2011年11月25日

Woonyさん個展

我が家に数々の作品を提供してくだすっている
Woonyさんの個展に出かけて参りました。
今回はハート、ハート、ハートがいっぱい!!
「ハート」と「よりそう」がテーマなんだそうです。
20111115_9149.jpg
フェルトのネコちゃん、オランウータン君だけでなくマフラーも展示。
マフラーは会期最終日を迎える前にすべて
売約済みになってしまうほどの人気だったそうです。

天井にぶら下がっているオランウータン君をはじめ、
作品はどれも魅力的でしたが、なかでも特にわしらが注目したのがこれ!
20111115_9154.jpg
ちいさなちいさなブルーのオランウータン君。
来年の干支、うさぎさんの手前にごろんごろんと。
まだ研修中とのことで、だるまのような格好ですが、
これがまたかわいい〜とみつこ大興奮!
Woonyさんはこのあと手足をつける予定だったのですが、
「このままでいいっ!」
とまで言ってしまう始末(^_^;)
ちいさなウータン君たちの将来が楽しみですね♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

神奈月と堀口文宏のトークライブ

われわれがネ申と信奉する神奈月さんのライブに
またもや行って参りました。題して、
「神奈月と堀口文宏のトークライブ
  〜もうすぐコロンが2歳になります〜」

場所は下北沢のCom.Cafe.音倉
20111112_9119.jpg
ごはんもおいしくなかなか居心地のいい会場。
あさりどの堀口さんとのかけあいトークが炸裂!
20111112_9128.jpg
後半からはイジリー岡田さんをゲストに招いて
三人のトークがさらに爆発!
(左から堀口、イジリー、神奈月の各氏)
イジリーさんの人を楽しませるためには
リップクリームを食べることも厭わないという
プロ魂に感激しました。
20111112_9135.jpg
最後には観客との交流タイムみたいな感じになって、
記念写真まで撮ってもらっちゃいました〜♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

隅田川駅貨物フェスティバル

「隅田川にいきましょう」
Mくんに誘われたので行ってきました。
鉄ちゃんが「隅田川」といえば隅田川貨物駅のこと(笑)
20111105_9046.jpg
JR貨物の貨物フェスティバルというイベントで
ふだん入れない貨物駅構内に入れます。
朝もはよからテンションあげあげ♪

来てみればものすごい大行列で、なにかと思えば
じゃがいも、たまねぎが一袋100円で買える!!
地元のおばちゃんが家族総出で来てました。
貨物駅って場所はとるしトラックは出入りして騒音も出るしで、
地元への還元という意味もあるようです。

わしらの目当てはきょうだけ特別に放出される鉄グッズ(笑)
20111105_9040.jpg
ほら、廃車になった機関車のナンバープレートとか!!
すんごい欲しいけど、オークション形式で25万円からの入札。
一瞬嫁みつこの顔が脳裏をよぎり、さすがにやめておきました。
20111105_9042.jpg
かごの中に入っているのは犬釘。レールを枕木に固定する釘ですが、
こちらはかわいい一本100円。迷わず一本購入♪

コンテナに荷物を積み込んだりするホームにもあがれました。
20111105_9017.jpg
貨物用の大きなホームです。
20111105_9010.jpg
そのホームの上には出店も出ていて、お雑煮とおしるこ売ってました。
20111105_9011.jpg
お餅は焼いたのを入れるだけ、おつゆが澄んでる江戸のお雑煮です。
あっつあつ!

大満足で帰ろうとしたら、ヤード脇では
コンテナを貨車に積み込むパフォーマンスをしてました。
20111105_9033.jpg
寸分違わずコンテナをカチッと貨車に載せます。
すげ〜〜! 一堂拍手喝采でした。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

気仙沼〜南三陸(志津川)〜松島津波被害(2)

宮城県沿岸部の続きです。

志津川駅前では次のバスまで時間があったので、
周辺をあちこちと回りました。

20111010_8408.jpg
役場庁舎も含め、ほとんどの建物は流失しましたが、
この町立志津川病院はほぼそのままの形で残っています。
それでも窓ガラスは三階までが破れ、二階付近(一階屋根部分)には
漁船が一艘そのまま残されています。
このあたりの地面は土といった状態ではありませんでした。
ヘドロがようやく乾燥してきたようなもので、
踏んでもふわふわして大地を踏みしめている感覚がありません。
臭いもヘドロそのもの。
長靴が落ちてたり、計測器が落ちてたり、
瓦礫撤去は進んでいるのでしょうが、まだまだの部分は多いです。
20111010_8440.jpg
海に近い松原公園跡地。
チリ地震の津波被害記念碑が津波に流されていました。
20111010_8431.jpg
公園に展示されていたC58形蒸気機関車もこんな無残な姿に。

20111010_8447.jpg
防災対策庁舎。
被災直後はたくさんの瓦礫がまとわりついていましたが、
いまは骨組みだけになってしまいました。
手前の白い部分は役場の本庁舎があったところでしょう。
本庁舎は跡形もありません。
20111010_8450.jpg
防災対策庁舎は、町職員の遠藤未希さんが津波にのみ込まれる直前まで
「早く逃げてください」と放送を続けていた場所。
入口のあったところの手前には献花台があり、
いまも多くの人が訪れ、ここで手を合わせています。
20111010_8454.jpg
配線コードのようなものがぶらさがったままで、
千羽鶴とともに風に揺られています。

20111010_8482.jpg
志津川駅前からこんどは柳津行きのバスに乗ります。
窓から見えるのは陸前戸倉駅。
海から1キロほど奥まっているのですが、
地下道を除いて跡形もありません。

柳津からは部分復旧している気仙沼線で前谷地まで来て、
そこから石巻線に乗り換え石巻まできました。
20111010_8518.jpg
石巻駅前。なぜか街は石ノ森章太郎ワールド!

20111010_8535.jpg
駅舎前にもサイボーグ009のオブジェが立っています。
サイボーグのブーツあたりの左側、
駅舎のドア横に水色の張り紙があるのわかるでしょうか?
この水色の張り紙に赤線が通っています。
地震の当日、ここまで津波が来たことを示す赤線です。

20111010_8552.jpg
石巻からは矢本まで一部区間で復旧している仙石線に乗ります。
仙石線は本来電車が走る路線なのですが、まだ電気が通せないらしく、
復旧列車は山形から来てもらったディーゼルカーで走ります。

20111010_8554.jpg
15分ほど走って矢本着。信号も完全復旧していないため、
昔ながらの通票(タブレット)閉塞。
駅員が革の輪っかを持って歩く姿、懐かしい。

20111010_8561.jpg
矢本からは松島海岸まで代行バスに乗ります。

20111010_8577.jpg
代行バスの走る区間も津波被害が甚大でした。
途中、窓からは津波からは免れたものの車庫に帰れず
本線上に放置されたままの電車も見えました。

20111010_8595.jpg
代行バスの終点松島海岸駅前。すぐ手前は景勝地松島なのですが、
戻ってきてくれた観光客でほどほどの賑わいがありました。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

気仙沼〜南三陸(志津川)〜松島津波被害(1)

10月の宮城県沿岸部めぐり。
二日目は気仙沼から松島までバスに乗りました(一部区間列車)。

20111010_8343.jpg
気仙沼駅前。このあたりは津波被害は少なかったようで、
地震の約一か月後には大船渡線が復旧しています。

20111010_8345.jpg
気仙沼駅前から気仙沼線に沿って鉄道の復旧している柳津まで
ミヤコーバスの振替バスに乗ります。
バスのやりくりの関係からか、柳津までの間に
本吉と志津川(南三陸町)の二箇所で乗換えが必要とのこと。

20111010_8348.jpg
南気仙沼付近。漁港、魚市場のあったあたりで、津波被害も甚大でした。
地盤沈下があったため、いまだに水の引いていないところがあります。

20111010_8358.jpg
一台目のバスの終点、本吉駅に到着。
気仙沼線の本吉駅は高台にあり津波被害はあっていません。
しかし周辺の集落も少し坂を下ると被害のあったところが広がります。

20111010_8369.jpg
本吉駅前のネコ。バスを待ってる乗客から
いろいろもらって生計を立てています。

20111010_8370.jpg
本吉から志津川駅前行きのバスに乗り換えます。
方向幕が壊れていて、窓の下の標示が見えづらく
危うく乗り遅れそうになりました。
声をかけてくれた運転手さんに感謝です。

clip-135-02-05 05;27;15 01.jpg
陸前小泉駅があったところ。盛土部分にぽっかりあいている
地下道の穴がかろうじて駅のあった場所を示しています。

clip-135-02-05 05;27;15 02.jpg
歌津の集落を進みます。海側の国道の橋は落ちていて、
自動車はどれも旧道を走っていました。
「ここも家があったんだ。海なんて見えなかったんだ」
バスの運転手さんがいまもここに街があるかのようにつぶやきます。
歌津駅は山側の盛土にあり、ホームはかろうじて残りましたが、
駅舎はなくなってしまいました。

clip-135-02-05 05;27;15 03.jpg
志津川(現・南三陸町)の中心部にやってきました。
黄色いベストを着た人が総出で不明者の捜索をしています。

20111010_8383.jpg
「はい、志津川駅前終点です」
といわれ、降ろされましたが駅などなにもありません。
ここも盛土の下に地下道のあとがあるばかり。
この手前の空き地に駅舎があったはずなのですが。

20111010_8386.jpg
志津川駅跡を見てみることにしました。
地下道入口付近に「1976-2」の文字が。
1976年2月に完成した施設なのでしょう。
気仙沼線の全通が1977年ですから一年前にできていたんですね。
それにしても鉄道の施設で35年しか経ってないってまだまだ新しいです。

20111010_8388.jpg
地下道の突き当たりに放置されていた駅の時刻表。
泥まみれになりながら、来ることのない列車の時刻を語っています。

20111010_8390.jpg
階段をのぼって、ホームに出てみました。
黄色いタイルがかろうじてホームっぽい部分。
線路も枕木も流され、撤去され、どこがどうだったのか
よくわかりにくい状態です。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

常磐線の赤い機関車

もう一か月ほど前のことになりますが、
宮城県沿岸部に行ってきました。
一日目は常磐線の山下〜浜吉田間に取り残されている赤い機関車を、
二日目はバスに乗り気仙沼から南三陸、そして松島海岸までを、
かなり駆け足でしたが津波被害の様子をこの目で見てきました。

ここでは常磐線の線路上に取り残された赤い機関車をご紹介します。

仙台から常磐線に乗って、復旧している亘理まで行きました。
20111009_8253.jpg
亘理駅ホーム。この先の線路は赤く錆びています。
線路の上に立っているようにみえますが、
それまで下り本線だった線路の上に
折り返し列車用の仮ホームができているのです。

20111009_8270.jpg
亘理からは相馬方面へ向かう代行バスに乗って山下(山元町)へ。
代行バスの山下駅は常磐線のもともとの山下駅から離れていたので
線路のあるところまで二キロほど歩きました。
写真は床屋さん跡。割れた窓ガラスが津波のすごさを物語っています。

20111009_8269.jpg
建物はダメですが、床屋さんは移転先で営業しているようです。
こんな張り紙をみるとホッとします。


20111009_8275.jpg
ようやく線路のあったところまでたどり着きました。
しかしレールも枕木も、架線も架線中もすべて撤去されています。
残されたガーター橋のそのまた向こうに赤い機関車がぽつんと見えます。
あそこまでまた一キロぐらいあるんだろうな〜(^_^;)

20111009_8281.jpg
機関車の近くまで来ました。
30メートルほど離れたところに踏切があります。
この付近、常磐線を復旧するときは山側に移転する計画があるので、
もう列車の来ることは二度とない踏切です。

20111009_8285.jpg
真っ赤な車体のED75形電気機関車。
車輪の下を除いて前後のレールは撤去されているので、
ほんとうにぽつんと取り残された感じ。
3月11日、赤い機関車は札幌貨物ターミナル駅から隅田川駅まで走る
92列車を牽引中に被災しました。
機関車のうしろに20両つながっていた貨車とコンテナは
線路から数百メートルまで流されたと聞きます。
機関車は車体が重かったので流されなかったのですね。
機関士は機関車中央の機械室で、
白波を立てて向かってくる津波を眺めていたそうです。
その後、胸まで水に浸かりながら付近の民家に避難し
一夜を過ごしたとのこと。とにかく無事で良かったです。
20111009_8287.jpg
機関車の海側。流れてきたものいろいろなものが
まだ車輪の周辺にこびりついています。
20111009_8297.jpg
連結器周辺は蜘蛛の天国。
あちこちにいくつもの蜘蛛の巣が張っていました。

20111009_8310.jpg
ふと周りを見渡すと建物自体はふつうに建っているように見えても、
一階部分の窓はことごとく破れています。
あたりを歩いても人間の気配はほとんどありません。
それでも一軒だけ、窓ガラスを修繕してもらっている家がありました。

20111009_8324.jpg
そのまま歩いてひとつ仙台側の駅、浜吉田まで戻ってきました。
このあたり架線注は撤去されていませんが、
架線は切れてぶら下がったまま。
すべて撤去されているのも空疎ですが、
あまりにそのまんまというのもなんだかちょっと切ないです。

posted by ひろとも at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

がっつり朝ごはん

たるんだおなかをひっこめるためにも
我が家では晩ごはんを軽めにして、
朝にがっつり食べようということになりました。
そんな訳でさいきんの朝ごはんメニューをご紹介。

i1012_8617.jpg
キャベツとひよこ豆のコンソメスープ
サーモンサンド


i1013_8619.jpg
ビーフシチュー
朝からビーフシチュー(笑)

i1025_8765.jpg
焼肉丼
朝から焼肉丼(笑)

i1030_8855.jpg
ひよこ豆のスープ・クリームチーズのせ
スコーンと杏のタルト

なんだかおされな休日の朝ごはんて感じです。

i1031_8862.jpg
豚肉とトマトのたまご丼
本人は失敗したといってますが、おいしかったです。

i1102_8928.jpg
ひよこ豆のトマトスープと野菜蒸し

こうしてみると、ひよこ豆率高いですね(笑)
(嫁みつこ、ひよこ豆大好きなんですよ。)
まあそれはそれとして、
これからも朝はがっつりいただこうと思いまっす♪

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

神田カレーグランプリ

カレー研究会の一員であるわれわれ夫婦は、
Yuka会長、マスやん研究員とともに
第1回神田カレーグランプリに参戦してまいりました
(すでにイベントは終了しています)。

20111029_8812.jpg
会場は小川町広場。昼過ぎに出かけたのですが、
あまりに賑わいに座って食べるのがむつかしいほど。

20111029_8813.jpg
私はカーマの南インド風チキンカレー 。
20111029_8822.jpg
嫁みつこはシディークの2色カレー。
欲張ってタンドリーチキンも買ってきたよ!
そして、Yuka会長はJ. Tipple Barのチキンカレーを、
マスやん研究員はエブラックのスープカレーと
ガンディーマハルのマトンを注文。

それぞれ持ち寄ったカレーを互いにやりとりしながら吟味。
食べた結果、一番気に入ったお店に投票し、
その票数でグランプリを決めるしくみになってます。
20111029_8836.jpg
なんと私も含め全員がシディークに投票。

その後の調べでは、我々が投票したシディークは見事2位!
栄えあるグランプリはボンディでした〜。
やはりボンディは強いなぁ。

●神田カレーグランプリ
http://kanda-curry.com/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

銀座アップルストア前

もはや忘却の彼方にいってしまいそうですが、半月ほど前に
アップル創業者のスティーブ・ジョブスさんが亡くなりました。
20111015_8698.jpg
そのころの銀座アップルストア。
ちょうどiPhone4S発売で行列ができていたんですが、
それ以外にも、店先はただならぬ雰囲気。

20111015_8695.jpg
なんと無数の花束、ジョブスさんの肖像写真が置かれていました。
多くの人がジョブスさんに感謝し、
その死を悼んでいるのが伝わってきます。

ビル・ゲイツのときは……
こうはならんだろうなぁと思ってみたり(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

『mt博』mt expo2011

mt博に行ってきました!
マスキングテープを短くした名前が「mt」ですが
じつはもともとの作業用マスキングテープではなく、
和紙の特製を活かしてカラフルなデザインに変身させたもの。
付箋とかラッピングとかいろんな用途に使えます。
会場は渋谷のディクショナリー倶楽部。
20111031_8865.jpg
建物も地面も、いきなりぜんぶmtです!
20111031_8892.jpg
自動車までmtです!すんごいです!

20111031_8867.jpg
mtでつくった紙風船の部屋。108本の糸。700以上の紙風船。
ここまでくると圧倒的だし、幻想的ですね。

20111031_8870.jpg
ここはメーカーであるカモ井加工紙の歴史を展示した部屋。
レトロな広告や看板がずらり。
20111031_8890.jpg
こちらはmtの量り売り会場。こんな長〜いロールになっているんですね。
20111031_8886.jpg
その長〜いロールを工員さんがその場でカットしてくれます。
レジでは、幅が18ミリだから140円ですっていわれました。
本当に量り売り(笑)

即売会もやっていて会場オリジナルデザインのものもあるそうです。
11月8日(火)まで開催しているので、
ご興味ある方は、ぜひのぞいてみてください!

くわしくはコチラ↓
●『mt博』mtexpo2011
http://www.masking-tape.jp/mtex2011/expo.php
posted by ひろとも at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする