2009年04月19日

それでもボクはやってない【番外編】

2009年4月14日、最高裁判所で画期的な判決が言い渡されました。
痴漢事件での逆転無罪判決です。

事件は三年前の4月18日、朝の小田急線内で発生しました。
当時17歳の女性が痴漢被害を受け、その犯人であるとして
防衛医科大学教授の名倉正博さんが逮捕、起訴されたのです。

名倉さんは一貫して無罪を主張したものの、
一審において懲役一年十月の有罪となり、
二審では控訴棄却となりました。
もうあとがない最高裁で逆転、無罪となりました。

私はかつて、横浜市職員Fさんの痴漢事件を追い続けていました。
http://xupotomo.seesaa.net/article/108412857.html
一審、二審での一方的な決めつけに近い判断、
最高裁での御簾の奧のような閉鎖的な審理(当然、有罪確定)。
司法に対して失望していたところなので、
今回の逆転無罪判決はとても感慨深く受け止めました。

裁判所のHPから判決文がダウンロードできるので読んでみました。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090414170745.pdf

被害者女性が本当に痴漢をされたのか?
痴漢をされたのだとしたら、犯人は名倉さんか?
この事件については「合理的な疑いを超えた証明」がなく、
グレーゾーンであると最高裁は判断しています。
つまり、真実は闇の中なんですね。
その状況の中では「疑わしきは被告人の利益に」という
原則を適用して、無罪とすべきというのが今回の判断です。

疑わしきは被告人の利益に」の原則……。
ようやくこの原則がでてきたか、というのが私の率直な感想です。
いままでの痴漢事件については、
被害者の供述は具体的、迫真的で信用でき、
被告人の供述は不合理、不自然で信用できない、
となんの根拠も示されないまま判断され、
被告人が無罪を主張しても、簡単に有罪が言い渡されていました。
裁判の構造的にいえば、「冤罪を作り出しやすい状態だった
と言っても過言ではありません。
「疑わしきは被告人の利益に」……
裁判所がこの原則にいまいちど立ち戻ってくれるのなら、
これからの刑事事件の流れも大きく変わる可能性があります。
その意味で、今回の判決は画期的だといえます。

やはり私はFさんのことを思い出してしまいます。
「疑わしきは被告人の利益に」、
この原則がまっとうに適用されるのなら、
Fさんも当然に無罪になっていただろうと……。


判決文要旨
posted by ひろとも at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする