番外編)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする