2009年12月18日

山手線の車窓より

あなたはご存じだろうか。

山手線の代々木と原宿のあいだで見える
あの先生のことを。

この区間の電車に乗る人ならば、
一度は目にしているだろうあのひと。
マンションのベランダに堂々と掲げられ、
電車に乗るひとに来る日も来る日も
その存在を主張しているあのひと。
でも、電車を降りればなぜかそのことは忘れ、
その後は誰も、
その先生のことを話題にすることもない……

でも、でも、私はどうしても気になってしまう。

そう……
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

とく子さんがきた

新しい電気まほうびん
とく子さん」が我が家にやってきました。
20091206_3757.JPG
長年つかってきた電気ポットが壊れてしまったのです。

20091206_3769.JPG
箱から出てきたとく子さん。前のよりちょっと大きめです。

20091206_3776.JPG
いままで働いてくれた電気ポットさんは
とく子さんにバトンタッチ。
8年間ありがとう。おつかれさまでした。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

カレー審査会PART2

われわれはカレー研究会会長であらせられる
Yukariさんから、再びカレー審査員として任命された。
ああ、何という栄光、何という栄誉。
日本の食いしん坊にしてみれば、
カ研審査員に任命されるは、
かの仏国某ミシュランの調査員に任命されるに等しい。

みよ、このきめ細やかに配慮された本日のメニューを!
将来の店名もすでに決められている。
Cafe BFH」。つまりBeauty,Food,Healthという三つのテーマを
ストレートに具現化したネーミングなのである。
20091129_3618.jpg

審査員として任命されたのは、
われわれ夫婦のほかマスマス夫妻。
この四人に課されたミッションは、
二種のカレーについて厳正なる審査をすることであった。
みよ、見事にセッティングされたテーブルを!
20091129_3619.jpg

そしていよいよわれわれの前に姿を現したのは、
じゃがいもサーグカレー」と
北インド風キーマカレー」であった。
20091129_3632.jpg
緑のほうが「じゃがいもサーグカレー」で、
「サーグ(葉物野菜)」である
ほうれん草が入っているので緑色をしている。
とはいえ、味はしっかりカレーなのである。
片や「北インド風キーマカレー」も
もうわれわれにはわからないくらい
多種多様のスパイスが入っていて、
このうえなく魅力的な味であることは間違いない。

われわれは多量のおかわりをしたが、
これはあまりにうまくて単純におかわりしたのではなく、
厳正なる審査のためにどうしても追加のカレーが
必要だったというべきであろう。

もちろん、Yukari会長の腕前は
われわれが申し上げるまでもなく、
このすばらしきカレーたちが
多くの日本国民に供される日はそう遠くないと確信する。

では、最後にこの言葉でしめくくりたい。
ご唱和願います。

ビバ、カ研! ビバ、Cafe BFH!!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ラテンライブ

Y君に誘われて、ラテンライブにいきました。
日本を代表するサルサ・グループとして名高い
オルケスタ・デル・ソル」です。

20091116_0871.jpg
なんだかすごい盛り上がり(驚)

後半なんか、客までくるくる踊っちゃったりして、
すごいのなんのって。
Y君どこいっちゃったかもうわかんないの。
(ライブ終わったら再会できた 笑)

すんげーはじけて、楽しかった〜♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

颯爽とみつこ

萬田さんと同じジャケットを買った嫁みつこ。
いい季節になったので、ついに着て出かけました。
20091123_3554.jpg
20091123_3553.jpg
どうですかね?
まぁ〜、そんな感じってとこでしょうか?
posted by ひろとも at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする