2012年03月11日

いまだ残る傷跡

東京も揺れに揺れたあの大地震から一年。
我が家も本棚が倒壊したり、Nゲージが崩れ落ちたり、
けっこうな被害に遭いました。
いろんな人たちの助けを借りて、本棚は新しいのができたし、
床の穴ぼこや机、棚のキズも補修してもらいました。

最後まで残ったのが忍者部屋のシーリングライト。
20120306_0909.jpg
インテリアコーディネーターの荒井さんに
新しい照明の候補をあれこれ出してもらったものの決め手がなく、
一年経とうとしているのに、壊れたまま。
あの日の記憶をとどめるためにも、これはこのままでいいのかな。
まだ迷っていますが、この先のことなにも思いつきません。

20120306_0910.jpg
PowerBookもフタが曲がりました。
地震の日は本棚から本が勢いよく落ちてきたのでしょう。
幸い、開け閉めに支障はなく、モニタも映りますし、
データも残っていますし、動作もなんの問題もありません。
これもこのまま使い続けます。

いまになって大きな喪失感がやってきています。
一年経っても取り戻せなかったものがじわじわ見えてきたり。
心にぽっかりと大きな穴があいた感じ。
この一年、これで良かったのか、
もっとほかのやり方があったのではないか。

考えたところで、どうしようもありませんが。


●大地震の被害状況(過去の記事)
http://xupotomo.seesaa.net/article/190759901.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする