2012年05月29日

金環日食でお誕生会

金環日食の日はみつこさんの誕生日だったので、
六本木のザ・リッツ・カールトンに泊まりました。
20120521_3055.jpg
なんだかすごいんですよ。全体的に超豪華。
20120520_2954.jpg
20120520_2955.jpg
お部屋もすごく広くて、我が家とほぼ同じ(笑)

20120520_2958.jpg
「お誕生日のプレゼントです!」
コンシェルジュのおねえさんからサプライズのプレゼント。
メッセージカードとライオンくん。

20120521_3011.jpg
なんだか眺めもすごいんです。
六本木ヒルズのてっぺんがほぼ目の高さにあります。
20120521_3129.jpg
北東方向にはスカイツリーもはっきり見えます。
20120520_3112.jpg
夜景もきれいで、東京タワー、レインボーブリッジなどなど
きらきら輝いて見えます。

お天気が心配だった日食ですが……
20120521_3147.jpg
おー、みえる、みえる!
欠けてきた、欠けてきた!!
20120521_3005.jpg
みつこさんも目を覚まし、日食グラスで観察開始。
20120521_3009.jpg
写真は、レンズの前に日食グラスを手でかぶせるという(笑)
とても原始的な方法で撮りました。

楽しい一日はあっという間でした。
20120521_3083.jpg
お昼に鉄板焼きを食べて、夢の世界(笑)から帰ってきました。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

金環日食

20120521_3169.jpg
20120521_3228.jpg
20120521_3231.jpg
20120521_3232.jpg
20120521_3239.jpg
20120521_3244.jpg
20120521_3255.jpg
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

不測に向かって放り込む

香港デザイナーズウィークの天天像が
あまりに衝撃的だった二藤建人さんの作品。
ただならぬものを感じた私らは
早速、東京ワンダーサイト本郷に展示してある
二藤さんのもう一つの作品を見にいきました。

20120516_2900.jpg
なんだ、これはー(笑)
同時に展示してある初日パフォーマンスのビデオをみると
天板に穴をあけそこから泥の中に石膏を流し込み
そのまま固まったものがこうして展示してあるようです。
タイトルは「不測に向かって放り込む」。
まさに泥の中に流れる石膏という予測不能なものが
偶然つくりあげたカタチでできています。

20120516_2902.jpg
土石流のようで、遺跡の発掘現場のようで、がいこつのようで。
なんだかグロテスクでもあります。
この展示がはじまる数日前、
嫁みつこはワンダーサイトの前を通りかかり、
大量の土嚢が若者によって運び込まれるところを
偶然みかけたんだそうです。
土嚢は屋外に置くものなのに、なぜ屋内に運び込むのか
不思議に思ったそうですが、これをみてようやく納得。
土嚢はこの土石流に生まれ変わっていたのです。

しかしこれをつくりだすのはものすごいパワー。
ビデオをみると泥の中で格闘技をしているようでした。
20120516_2914.jpg
無造作に刺さっているスコップが激しさを物語ります。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

オル太@香港デザイナーズウィーク

丸ビルで開催されている香港デザイナーズウィーク
オル太の作品が展示されているのでいってみました。
20120515_2867.jpg
丸ビル1階のイベントスペースには
「天天向上」の巨大な像が!
この天天像の小さいものにペイントしたり、
あれこれ塗ったり切ったり貼ったりするのが課題。
香港や日本のアーティスト130人が参加しています。
20120515_2865.jpg
もっと小さい天天像もあって、こちらは
陸前高田と香港の子供たちの作品だそうです。

20120515_2857.jpg
みつけた、みつけた。オル太作品!
オル太の八人が裸になって天天像の中を舞っています。
ペイントは長谷川義朗さん。
20120515_2858.jpg
お、メグ忍者だ。
20120515_2855.jpg
高木真希人さんの笑顔が輝いてますね!

会場にはオル太のJang-Chiさん、長谷川義朗さんがいて、
お友だちの二藤建人さんを紹介していただきました。

その二藤さんの天天像作品がこれ。
20120515_2862.jpg
度肝を抜くこのカタチ。
石膏の中にぶちこんでそのまま固まったものだそうです。
20120515_2864.jpg
桁違い(笑)
posted by ひろとも at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

静岡市美術館

新幹線「こだま」に乗って静岡まで行ってきました。
20120505_2707.jpg
天気は快晴。富士山もきれいに見えます。

20120505_2710.jpg
静岡について、まず腹ごしらえ(笑)
日本初の流れ鮨なんです。
20120505_2717.jpg
どうやって流れてくるのかと思いきや、
ベルトコンベアーに乗って、お盆ごときました。
こちら近海もののにぎり寿司。

20120505_2738.jpg
そもそもの目的地は静岡市美術館。
ロゴマークやサインなどを
柿木原さんがデザインしています。

20120505_2739.jpg
玄関マットもなかなかステキです。

20120505_2736.jpg
入口を飾るのは東海道五十三次の蒔絵。
こちらの図案も柿木原さん。
職人さんたちと二年以上かけてつくった大作です。

大満足して帰路につきました。
20120505_2744.jpg
帰りも富士山がよくみえました〜!

●静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

金魚坂

我が家の近所にあることは知りつつも
なかなかたどり着けなかった「金魚坂」。
20120430_2538.jpg
菊坂から一本北側に入った通り沿いにありました。
真っ赤な金魚の看板がお出迎え。

20120430_2537.jpg
ここは金魚の卸問屋であり、釣り堀であり、
カフェ・レストランでもあるお店。
建物は洋館風の二階建てです。

20120430_2528.jpg
20120430_2532.jpg
敷地内にはたくさんの金魚がゆらゆら泳いでいます。

20120430_2508.jpg
カフェ・レストランになっている客席は
半地下、中二階、二階があります。
天井の広い半地下の席に座りました。
一角にはグランドピアノも。

20120430_2514.jpg
ウィンナコーヒーのクリームは別のせで出てきました。
楽しそうにクリームをのせてる嫁みつこ。

金魚みたいにゆらゆらとのんびり過ごしました。


金魚坂
創業350年の金魚問屋です。
東京都文京区本郷5-3-15 TEL:03-3815-7088
http://www.kingyozaka.com/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

大人のお子様ランチ「THE TOKYO DINING」

もうとにかくこの看板に惹きつけられました。
20120428_2430.jpg
「大人のお子様ランチ」
なんて、ステキな響き黒ハート
表参道の駅から徒歩二、三分のところにあるお店です。

20120428_2457.jpg
入口のドアノブはなんとスプーン。

20120428_2443.jpg
注文したのはハンバーグ、スパゲッティナポリタン、
野菜とカレーの炊き込みライスの三種がのったプレート。
好きなのがぜんぶ載ってる!!

20120428_2449.jpg
嫁はとんかつ、和風スパゲッティ、ガーリックライス
(韓国のりのせ)の三種のプレート。
どちらもおいしくいただきました〜ぴかぴか(新しい)


●THE TOKYO DINING
東京都港区南青山5-9-8
青山5番館ビル2階
TEL:03-6427-4548

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

満月

今夜はスーパームーンの満月ですね。
20120506_3064.jpg
こちらは昨夜の月。左上がまだ満ちてませんけど、
じゅうぶん明るいお月さんです。

スーパームーンは月と地球の距離が微妙に近づくからだそうで、
だから半月後の新月は金環日食になるのだな、と納得。
posted by ひろとも at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする