2011年03月27日

自主的停電のメモ

我が家のある東京都文京区はいまのところ
計画停電の対象からは外れていますが、
停電になったらどうなるか試してみようということになり、
あえて停電になると真っ暗闇になる夜間に
電気のブレーカーを落としてみました。

【停電中】
・照明   つきません
・空調   つきません
・固定電話 通じません
・携帯電話 電池さえあれば使えました
・TV・AV  つきません
・冷蔵庫  ただの箱
・パソコン 電池さえあれば使えました
・無線LAN 使えません
     (iPadのWifiがNG、iPhoneは3GならOK)
・水道   蛇口の水は流れました
・トイレ  流れません
     (ウォシュレット・ヒーターともつきません)
・床暖房  ガスなのにつきません
・風呂   蛇口はOK、湯はり湯沸かし系ぜんぜんダメ
・コンロ  つきました
・防犯設備 今回は近所や警備会社に迷惑をかけないため
      防犯関係の電源は切りませんでしたが
      計画停電になれば使えなくなるでしょう

そんな感じで停電になるとなーんにもできなくなります。
ろうそくの火と懐中電灯だけが手がかり。
冷蔵庫のコンプレッサーも動かず、まったくの無音になります。
窓の外はいまはほかの家にも街灯にも照明がついてますが、
計画停電になれば、街中ぜんぶが真っ暗になるんでしょうね。

【復旧後】
・エアコン 一部のエアコンは電源が戻ったとき
      準備作業をするのか、うーんと唸ってました
・固定電話 電話機の時計が自動設定になりました
・TV・AV  時計合わせとかの復旧作業は不要
・風呂   湯沸かし系機器の時計合わせが必要

ブレーカーを戻すと部屋が急に明るくなりました。
電気があるってこんなにも安心感をもたらすものなんですね。
やっぱ、現代の人間なんだなあ……。

posted by ひろとも at 16:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする