2013年05月31日

みつこお誕生会

嫁みつこのお誕生会をしました。
2013 05 21_1890.jpg
どでかいケーキを前にごきげんの嫁みつこ。
2013 05 21_1895.jpg
ろうそくに火をつけました。本数はかなり適当。
ケーキは食べきれなかったので、二日にわけていただきました。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

大相撲五月場所

横綱白鵬の25回目の優勝で幕を閉じた大相撲五月場所
初場所に続き、またまた見にいっちゃいました〜。
前回は到着が遅く、いろんなチャンスを逃した反省から
今回は気合いを入れて10時半には国技館着!
2013 05 19_1474.jpg
館内もまだ観客はちらほらいる程度。
序二段の取り組みがテンポ良く進んでいきました。
塩はまかず、土俵にあがったと思ったらすぐに対戦。
行司もスネ丸出し、足袋もはかずに裸足。

2013 05 19_1478.jpg
前回は食べ損ねたちゃんこにもありつけました。
国技館の地下で、12時から250円で食べられるのですが、
長い行列になってました。
2013 05 19_1487.jpg
名物のやきとりも見逃せません。

お昼の時間帯はイベントが目白押しで、なんと今回は……
2013-05-26 22.52.06.jpg
高見盛とハイタッチ!(動画参照)
かなりおつかれのご様子でしたが(笑)

2013 05 19_1503.jpg
十両の土俵入り。観客がだいぶ増えてきて
枡席も三割〜四割ほど埋まってきました。
2013 05 19_1544.jpg
そして幕内の取り組みがはじまるころにはもうびっしり。
「満員御礼」の垂れ幕もさがりました。

その後は、両国の街へ。
2013 05 19_1572.jpg
またもちゃんこ鍋(笑)。今回は「相撲茶屋 寺尾」。
なんと元逆鉾、元寺尾のお兄さんがオーナーというお店。
寺尾の化粧まわしが店内を飾ります。
2013 05 19_1578.jpg
ちゃんこもとてもおいしかった〜。
みんなとも意見が一致したのですが、ちゃんこ鍋は「寺尾」で決まりです!

●高見盛とハイタッチ!(ムービー)


posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

神奈月トークライブ(第5回)

われらがネ申神奈月さんのトークライブにまたもや参戦。
場所はいつもの阿佐ヶ谷「LOFT A」。
聞き手はいつものタムケンさん。
2013 05 18_1607.jpg
美木良介のロングブレスのコスチュームで登場。
トークライブは基本的にネタはやらないのですが、
今回は特別にその場で披露。
三秒で吸って、七秒で吐きます。
「う〜〜〜!」
どうやら最近このネタが人気なんだそうです。

あとは昨年の神奈月祭全日本プロレスファン感謝デー
VTRを神奈月さんの解説付きで振り返りました。
2013 05 18_1633.jpg
VTRの中には美木良介が尻の力で
スプーンを曲げるというオリジナルネタも!(笑)
やっぱり尻。

2013 05 18_1644.jpg
やがては神奈月さんがいまはいてるパンツの話になり、
本人抵抗するもタムケンさんの強い押しもあってついに披露。
なんと愛犬コロンちゃんの写真がプリントされたパンツ。
すごいですよね。ネタにするでも、誰かに見せるでもないのに
特注でパンツプリントしてもらうなんて。
やっぱり尻。

最後にお楽しみ企画。観客の中から選ばれた三名の方に
神奈月さんからとっておきのプレゼント。
2013 05 18_1648.jpg
今回はジャンケンで決めるのですが……
2013 05 18_1647.jpg
なんと嫁みつこがトップに!!(驚)
2013 05 18_1650.jpg
いただいたプレゼントはなんと、
在りし日のプロレスのDVDでした〜〜!
う、うれしい。嫁みつこ、よくやった。

posted by ひろとも at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

よこすか海軍カレー

Y君に誘われて海軍カレーの元祖といわれる
魚藍亭の「よこすか海軍カレー」を食べにいきました。
2013 05 15_1418.jpg
海軍カレーは魚藍亭の別館(?)
「よこすか海軍カレー館」で食べることができます。
2013 05 15_1432.jpg
桟橋のような長い通路を歩いて奥へ入ってゆきます。
2013 05 15_1431.jpg
通路脇には海軍グッズがディスプレイされてたり。
2013 05 15_1421.jpg
2013 05 15_1420.jpg
レトロな雰囲気満載の店内。
2013 05 15_1423.jpg
まずは「東郷ビール」で乾杯♪
2013 05 15_1424.jpg
こちらは一等巡洋艦「青葉」のビーフカツレツ。
ビーフだから衣の中はミディアムレア!
ジューシーでうんまい。
2013 05 15_1426.jpg
ついに出ました「元祖よこすか海軍カレー」!
お肉はほとんどなくて、
野菜をトロトロまで煮込んである感じ。
ごはんがかなり多めなので、ごはんが余らないように
カレーを混ぜて食べるのがポイント(笑)

魚藍亭は横須賀の名物商店街「どぶ板通り」の
入口付近にあります。ぱっと見た感じはほとんどアメリカ!
2013 05 15_1437.jpg2013 05 15_1436.jpg2013 05 15_1435.jpg
横須賀を歩くのは初めてなので、なにもかもが新鮮。
こんなところだったんですね、横須賀って!
2013 05 15_1414.jpg
こちらは「どぶ板通り」からは外れますが、ご覧のとおり。
不動産屋までアメリカン。


●魚藍亭
http://www.gyorantei.com/curry/yokosuka/index.html
posted by ひろとも at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

ほりぶん閉店!

王子に住む者で知らない人はモグリだともいわれ、
永きにわたり王子の街に君臨していた
「ほりぶん」が閉店したと聞いて、
元住民としては、いてもたってもいられずその跡地に行ってきました。
2013 05 11_1352.jpg
ていうか、建物はふつうにあるし。鳩もいっぱい止まっているし(笑)

ご存じない方に説明すると、
「ほりぶん」てのはスーパーマーケットです。
家族連れ、おじいちゃん、おばあちゃんに愛されてました。
元お肉屋ということもあり、内蔵系のお肉も充実。
配達とかもしてくれたんです。
個人的な思い出としては、
「さかなさかなさかなー さかなーをたべーると〜」
の歌をはじめて聞いたのが「ほりぶん」の鮮魚売り場でした。
2013 05 11_1353.jpg
独特なのはこの建物。全体が黄色いのです。
しかも店名である「ほりぶん」の文字が
二階から三階までのところにでかでかと。
とても目立っていたので、
王子のランドマークとしての機能も果たしていました。
2013 05 11_1331.jpg
閉店を知らせる張り紙。
社長さんの無念さがにじみ出ている文面。ああ、涙を誘います。
2013 05 11_1357.jpg
その張り紙に落書き。
「ほりぶん ありがとう!」
いかに「ほりぶん」が愛されていたか、わかろうというものです。

「ほりぶん」の店内はさほど広くなく、
前の歩道も売り場の一部と化していましたから、
「ほりぶん」がやってないと歩道がやけに広く見えます。
2013 05 11_1359.jpg
「ほりぶん」めざしてチャリを飛ばしてきたのに
閉店したと知って呆然とたたずむお兄ちゃん。
実際、王子駅付近には、ちゃんとしたスーパーは
「ほりぶん」か「東武ストア」しかなく、
王子生活に欠かせない存在でした。
「ほりぶん」がなくなって王子の人びとはどうすればいいの?
と当初私は心配していたのですが、極秘に入手した情報によると
近所に「イトーヨー○ドー」ができるんだそうです。
それで客足の減少、建物の老朽化などを見込んで
閉店という決断に至ったと言われています。
それにしても、残念。

ほりぶん ありがとう!

もっとも私は三回くらいしか買い物したことないけれど。


●スーパーほりぶん ホームページ
http://horibun.jp
●閉店のご挨拶(上記サイト内)
http://horibun.jp/info2
●ほりぶん閉店時の様子(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=MoAfPGWLiHk
posted by ひろとも at 02:00| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

KITTE(キッテ)

新名所「KITTE(キッテ)」に行ってみました。
東京中央郵便局の局舎が建て替えられてJPタワーとなり、
その低層棟(地下1階〜6階)に完成した商業施設です。
2013 05 05_1290.jpg
中央には大きな吹き抜け(アトリウム)があって
開放的な空間。内装環境設計は隈研吾だそうです。
2013 05 05_1263.jpg
6階の一部は屋上庭園になっていて、
東京駅丸の内駅舎がよーく見えます。

3階建ての東京駅と38階建てのJPタワーはいかにも対照的。
JRは東京駅の復元費用500億円を空中権の売却で捻出したそうですが、
その一部を日本郵政は買っちゃったんでしょうね、きっと。
だから旧局舎の取壊し反対運動があんなにも激化して、
鳩山邦夫(当時の総務大臣)まで出てきちゃっても
高層ビルを建てないという選択肢はなかった、ということか。
キラキラした「KITTE」のショッピング街より
ドロドロしているそういう話のほうが、
私にとってはよほど面白いです(笑)


●KITTE(キッテ)
http://jptower-kitte.jp

●JPタワー
http://jptower.jp/index.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

代官山の切り替えられた線路

3月のダイヤ改正で東横線代官山〜渋谷間は
地下線に切り替えられました。
その切り替えポイントはどうなっているのか?
電車の窓から見ただけではわからなかったので、
駅を降りて周辺をうろついてみました。
2013 04 29_1064.jpg
さっそく見えてきた切り替えポイント。
電車のすぐ上に旧線(地上線)の線路の端っこが。
2013 04 29_1068.jpg
どうやら駅のホームと線路を丸ごと地下にずらし、
新線(地下線)とずらした駅部分を接続したんですね。
旧線の線路は上にあげて電車が通れる高さを確保したようです。

残った地上線の先に踏切があったはず。
2013 04 29_1072.jpg
来てみると遮断機は撤去され警報器は袋を被っています。
レールの隙間はアスファルトで埋められ、
両脇の線路には入れないように囲いがしてあります。
2013 04 29_1083.jpg
囲いの隙間から駅方向を覗くと、
切り替えポイント付近の線路がやや上にあがっているのがわかります。

これだけの工事、一晩で終わらせたんですからスゴイものです。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

金沢観光

金沢では珍しく観光もしてきました。
2013 04 27_1139.jpg
街の北東側を流れる浅野川。
川沿いをぷらぷらと歩きます。

2013 04 27_1216.jpg
目的地はココ。ひがし茶屋街(ちゃやがい)。
出格子のある街並みがなんともいい様子。
2013 04 27_1147.jpg
板塀、格子窓、ペンキで描いた看板。
2013 04 27_1204.jpg
麩菓子屋。でっかく「ふ」と書いた暖簾と赤い建物がおしゃれ。

次にめざすは兼六園
2013 04 27_0882.jpg
兼六園へ登る坂道の途中でついつい買い食い。
加賀守岡屋の「焼きいなり」。熱々に焼いた厚揚げに
鳥ごぼうの炊き込みごはんが入ってます。

2013 04 27_0887.jpg
ようやくたどり着いた兼六園。苔ですな。

2013 04 27_1151.jpg
池に映る景色がまた美しい。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

内臓感覚 − 遠クテ近イ生ノ声

オル太、ついに金沢21世紀美術館にデビュー♪
2013 04 27_0855.jpg
今回は美術館主催「内臓感覚 − 遠クテ近イ生ノ声」への参加。
内外の錚々たる出品作家の中にオル太の名が堂々と!!

作品名は「オルガネラ」(細胞小器官のこと)。
「光庭」と呼ばれる中庭が展示とパフォーマンスの舞台です。
空を切り裂く稲妻。轟く雷鳴。
大地に打ちつける豪雨の中ではじまったパフォーマンス。
複雑に絡み合い、ねじれ、横たわる内臓の中を
細胞たちが食われ、生まれ、蠢きます。
クライマックスにさしかかると、雲の切れ目から光が射し、
それらの姿には神々しささえ宿っていました。

場内は撮影がNGなので写真をお見せできないのがとても残念。

オル太のみんなが出てきてくれたので仲間と一緒に記念撮影。
2013 04 27_1160.jpg
2013 04 27_1162.jpg
やっぱり、こうなる(笑)


●「内臓感覚 − 遠クテ近イ生ノ声
金沢21世紀美術館(展覧会ゾーン、レクチャーホール)
出品作家 ルイーズ・ブルジョワ(アメリカ/フランス)/
     長新太(日本)/
     ナタリー・ユールベリ&ハンス・ベリ(スウェーデン)/
     加藤泉(日本)/ 草間彌生(日本)/
     アナ・メンディエータ(アメリカ/キューバ)/
     中川幸夫(日本)/
     サスキア・オルドウォーバース(英国/オランダ)/
     オル太(日本)/ ピピロッティ・リスト(スイス)/
     志賀理江子(日本)/ ビル・ヴィオラ(アメリカ)/
     渡辺菊眞(日本)
2013年4月27日(土)〜2013年9月1日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
       月曜日休場(休日の場合その直後の平日。
       ただし、4月30日、8月12日は開場)
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=19&d=1601

オル太によるパフォーマンス
金曜、土曜、日曜、祝日の開場時間中
(荒天時および予期しない理由で中止・休止することがあります)

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする