2008年05月29日

それでもボクはやってない【東京高裁・控訴篇】第二回公判後篇

横浜市職員のFさんが痴漢の罪に問われた事件。
控訴審第二回公判のつづきです。

主尋問(弁護人)、反対尋問(検事)に続いて、
こんどは裁判所の質問です。

(3)裁判所
 左陪席の中年男が質問をはじめます。
 その口調に若干トゲがあります。
 (イ)写真の位置関係はあなたの記憶にもとづいてるのか?
  <被告人(以下略)>
   私の記憶と、被害者の記憶も一部あります。

 (ロ)被害者の肩とあなたの胸は接していたのだから、
   被害者の尻とあなたの腰はくっついてなかったのか?
   向きが斜めにずれていたので、くっついてませんでした。
   車内で必ずしもまっすぐ立っていなかったことも
   関係してるかもしれない。

 (ハ)あなたのカバンと傘は不自然に押されてなかったのか?
   カバンと傘は左の男のうしろにあったので
   押されてません。


 このあたりから、左陪席はかなり高圧的な態度。
 質問内容も意味不明になります。
20080526kosai03.jpg

 (ニ)真犯人は女子高生の左肩はさわらなかったが、
   車内ではさわれないような状況にあったのか?
   わかりません。
 (ホ)手をつかまれたとき感触はあったか?
   わかりません。
 (ヘ)真犯人の存在はなぜわからなかったのか?
   裁判所は(公判の事前に)被告人質問もしてるのに、
   なんでわからなかったの!?
 もう、答えようがありません。

 次に裁判長が質問。
 (ト)被害者とあなたの肩と腰の触れ方と
   位置関係は、いままでの話でまちがいないですね?
   ありません。
 その後裁判長は、証拠の取扱について、弁護人と話し合い。

 そしてなぜそんなに先を急ぐのかわかりませんが、
 裁判長はもう話をまとめようとします。
 弁護人がそれを遮り、弁論要旨を朗読させろと主張。
 裁判長は驚いた様子で、それならと許可します。

(4)弁論要旨(弁護人)
 女子高生供述の犯人は現実とは違う。
 被害者女子高生は、自分の靴と他人の靴の接触具合などから、
 犯人は被害者の真後ろにいたとしているが、
 両足の靴とあたったのは左と右、別の人の靴ではないか。
 被告人の立ち位置は、女子高生の認識と違う。

 被告人は、位置関係から考えて、被害者のいうような
 さわり方はかなり無理な姿勢をとらなければならず、
 痴漢行為はできない。
 しかも被告人の右前にも別の女の人がいた。
 ただでさえ、そんな姿勢は混雑した車内ではとても目立つ。
 もし上半身を傾けるような姿勢を二分間も続ければ、
 周りのひとにわからないはずがない。

 「まもなく菊名です」というアナウンスで
 痴漢行為はとぎれている。
 真犯人は、このあと電車にブレーキがかかり、
 痴漢はできないと思ったから、やめているのだろう。

 女子高生が被告人の手をつかんだことについては、
 争いがないが、その手は痴漢行為はしていない。
 もしさわったとしても尻に軽く手をおく感じである。

 「まもなく菊名です」のアナウンスの
 前と後とで女子高生の尻をさわった手が同じだと考えるのは
 無理がある。それぞれ別の手と考えるべきである。

 警察は、この事件について科学的捜査を一切していない。
 唾液をとったりしても、その結果が示されていない。
 捜査機関が撮影したビデオは、
 被害者と被告人とで同じ身長の人をモデルにしている。
 しかしそれでは真実は浮かび上がってこない。

 前審の裁判所の事実認定も、
 被害者の供述は、合理的で信憑性があるとの
 常套句を使いながら、その供述をそのまま認定するばかりで、
 とても納得いくものではない。

 よって被告人は無罪である。


弁護人の弁論が終わると、裁判長はそれにはなにも触れず、
前回同様てきぱきと次の日程を決めようとします。

「じゃー、判決は6月16日でいいですかー?」

おいおい、もう判決かよ(ToT)

ただし16日は弁護人の都合がつかず、再度日程調整。
とにかく来月中にはあっさり判決が出るそうです。

なんだかあれよあれよという間に事が運ばれていく。
それが、不安というか、不満というか。
不完全燃焼な感じです。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

それでもボクはやってない【東京高裁・控訴篇】第二回公判前篇

横浜市職員のFさんが痴漢の罪に問われた事件の控訴審。
5月26日、東京高裁803号法廷にて第二回公判がありました。

事件の概要・第一審の経過・控訴審第一回の様子は、
こちらをご参照ください。


今回は被告人質問。時間は14時から15時までの1時間。

20080526kosai01.jpg

顔ぶれは第一回と同じで、
裁判官は三人(裁判長・右陪席・左陪席)と、
左側が被告人と弁護人。
右側は女検事。きょうは顔がちゃんと見えました。
上品なおばちゃんという感じだけど、やる気なさそう。

20080526kosai02.jpg

ちょっと時間が早いけど、みんな揃っているということで開廷。

主尋問(弁護人)、反対尋問(検事)、裁判所の順で行われました。

(1)主尋問
 弁護人の男弁護士が次のような質問をしていきました。
 (イ)第一回公判で放映したビデオテープの作成過程について
   電車内のパイプの高さ、被告人と被害者の女子高生の
   身長なども確認した。
   被告人の身長は、178センチ、
   被害者の身長は、162センチである。
 (ロ)証拠として提出された写真の撮影日時・場所について
 (ハ)被害者の女子高生との車内での位置関係は
   これについては、女子高生がいう内容と
   被告人がいう内容とは一致していることが確認された。
 (ニ)女子高生が主張する痴漢行為を被告人ができたかどうか
  a 臀部について
   <被告人>
   判決文に採用されている被害者の主張する痴漢内容は
   もし私がいた位置からそれを行おうとすれば、
   上半身を右に傾けながらひねり、さらに
   (身長差があるので)膝を曲げないとできない。
   この体勢を満員の電車内で、二分間も続ければ、
   かなり目立つし、現実として不可能だ。
   もし、これが自分の左側にいた男の位置なら
   右手を伸ばせば自然な姿勢でできただろう。

  b スカートの中について
   <被告人>
   上半身をさらに右に傾けながらひねり、
   膝も曲げて、手もねじったうえでさらに奥に手を
   伸ばさないといけないから、到底不可能である。
 
  c 車内の混雑状況について
   <被告人>
   ぎゅうぎゅうの満員電車であり、
   上半身を傾けたり、膝を曲げたりできるような
   混雑状況ではない。

 (ホ)女子高生に被告人自身の手がふれたか
  <被告人>
   さわったかもしれないが、記憶にない。

 (ヘ)裁判の途中で真犯人の存在を主張したのはなぜか
  <被告人>
   判決文では公判の途中でいきなり真犯人の存在を
   ほのめかしたとされているが、
   左に男がいたということは警察でも、検察でも言った。
   その男が犯人かどうかについては、
   被害状況を知らないのでわからないとしか言えなかった。
   公判で被害状況が次第にわかってきたので、
   それなら左の男かも知れないと思うようになった。

 (ト)警察で唾液をとられたことはあるか
  <被告人>
   大きい綿棒のようなもので頬の裏側をこすられた。
   なんのために、とかの説明はなかった。

 (チ)原判決をきいたときの心境は
  <被告人>
   結局、わかってもらえないのかと失望、絶望した。
   いろいろなことが脳裏をよぎった。
   なんでわかってもらえないのだろう。
   裁判所はわかってくれると思って、
   4か月の勾留にも堪えてきたのに。
   その後は、気持ちとしては前向きにがんばろうと思った。
   家族や友達やみんなに支えられてきた。
   裁判中は休職処分になる。
   公務員なのでバイトもできない。
   仕事や職場や社会に取り残されたような孤独感におそわれた。
   気分転換をしようと、
   友達と釣りやサッカーをしたりもするが、
   つねに心に靄や霧がかかったような感じがする。
   早く仕事に戻りたい。
   それでも、
   やってないことをやったと言って、
   一生後悔することだけは、できない。
  

(2)反対尋問
 おばちゃん検事の質問。
 でも、被害者に腕をつかまれたときの姿勢とか、
 新たに証拠として提出した写真は判決文のどの部分に
 もとづいているかとか、どうでもいいような内容なので省略。

 (つづく)


posted by ひろとも at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

新茶

ルセットのnorikoさん&修平さんから、
ことしも届きました!
20080513_6746.jpg

新茶♪

緑茶好きの私にはこのうえないプレゼント。
ここ数年、この時季の楽しみになっております(^_^;)

20080523_6814.jpg
ほっ……う〜ん、なごみますね。

norikoさん、修平さん、
いつもありがとうございます!!

posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

誕生日だからケーキよく

5月21日は、みつこさんの誕生日でした。
20080521_6802.jpg

そこで景気よく、ドドンとケーキ!

20080521_6804.jpg
ろうそくの本数は若干減らしています(笑)

20080521_6806.jpg
消します。けっこうたいへん。

20080521_6810.jpg
ふう……

ここまで生き延びたことを祝して、
ケーキはおいしく食べてしまいました(*^_^*)
posted by ひろとも at 22:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

走れ!バカップル列車 第29号 吾妻線・両毛線鈍行電車

「青春18きっぷ」の旅第二弾!
今回は吾妻線と両毛線に乗ってきました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第29号 吾妻線・両毛線鈍行電車


20080405_ar6261.jpg
吾妻線小野上駅にて

20080405taruT1tm.jpg
20080405taruT3tm.jpg
日本一短い樽沢トンネル。
(上)先頭車がトンネルにさしかかったところ
(下)先頭車がトンネルを出た。わずかに日が当たっているのがみえる

20080405_ar6270.jpg
川原湯温泉駅。この駅も温泉街もやがてダムに沈む。

20080405_ar6265.jpg
吾妻線の終点、大前駅。駅名標の横に道祖神。

20080405taruT4tm.jpg
上り列車で樽沢トンネル。「樽沢」とかかれたプレートがみえる。

20080405_ar6293.jpg
宇都宮の餃子。焼餃子一皿追加しました!

20080405_ar6294.jpg
青春18きっぷ。ポケットに入れていたのでよれよれに。


<旅行記>
走れ!バカップル列車 第29号 吾妻線・両毛線鈍行電車

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

醤油さし

いまのアパートに引っ越して以来、つまり結婚して以来、
まだ買ってなかった物、なくて不便を感じていた物。

それは、醤油さし

なかなか、良いのがなかったんですね。

デザインとかはおしゃれでも、
見るからにつたっちゃいそうなのとか、
逆に切れは良くても、機能的すぎて不細工なのとか、
いまひとつ決め手に欠くものばかり。

ことあるごとに探し歩いて、
それで、ようやく見つけたのがこれ。

20080430_soy6436.jpg

どこにでもありそうな醤油さし(笑)
七年探してこの程度かよって言われちゃいそうですが、
無印良品、フランフランみたいな店から、
旅先の民芸品みたいなのまで、あらゆるものを見てきても、
これに匹敵するのはなかったです
(見落としてたかもしれませんが)。

さっそく使ってみました。
ドキドキ……

20080430_soy6438.jpg

ぅお、ぉお、おおおおおお!
つたらず、きれいにさせましたぁ♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

行きつく所

近所のお寺の門前に貼られている標語が変わりました。

20080509_6730.jpg


自分が正しいと我を張ると寂しいことになるんですね。

あははって、うっかり笑ってしまいました。

でも、ひょっとしたら、これって、
私のことかもしれません。
そして、あなたのことかもしれません。

以前の記事
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

うさぎジャンスカ

みつこさんが、ブルーのあざやかな
ジャンパースカートを着ています。

20080422_usagi6368.jpg

オレンジ色のうさぎさんがデザインされてるんですね。
これ、ぜんぶ手作り!
うさぎも一匹一匹縫いつけられています。


20080422_usagi6369.jpg

こちらは後ろ姿。かくれてますが、
後ろのうさぎは行儀良く座っています。
うさぎさんのアタマを隠しちゃってる左の腰の物体は、
ふくろ? んー、ポシェット?
よくわかりませんが、小物を入れられます。


20080422_usagi6361.jpg

天気が良いので、そのままおそとランチ。
ごきげんです♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

それでもボクはやってない【東京高裁・控訴篇】第一回公判

横浜市職員のFさんが痴漢の罪に問われた事件。
舞台は控訴審へと移りました。
昨日5月7日、東京高裁803号法廷にて第一回公判がありました。

【事件の概要】(当時の報道)

横浜市中区役所の34歳係長が電車内で女子高校生に痴漢
迷惑防止条例違反で現行犯逮捕

神奈川・横浜市の職員が、電車で女子高校生に痴漢をして、
現行犯逮捕された。 逮捕されたのは、横浜市中区役所の
係長・FA容疑者(34)。 F容疑者は(2007年5月)25日午前8時ごろ、
JR横浜線の電車の中で、高校3年の女子生徒(18)の下半身を
触るなどしたところ、女子生徒に腕を捕まれ、
菊名駅で警察官に引き渡された。
F容疑者は「やっていない」と容疑を否認している。



【第一審の経過】

一 7月17日 冒頭陳述、罪状認否
       (被告人は起訴事実を否認)
二 9月 7日 警察関係者に対する証人尋問
       (実況見分などはいい加減だったらしい)
三 9月28日 被害者に対する証人尋問
       (被害者は痴漢にあっているとき犯人の顔を見ていない)
四10月30日 弁護人の陳述
       (被告人の無罪を主張) 
五11月13日 被告人質問
       (検察官のおバカ質問にも丁寧に答える)
六12月14日 論告求刑・最終弁論
       (検察は懲役6か月を求刑・被告人は無罪を主張)
七 1月18日 判決
       (懲役6か月・執行猶予4年の判決)


そして、控訴審の第一回公判がはじまります。
時間は13時30分。14時までの30分間の勝負です。

裁判官は三人(裁判長・右陪席・左陪席)。
裁判長は競馬予想の井崎脩五郎に似た感じのおっさん。
若干白髪交じり。

傍聴席から向かって左側が被告人と弁護人の席。
顔ぶれは第一審と同じく被告人、夫婦の弁護士と若い弁護士。

右側は検察官の席。顔はよく見えないが地味な感じの女検事。

裁判長が開廷を宣言し、まず弁護側に話しかけます。
弁護人(夫)がなにかもごもごとしゃべっているのですが、
小さな声で早口で言うので、よく聞き取れません。
おそらく控訴してからきょうまでの間に
公判前整理手続かなにかのやりとりがあったのでしょう。
こちらの主張は控訴趣意書のとおりだとか、
事前にいったとおり証拠調べを請求しますとか、
そんな感じのことを言ってたのだと思います。
後にわかったのですが、弁護人は
被告人質問の請求と証拠物(ビデオと写真)の提出をしていました。

これに対し、検察官は、
控訴には理由がなく、棄却すべきものと主張。
さらに、証拠調べにはすべて不同意であり、
証拠物の提出は勝手だが(事実との)関連性は争うとしました。
横浜の第一審を連想させる「ぜんぶダメ」攻撃です。

弁護人はすかさず返し、関連性はあると主張。

苦笑いの裁判長は、ビデオテープについては
関連性は認めると判断。写真は後ほど調べるとしました。
さらに、「時間がない」との理由で、
提出されたビデオを見ることになります。

法廷に設置されたモニターは
われわれチームが座った右側の傍聴席からは
なんにも見えませんでした。
スピーカーから流れる音だけが聞こえてきます。

ビデオの上映は一審の時もありましたから、
それと同じものだろうと高をくくっていたら、
控訴審のために新たに作られたものでした。
「しまった」と思いましたが、そのまま音だけ聞き続けました。

まず、被害者の証言にもとづく事実検証がはじまります。
映像は想像するしかありませんが、
電車内の状況(シートとかつり革とか)を再現しているようです。
「判決文の記載どおり」という声が聞こえましたから、
被害者の証言は判決文の「理由」にもとづいているのでしょう。
「新横浜を出て」「混んだ電車の中で」
「二本の指先がするすると」「スカートの中へ」
「ブルマの上から」「そしてパンツのラインをなぞるように」……
かなりきわどい言葉が法廷に響き渡ります。

次に、被告人による再現があります。
ただ聞いているだけでは、さきほどと同じことを
繰り返しているだけにも思えますが、
混雑した電車内をかなりリアルに再現しているようです。
仮装被害者がいて、被告人とどんな感じと接していて、
前後左右にほかの乗客がこんな位置にいて、
仮装真犯人はここにいただろう、といったことを
丁寧に検証しているようでした。

ビデオの再生はかなり長く、
正確にはかっていませんが、15分前後はかかっていました。

ビデオ上映がおわったら、
裁判長はあとくされなく第二回公判の話をはじめます。
被告人質問はどれくらいかかるか、と弁護人に質問。
弁護人が30分と答えると、
次回の公判期日と時間をてきぱきと決めてしまいました。

さらに驚くべきことに裁判長は、いともあっさりと

「次回、結審する可能性もありますから」

と言い放ちました。


え!? もう結審しちゃうの(・O・;

あ〜あ……
一審判決の覆る余地がどんどん小さくなるように見えます。

くらくらしている間にもう閉廷。
13時52分。時間がないとか言ってて8分も余ってるじゃん。
なんだか、裁判がベルトコンベアに載せられて自動的に動いてく感じ。


次の被告人質問がホントの勝負になりそうです。
posted by ひろとも at 02:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

めがね

みつこさんがめがねを修理に出しました。
その間、むかしのめがねを引っ張り出して使ってます。

20080424_megane6379.jpg

いまみるとちょっと古風なデザイン(笑)
こんな丸っこいめがねはもうお店では見られません。

最初はかけるのをためらっていたみつこさんですが、
少しずつ慣れてきた様子。

20080427_megane6431.jpg

お寿司屋さんで大トロをたべた瞬間。
お〜、おいしかったんだな! うまかったなんだな!
よかったなぁ(^_^;)




posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする