2010年12月31日

飛べそうな気がした日

Woonyさんのフェルト製ぬいぐるみ、
「飛べそうな気がした日」がついに完成し、
我が家に嫁いできてくれました。
20101226_1957.jpg

これは、10月に開催されたWoonyさんの
WooWooWoolly展」で私たちが一目惚れした作品。
展示されていたものはすでに嫁ぎ先が決まっていたのですが、
Woonyさんにわがままをいって
新たにもう一体制作していただきました。
Woonyさん、本当にありがとうございました〜!

20101226_1958.jpg
今回のウータン君もとても楽しそうに飛ぼうとしています。
ずっと我が家で仲良く暮らしてくださいね〜♪


2010年もきょうで終わりですが、
どうかみなさま良いお年をお迎えください。


「WooWooWoolly展!」(過去の記事)
http://xupotomo.seesaa.net/article/166995357.html


posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

菊坂(後編)

本郷散歩、菊坂のつづきです。

樋口一葉ゆかりの井戸を見つけようと
菊坂下道を歩いていたのですが、
案内にあった辺りをあちこち探しても見つかりません。
地図を持ってうろうろしていたら、
見知らぬおばあさんが声をかけてくれて、
井戸を探しているといったら、
「こっちだよ」と案内してくれました。

おばあさんの後をついていくと
ふつうに歩いていたのでは見つけられないほどの
ほそ〜い路地に入って行きます。
そして階段を何段かあがるとありました。
20101219_1836.jpg
おばあさんはここまでくると、
「こっちがあたしんち」といって消えてしまいました。
おばあさんが消えた方向を見ると、さらに上にも家が!
20101219_1831.jpg
しかもなんだろう? この門は!
興味津々でこの階段を登り、突き当たりを右に進むと
出たところは「鐙坂(あぶみざか)」でした。
20101223_1914.jpg

さて再び菊坂に戻ります。
小石川方向へ坂を下っていくと、これまた古い建物。
20101219_1845.jpg
よく見ると、これも樋口一葉にゆかりがあって、
一葉が通ったといわれる「伊勢屋質店」。
いまは営業していませんが建物は保存されているんですね。

ここまでくると菊坂も終点で、
すぐ先には菊坂下の交差点があります。
20101219_1847.jpg
この道を西へずっと進んで行くと
小石川の「こんにゃくえんま(源覚寺)があります。

さて、菊坂で忘れてはならないのは、
ちょうど坂道の中間あたりにあるお肉屋さん。
20101223_1898.jpg
まるや肉店」というこのお店のコロッケがおいしい。
菊坂コロッケ」っていいます。
挽肉がごろごろ入っていて、ほとんどメンチカツ(笑)
20101223_1900.jpg
当然みつこ、すごい食いつきです♪


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

菊坂(前編)

ブラタモリの影響をもろに受け(笑)、
本郷の「菊坂」を散歩してみました。
20101219_1812.jpg
菊坂は本郷三丁目交差点の北の外れから、
白山通りに近い菊坂下交差点まで北西方向に下る坂道です。

出発点は本郷通り(中山道)の「別れの橋」跡の交差点。
別れの橋というのは江戸の北端だったこの橋で
見送る江戸の人と見送られる旅人とが別れた
といういわれがあるからだそうです。
たしかにこの菊坂出発点あたりで本郷通りは
いちばん低くなっていて、その手前は「見送り坂」、
向こう側は「見返り坂」と名付けられています。
20101219_1803.jpg

この別れの橋の下を流れていた川に沿って
本郷台地から小石川方向へ向かう坂が菊坂なんですね。
20101219_1807.jpg
この周辺は南北方向(タテ)、
東西方向(ヨコ)に走る道が多い中で、
菊坂だけが北西方向(ナナメ)に走っているのは、
この川が抉る谷に沿っているからなんです。
ただし、その川はいまは
暗渠になっているので見ることができません。

ところで、菊坂の南側を東西に走る
春日通りから菊坂方向へは谷へ下る坂になります。
ところどころ急になるので、
春日通り沿いにはこんな看板があります。
20101219_1859.jpg
途中で道が急に階段になるんですね。
クルマは通れなくなります。
じつは本郷にはこういう看板が多いです。

ちなみにこの看板の道を
菊坂方向に行ったところが「炭団(たどん)坂」です。
20101219_1816.jpg
炭団坂を下ると出るところは菊坂ではなくて、
菊坂よりさらに低くなった細い道にたどり着きます。
20101219_1826.jpg
この細い道は菊坂に沿っていて
菊坂下道(したみち)」というそうです。

この菊坂下道、本当の菊坂より味わいがあって面白いです。
宮沢賢治旧居跡も菊坂を歩いているだけではみつかりません。
20101219_1813.jpg
それだけではありません。
樋口一葉に縁があるといわれる井戸も
菊坂下道からでないとたどり着かないのです。
(つづく)


posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

東京大学 情報学環・福武ホール

せっかく本郷に引っ越したので東大にいってみました。

めざすは、前から見たいみたいと思っていて、
なかなか来られなかった安藤建築、
「情報学環・福武ホール」です。
赤門を入って左に歩くとすぐにみつかります。

20101128_011374.jpg
構内の道との間の長〜い壁と、建物の奥行きと同じくらい
手前に突き出た大きな屋根が特徴です。

20101128_021393.jpg
地上は1階建てですが、地下2階まであります。
左右対称に降りてゆく階段、地上の壁にあるスリット。
このスリットつくるの難しかったでしょうね〜。

20101128_031386.jpg
スリットからみつこさんが覗いています。

20101128_051403.jpg
大きな吹き抜けが開放的。

20101128_061412.jpg
外の道まで渡り廊下がつながっていて、
前面は大きなガラス窓。鉄の柱が等間隔に並びます。
階段の手すりも鉄ですね。

20101128_071409.jpg
地下2階の室内。中には入れないので
窓ガラス越しに撮ってみました。

20101128_081437.jpg
建物裏側(本郷通り側)も手抜き一切なし(笑)。
縦に2本のスリットがいいですね〜。







posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ある鉄道関連グッズ

これ、新幹線。0系とN700系ですね。

20101128_1353.jpg
ただのミニチュアじゃないんですよ。

さて、これはなんでしょう?





これは……
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

マスクメロンキャラメル

静岡のいとこからこんなのが届きました。
20101119_1082.jpg
マスクメロンキャラメル♪

20101119_1086.jpg
中味はこんな感じ。

本当にメロン味でおいしいんですが、
一粒食べると部屋じゅうがメロンの香りになっちゃいます(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする