2012年03月30日

オル太メンバー卒業・修了制作展

オル太のメンバーメグ忍者さんの卒業制作、
川村和秀さん、斉藤隆文さんの修了制作が展示されていたので
京王線に乗って多摩美大にいってきました。

●地を這う家(メグ忍者)
20120321_1185.jpg
20120321_1188.jpg
発泡スチロールを素材につかったインスタレーション。
中央に「家」があり、ここから削り出された(?)
家の一部が周囲に広がっています。

●Pointing Spot(メグ忍者)
20120321_1181.jpg
20120321_1183.jpg
金網にいろんな色の紙粘土(?)が点在しています。

●米粒さんの大粒涙(左)・ぐるんぐるんと目玉が回る(川村秀和)
20120321_1192.jpg
20120321_1194.jpg
川村さんの作品は淡い色が特徴の油絵です。
どちらも大作。「米粒さんの……」はどこに保管するのか?
気になります(笑)

●日本の絶景(斉藤隆文)
20120321_1197.jpg
20120321_1215.jpg
20120321_1217.jpg
20120321_1207.jpg
斉藤さんの作品は度肝を抜きます。長さ22メートル。
海の家を連想させる大きな箱が約30度傾いていて、
その底に水が湛えられています。
蛇口三つを使ってつねに給水。底からはつねにぽたぽたと(笑)


●番外編
20120321_1195.jpg
どなたか存じ上げないかた(オル太ではない)の作品ですが、
ものすごい迫力。かなりお怒りのご様子です。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

あなたのそばで、夢みる写真展〔総集篇〕

写真家・本城直季さんがつくりだす
ホンモノなのにミニチュアにみえる不思議な写真の写真展
「あなたのそばで、夢みる写真展」〔総集篇〕
横浜銀行本店で開催されているので出かけてきました。

会場には「あなたのそばで、夢みる数字」シリーズのポスターがずらり。

昨年12月はじめに私たちが参加した
みんなでミニチュアになろう!
イベントのスナップ写真も展示されていました。
20120324_1262.jpg
20120324_1254.jpg
20120324_1256.jpg
いっしょに出かけたNamikiさん、FujiとBotang、
みつこさんと私も写っていました。

もちろん撮影した写真も展示されていましたよ〜♪
人の背丈ほどもある超大型プリント。
20120324_1266.jpg
写真にうつっている自分を指さす嫁みつこ。
ピントもぼけているので、自分しかわからないんですけど(笑)

でかけた当日は本城さんも会場に!
20120324_1268.jpg
ポスターにちゃっかりサインしていただきました♪

写真展は四月上旬まで続くので、お時間みつけてぜひおでかけください。
大型の写真はホントに見る価値ありありです!(くわしくは下記参照)


●「あなたのそばで、夢みる写真展」〔総集篇〕
会場:横浜銀行本店営業部2階ATMコーナー
http://www.boy.co.jp/boy/brand/contents/suuji-event03.html

●本城直季さんHP
http://honjonaoki.com/

●みんなでミニチュアになろう!(当ブログ記事)
http://xupotomo.seesaa.net/article/238890257.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

走れ!バカップル列車 第52号 急行きたぐに

3月17日のJRダイヤ改正で定期列車としての運転を終了する
急行きたぐにに乗ってきました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第52号 急行きたぐに

20120204_0511.jpg
大阪駅で発車を待つ急行きたぐに。
583系という寝台電車を使っています。
もともとは特急用でしたがいまでは急行列車に格下げしての運用。

20120204_0503.jpg
行き先方向幕。
「急行」の文字が隠れているのがちょっと気に入らない(笑)

20120204_0518.jpg
B寝台車車内。真ん中に通路が通っていて、
その左右に三段式の寝台が並びます。
三段式ともなるとふつうに座れません。頭がつっかえます。

20120204_0527.jpg
こちらはA寝台車。B寝台よりグレードの高い二段式。
こちらは天井も高く、多少座高が高い人でも大丈夫。

20120204_0535.jpg
普通車自由席。四人掛けボックスシートが並びます。
このシートや網棚のうしろをあれこれ操作すると
B寝台に変身するという構造。日本ならではのものすごい工夫です。

20120205_0549.jpg
寝台を覆うカーテンには通風口があります。
ふつうはここから顔は出しません。
大昔、この窓から車掌に青函連絡船の乗船名簿渡したことはありますが。

20120204_0557.jpg
柏崎〜長岡間の丘陵地帯では雪が激しく窓を打ちつけています。

20120205_0574.jpg
朝、着替えは済ませたのですが、到着まで寝台でのんびり。
窓側だけ天井が湾曲して高くなっているので、
そこに頭がくるようにすればつっかえなくてすみます。

20120204_0597.jpg
無事、新潟駅に到着。床下機器や台車に雪がこびりついています。
雪の中の長距離の走行、おつかれさまでした。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第52号 急行きたぐに



posted by ひろとも at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第51号 特急はくたか

もともとは急行きたぐにに乗るはずの旅でしたが、
いろいろあって特急はくたかにも乗りました。
つまり北陸経由で大阪まで往復したというお話しです(笑)

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第51号 特急はくたか

20120204_0399.jpg
越後湯沢駅の在来線ホーム。ここから特急はくたかは発車します。
それにしても屋根の上に積もる大量の雪。
ホームの柱の太さを見ていると、つぶれないかと心配になります。

20120204_0402.jpg
駅の跨線橋から垂れ下がるつらら。
落ちてきたら、アタマとかに突き刺さりそう。

20120204_0413.jpg
はくたかの車窓風景。高田平野は一面の雪。

20120204_0436.jpg
金沢駅構内にある「金沢百番街」の地酒のお店。
小さなカップ一杯100円で飲める自動販売機がありました。

20120204_0441.jpg
十種類から選べます。大吟醸だと300円です。

20120204_0446.jpg
旅行記でははしょってますが「サンダーバード38号」の車内。
金沢百番街で買った「あわびめし」と食すみつこ。

20120204_0449.jpg
しばらくぶりの大阪駅の変わりようにビックリ!
頭上に広い連絡橋、さらにその上には巨大な屋根が。

20120204_0451.jpg
連絡橋から見上げたところ。巨大な屋根が青く光っています。

20120204_0468.jpg
新しくできた駅ビルに入った「だるま」で串かつを食べました。
ソースの二度漬けはご遠慮ください。

20120204_0475.jpg
あっち、あっちちちちっ!(笑)
むつかしい顔しててスミマセン。熱いんですよ。
あ〜、口の中ヤケドした……。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第51号 特急はくたか



posted by ひろとも at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

オル太がうちにやってき太!!

若きアーティスト集団「オル太」の作品が
ついに我が家にやってきました!
昨年の暮れ、nap galleryにて開催された
展覧会「黄金の郷愁」にて出品された作品二点。

20120311_1009.jpg
「畳食堂と感動する梅田の眼鏡」
平べったい眼鏡。向かって左側のレンズには畳食堂、
右側には感動する梅田さんが描かれています。

20120311_1014.jpg
「マッチ一家」
マッチ棒のカタチをした一家(父母と兄弟姉妹たくさん)が
マッチ箱のカタチをした大きな布団で寝ています。

20120311_1003.jpg
こんな感じで我が家の棚にたたずんでいます。
どちらも繊細な一面を持っているいっぽう、
若いパワーがみなぎっている印象を受ける作品です。

夢が持てず元気のない若者が多い中、
オル太は大きな夢と力を内に秘め、
数々の作品をパワフルに生み出しています。
作品の幅は絵や彫刻にはおさまらず、インスタレーション、
パフォーマンス、音楽などじつに多彩。
これからの活躍がますます楽しみなオル太です。


●オル太・ホームページ
http://www.olta.jp/

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

いまだ残る傷跡

東京も揺れに揺れたあの大地震から一年。
我が家も本棚が倒壊したり、Nゲージが崩れ落ちたり、
けっこうな被害に遭いました。
いろんな人たちの助けを借りて、本棚は新しいのができたし、
床の穴ぼこや机、棚のキズも補修してもらいました。

最後まで残ったのが忍者部屋のシーリングライト。
20120306_0909.jpg
インテリアコーディネーターの荒井さんに
新しい照明の候補をあれこれ出してもらったものの決め手がなく、
一年経とうとしているのに、壊れたまま。
あの日の記憶をとどめるためにも、これはこのままでいいのかな。
まだ迷っていますが、この先のことなにも思いつきません。

20120306_0910.jpg
PowerBookもフタが曲がりました。
地震の日は本棚から本が勢いよく落ちてきたのでしょう。
幸い、開け閉めに支障はなく、モニタも映りますし、
データも残っていますし、動作もなんの問題もありません。
これもこのまま使い続けます。

いまになって大きな喪失感がやってきています。
一年経っても取り戻せなかったものがじわじわ見えてきたり。
心にぽっかりと大きな穴があいた感じ。
この一年、これで良かったのか、
もっとほかのやり方があったのではないか。

考えたところで、どうしようもありませんが。


●大地震の被害状況(過去の記事)
http://xupotomo.seesaa.net/article/190759901.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

もうすぐ春ですね

20120303_0902.jpg
神田川のほとりに梅の花が咲きました。
まだまだ寒い日が続きますが、春はもう目の前です。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする