2011年06月28日

香港(1)

香港にいってきました。
おともだち(たくさん)に誘われて。

香港といえば、もちろん飲茶。

20110528_5367.jpg
朝っぱらから行ってきましたよ〜。
蒸籠がたくさん積んであって、ほしい点心を選んでくるんですね。

20110528_5370.jpg
テーブルがこんなに賑やか。たらふく食べて大満足。

腹ごしらえが済んだら、地下鉄とバスを乗り継いで、
ランタオ島寶蓮寺(ポーリン寺)の天壇大仏へ。
20110528_5488.jpg
寺院の門前まで来ると山の上に大仏さんがっ。

20110528_5494.jpg
大仏さんのお膝元へは268段もの階段を登らなければなりません。
四十男にはきつい苦行ですががんばります。
山頂からの眺めはなかなかのものでした。


香港島では地元のおともだちに会ったりしたあと
引き続き観光&買い物。上環のキャットストリートへ。
20110528_5623.jpg
骨董品などの店が並んでいるところのようですが、
屋台が店の真ん中にまで張り出しています。ずいぶん大胆。

20110528_5634.jpg
わりと衝撃的な置物とか並んでいたりしてびっくり。
喜怒哀楽というのはわかるのですが、夜中出会いたくないなあ(笑)

20110528_5638.jpg
坂道に高層ビル。いかにも香港島っていう風景。

(つづく)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

笑いとクルージング

ザ・ニュースペーパーのライブがあったので友達と横浜へ出かけました。

20110521_5156.jpg
オリジナルTシャツを買ったら、歌手の谷本さんほか
みなさんからサインをいただいちゃいました。

ライブのあとは港をぷらぷら散歩して山下埠頭へ向かいます。

20110521_5214.jpg
象の鼻パークにも寄りました。
防波堤のカタチが象の鼻に似ているのでその名がついたそうです。

20110521_5225.jpg
こちらが横浜クルージングの船。なんだかおされ。

20110521_5243.jpg
夕暮れ時。少しずつ空が暗くなってきます。
まさに横浜ベイブリッジの下をくぐろうとする瞬間!

20110521_5260.jpg
オープンデッキに出て、横浜の夜景を眺めました。
ふだんみることのない角度なので新鮮。
風が気持ちいい〜♪



posted by ひろとも at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

牛タンがきた!

多賀城で十二年ぶりの再会をした姐御から
牛タンが届きました!!
20110511_4992.jpg
なんだか当日お呼び立てしたうえに
こんなすてきな品までいただいちゃって申し訳ない感じ。

20110513_5032.jpg
おいしそ〜う! いただきます!!

姐御、ありがとう♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

多賀城市津波被害(2)

多賀城市津波被害、踏査記録の続きです。
紀行文は「バカップル列車 第49号」に書いた通りです。

●多賀城市街
20110504_4762.jpg
産業道路沿いの寿司店。
建物に乗用車が逆立ちしながら寄っかかっています。
そして破れた窓の向こうからは福助人形がこちらを見ています。

20110504_4763.jpg
なんだか寂しそうにこちらを見つめています。

20110504_4769.jpg
産業道路からさらに海側に来ました。状況がどんどん酷くなってきます。
原型をほとんどとどめていない軽自動車。

20110504_4773.jpg
電柱がなぎ倒され、あたりはがれきの山だらけ。

そうしてまた少しずつ駅の方に戻っていきました。

20110504_4784.jpg
「あら、この看板も斜めになっちゃって……」とみつこ。
でもよく見ると根元の柱はまっすぐのまま。
もともとこういう設計だったんですね。

駅にいったん戻ったところで津波被害の踏査は終了。
山側へ二キロほど行った多賀城趾に行くことにしました。

●多賀城趾
20110504_4794.jpg
お城の手前にある多賀城碑付近の丘。
松の木の向こうに姐御と嫁みつこが佇んでいます。

20110504_4818.jpg
こちらが多賀城政庁の跡地。戦国時代の城と違い、
律令時代の遺跡はどことなくのんびりとしているのが印象的。


写真はこちらのブログに掲載して、それはそれで説得力のあるものですが、
今回私がいろいろ目にしたり、話を聞いたりして感じたことは、
その状況の前後のストーリーを理解しないと見えてこないものが多い
ということでした。もちろん私だって、ここに掲載した写真の
ストーリーすべてを理解している訳ではありませんが、
歩道橋で一夜を過ごした人びとがいるということ、
その国道45号線が津波に襲われる前に姐御が歩いて帰ったということ、
その後姐御の職場のリーダーが津波の被害に遭ったことなど、
そこに至るまでのストーリーを知ると
もっと多くのものが見えてくるのだと思うのです。

そういった意味でも、「バカップル列車49号」の記事を
いまいちどお読みいただければ幸いです。




posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

多賀城市津波被害(1)

仙石線に乗って出かけた多賀城周辺。
十二年ぶりに再会した姐御にいきなり案内していただきました。
紀行文は「バカップル列車 第49号」に書いた通りですが、
当日の写真などをこちらでご紹介。

仙石線の電車で姐御と合流した私たちは、
まず塩竃の「すし哲」でお昼を食べるために本塩釜駅へ。
食べる前にちょっとばかり駅周辺を歩いてみました。

●本塩釜駅周辺
20110504_4662.jpg
川の岸辺に乗り上げた漁船。
そのすぐ脇を自動車が通り過ぎて行きます。

20110504_4682.jpg
電気がまだ通じていないのか、信号機が点灯していません。

いきなり目にする光景がショッキングなものばかりで
最初のうちはなにがなんだかわかりませんでしたが、
この一帯は二メートルほどの津波が押し寄せたようで、
どの建物も一階部分は使えない状態のところが多かったです。
そう考えると「すし哲」が営業していたのは、むしろ奇跡的です!

お寿司をたべたあとは仙石線で三駅戻って多賀城へ。

●多賀城駅前
20110504_4718.jpg
多賀城駅前の再開発予定地は沖縄からの自衛隊が駐屯していて、
臨時入浴場を提供してくれてました。

●多賀城市街
20110504_4737.jpg
多賀城駅から南方向(海方向)へ歩いた住宅地。
道に面したフェンスや門にしっかりと津波の高さが刻まれています。
みつこさんが手をかざしているあたりから下に
うっすらと泥のあとが残っているのが見えるでしょうか?
ひとの背をはるかに超す水かさです。
右のデニムのジャケットを着ているのが姐御です。

20110504_4729.jpg
名所「末の松山」。寺院の門までは津波がきていますが、
松の木のところまでは津波が来ませんでした。
平安期の和歌に「ありえないこと」の喩えとして
「末の松山を波が越えるなんて」と詠われています。
たしかに津波は末の松山を越えませんでした。
平安時代のひとってそのこと知ってたの??
と、思わずききたくなります。

20110504_4750.jpg
末の松山から、さらに海側に進んで国道45号線を越えると
惨状はますます酷くなっていきます。
パチンコ店の脇で逆立ちしている乗用車。
私有地にある壊れた乗用車は役所は撤去してくれません。
一般のひとたちはどうやって片づければいいのでしょう?

20110504_4757.jpg
国道からさらに海側の産業道路沿い。
歩道橋の真ん前に消費者金融の無人契約機の小屋が流れてきてます。

(つづく)

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

走れ!バカップル列車 第49号 仙石線と仙山線

ゴールデンウィークの東北の旅、続編です。
姐御に会うため仙石線に乗り、
ごとけんさんに会うために仙山線に乗りました。
あ、その前に弘前の桜を見て、小岩井農場にも行きましたよ〜!

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第49号 仙石線と仙山線


20110501_4265.jpg
弘前城の桜。水面に桜が映っています。
雨が降っていてもこの景色ですから……!!

20110501_4336.jpg
天守閣と桜とみつこ♪

20110501_4364.jpg
晩ごはんには貝焼きを食べました。
郷土料理の「炉辺」にて。

弘前のあとは雫石に南下。
小岩井農場「まきば園」でのんびりしました。

20110503_4563.jpg
岩手山をバックにぼーっとしてみました。
いつもぼーっとしてるんですが。

20110503_4567.jpg
モーモートレインですよ〜。これに乗りたかったの。

20110503_4592.jpg
「まきば園」の向かいにある上丸牛舎。
木造の牛舎は明治期建造で国登録有形文化財!

そして仙台まで下ってきて、姐御と会うため仙石線に。

20110504_4659.jpg
あおば通りからやってきた仙石線の電車。

20110504_4698.jpg
「すし哲」でお寿司を食べました。みつこ大感激!

仙石線に乗った翌日は仙山線で山形へ。
山形ではごとけんさんが待っててくれます。

20110505_4880.jpg
仙山線の車窓からみた山寺。
画面左上の山から突き出ている建物が五大堂。

20110505_4891.jpg
「栄屋分店」で食べた冷しラーメン。
ぱっと見はふつうのラーメンとほとんど変わりません。
でもつめた〜いんです!

20110505_4925.jpg
山形城趾の霞城公園。しだれ桜がきれいでした。

20110505_4915.jpg
お堀端の桜並木。葉桜になってしまってることに
ごとけんさんはしきりに「すみません」(笑)
自然のことだからごとけんさんは悪くありません!!

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第49号 仙石線と仙山線

posted by ひろとも at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする