2009年08月28日

それでもボクは罷免されない

いよいよこんどの日曜日は衆議院議員総選挙。
政権交代なるかどうかは注目すべきことではありますが、
そんな総選挙にいつもおまけのようについてくるのが、
最高裁判所裁判官国民審査

これ、憲法第79条に規定されているもので、
最高裁裁判官の信任・不信任を
国民が直接判断できる唯一の制度でもあります。

審査の対象となるのは、就任してはじめて
総選挙投票日を迎える最高裁の裁判官。
方法はいたってカンタンで、
国民は罷免したい裁判官の名前の上に「×」とつけるだけ
(用紙は選挙の投票の時に渡される)。

これちょっと考えるとわかるのですが、
ダメと思う人にだけ「×」をつけるってことは、
「×」以外は自動的に「○」になる
んですね。
国民が裁判官のことをどんな人かわかんなかったり、
そもそも制度自体なにを意味するのか
わかんなかったりするとき、
たいていの国民は白紙のママにします。
なので、ほとんどが「○」という
独裁政権の選挙結果のようになるのです。
げんにこの制度により罷免された裁判官は
過去に一人もいません。

その現状を少しでも打破するため(笑)
私はつねに「全員に×」をつけることにしています(^_^;)
(※あまり真似しないでくださいネ)

ですが、こんどの国民審査はちょっと事情が違います。
痴漢冤罪事件(平成19(あ)1785)について被告人を無罪とする
画期的な意見を示した裁判官がその中に二名いるからです。

今回審査される裁判官は下記の九名です。
判事 櫻井龍子
判事 竹内行夫
判事 涌井紀夫
判事 田原睦夫
判事 金築誠志
判事 那須弘平
長官 竹崎博允(崎の右上は「立」)
判事 近藤崇晴
判事 宮川光治
各裁判官の経歴や主な実績については選挙管理委員会発行の
「最高裁判所裁判官国民審査公報」をご覧ください。


★痴漢冤罪事件については下記の記事をご参照ください。
http://xupotomo.seesaa.net/article/117745704.html



posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする