2008年06月25日

山手線の列車番号が変わる瞬間

S区のmaryさんから写真をいただきました。

山手線大崎駅で、列車番号が変わる瞬間をとらえた写真です。

列車番号は本線を走るすべての列車につけられています。
始発駅から終点駅まで走る一つの列車に、
一つ番号がつけられるのですが、
山手線の場合、本線上をぐるぐる回るので話がやっかいです。
同じ番号の列車が、同じ駅になんども回ってきては
混乱が生じてしまいます。
そこで、便宜上、運転士などが交替する大崎駅で区切り、
大崎を出発するたびに列車番号を変えるようにしているのです。

山手線の列車番号は、
上2桁が「大崎駅を発車する時間帯(24時制)」
下2桁が「運用番号」

になっています。

今回maryさんが撮ってくださった列車は、
30Gという運用番号の列車で、
時間帯は16時台(16時55分ごろ)です。

20080613_0046.jpg
列車が大崎駅に到着したときの写真。
運転席左上の電光表示にご注目。
まだ前の列車番号が「1530G」と標示されています。
約一時間前に大崎を発車ときのまんまで、
ちょうど一周してきたところです。

20080613_0047.jpg
そして大崎駅を出発するときの写真。
動き出した瞬間にパッと電光表示が変わります。
1530G」が「1630G」に変わりました!
おおおおおおおっ!

決定的瞬間をとらえたすばらしい写真です。
maryさん、どうもありがとうございました!

それにしても、maryさん……

もう、すっかり鉄子さんですネ(^_^;)



【参考】
 走れ!バカップル列車 第8号 東京一周山手線電車


posted by ひろとも at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする