2013年11月29日

横須賀トンネルめぐり(その2)

横須賀トンネルめぐりはつづきます。
観音崎を出るとすぐ通るのは走水トンネル。
2013 11 16_6196.JPG
明治十何年かに掘られたかなり古いトンネルだそうです。
細いトンネルなので自動車は一方通行です。
2013 11 16_6197.JPG
ところがトンネルの途中で歩行者と遭遇!
こんな細くて暗くて長いトンネル、歩いて通るの怖そう!!

次に向かったのは横須賀市街の向こう側にある田浦。
JR横須賀線田浦駅の裏手(海側)にあって、
田浦駅と港を結んでいた線路が道路上に残っています。
2013 11 16_6207.JPG
歩道上(車道の海側)で線路は途切れていますが、
Y君によれば数年前まで車道にも線路が残っていて、
写真の奥にちらりと見えるトンネル内部まで続いてたそうです。
2013 11 16_6209.JPG
こちらはさきほどとは反対側(車道の駅側)。
ゆるいカーブを描く線路はかつて田浦駅まで続いていました。
藪の中にまだ線路が残っているようでしたが、
あまりに藪が深くてその先には行けませんでした。

2013 11 16_6213.JPG
再び海側の歩道に戻って見つけたのが、この垂直に交わる線路!
阪急の西宮北口を知らない私は
十字の平面交差を見るのは初めてです! 感動!
テレビには出てませんでしたが、十字の交差は二箇所ありました。
2013 11 16_6222.JPG
ふと顔を上げるとずいぶん古い倉庫。
いまも使っているんでしょうか?

2013 11 16_6226.JPG
さらに逗子方向へ走るとこんなところに分岐する線路が!
ポイント部分が見られるかと思い近づいたのですが、
肝心の交差部分は線路が撤去されていました。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

横須賀トンネルめぐり(その1)

「タモリ倶楽部」の「横須賀トンネル天国を行く!!」
(2013年10月5日・12日放送)に触発されて、
Y君と私も横須賀のトンネルをめぐることにしました。
こんなアホな企画に同行してくれるOさんを加え、
不思議な三人でイザ出発!
2013 11 16_6138.JPG
真っ先に出かけたのは観音崎。
めざすはこの公園のどこかにある素掘りのトンネル。
煉瓦の坑門を構える観音崎トンネルを抜けていきます。

2013 11 16_6148.JPG
「ここじゃないか?」Y君が指差したのは、このトンネル。
入口のスイッチを押すと三分だけ電気が点きます。
でも壁面にはなにやら板が打ちつけてあってちょっと違いそう。
いったん戻って山の中をさまよい歩きます。

たどりついたのは、さきほどのトンネルの反対側の出口。
2013 11 16_6161.JPG
「やっぱ一応通ってみようよ」というY君について行くと……
2013 11 16_6167.JPG
なんと、途中から素掘りになってました!!
三浦半島の地層も丸見え! すげーグッド(上向き矢印)
2013 11 16_6169.JPG
東京湾に突き出ている観音崎は軍事上重要な場所で、
江戸・明治期の砲台が残っていたり、
いまも海上保安庁や防衛省の立て看板があちらこちらに。
そんな場所柄だからか、トンネルの中に
隠し(?)弾薬庫もありました。

さらに海側に向かうとまたひとついい感じのトンネルがあります。
2013 11 16_6172.JPG
2013 11 16_6177.JPG
うおっ、こちらも素掘りのトンネルだよ、すげえなおぃ!
2013 11 16_6180.JPG
出口なんか、坑門まで素掘りのまんま。
こりゃ、ものすごいトンネルに出会いました〜♪

2013 11 16_6188.JPG
海の向こうに見えるのは房総半島。
八キロほど離れていますが、すぐ目と鼻の先という感じ。
2013 11 16_6194.JPG
こちらの洞窟は聖武天皇のころの由来があるそうで、
近くの看板によると、この前の海岸で弟橘媛が入水したとあります。
あまりに昔のことで本当だかなんだかわかりません。

そしてY君が走らせる自動車はもう一つの目的地、田浦に向かいます〜

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

まんちゅーライブ

まんちゅーさんのライブに行ってきました〜!
正しいアーティスト名は、"Monday Tuesday".
シンガーソングライターmomokoさんの一人ユニットです。
MTとかじゃなくて、まんちゅーと略すのが日本的(笑)
2013 11 09_5905.JPG
今年のまんちゅーは積極的な活動をしてました。
4月には五年ぶりの新曲「理由」を発表し、
ライブも1月、4月、7月、11月と四回開催。

前三回と同様、今回も会場は代官山の「晴れたら空に豆まいて」。
ライブのタイトルが「木漏れ日の歌」ということもあり、
一曲目は「木漏れ日の果て」。しっとりと落ち着いた曲です。
ライブでは元気な歌、陽気な歌を選曲する傾向にありますが、
個人的にはまんちゅーの醍醐味は暗い歌(笑)だと思い込んでるので、
来年はライブで暗い歌も聴けるようになるといいなーなんて!


●こちらでデモ曲をダウンロードできます!
http://monstar.fm/monday_tuesday/
posted by ひろとも at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

神奈月祭2013

きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」ではじまりました!
神奈月祭2013 in 新宿FACE大会」!!
昨年に引き続きリング会場での開催です♪
2013 11 09_5908.JPG
きゃりーぱみゅぱみゅは、口パクだったのですが、
雰囲気とダンスがかなりイケてました。
2013 11 09_5926.JPG
四人のダンサーたちも美しいダンスを披露。
先生も恥じらいを捨てて(?)がんがん踊っていたので、
若手ダンサーの中にしっかりなじんでました!!(笑)
2013 11 09_5911.JPG
ものまねロングブレスでは「木戸愛からの木戸修」も登場!
これって前回のトークライブで
Oさんがリクエストしたネタじゃないですか!?
偶然かもしれませんが、勝手になんだかうれしいです!!

後半戦は恒例の神奈月プロレス。
休憩中にロープを張って本格的なリングで再開です。
2013 11 09_5942.JPG
なんとここでも木戸修登場! うれしい!!
わしらが木戸修を押し続けた甲斐があったというものです。
アンドレ・ザ・ジャイアントとの対戦は見事脇固めで勝利!

そしてついにゲストのレスラー登場。
ケニーオメガと福田洋のお二人。
2013 11 09_5955.JPG
この二人が神奈月そっちのけで一瞬マジのレスリングを展開。
本物はスピードとキレが断然違いますね。
会場の空気がリング中央に吸い寄せられました。
2013 11 09_5959.JPG

そしてスペシャルゲストにはなんと天龍源一郎!
2013 11 09_5975.JPG
さすがにまともに闘ったら、われらが ネ申 も勝てやしませんから、
リング上では黒パンツ当てクイズで対戦。
このクイズも天龍はガチで勝負に挑みます。
ジャンボ鶴田など自力で三人も正解を奪取してました。
最後の<軽い>チョップ痛そうだった。汗、飛び散る!

2013 11 09_5986.JPG
最後に出演者勢揃いで武藤のポーズ!
楽しい三時間はあっという間に過ぎたのでありました。

2013 11 09_5988.JPG
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

アートな秋の一日

台風が去ってどうにか雨も持ちこたえた秋の日、
昼に「シブカル祭。」のホナちゃんのめちゃくちゃキュートな
ダンスパフォーマンス「ホナガヨウコ×アトリエドゥサボン」見て、
東京ミッドタウンで「Salone in Roppongi」を見ました。
2013 10 19_5766.JPG
2013 10 19_5746.JPG
2013 10 19_5755.JPG
nendoのインスタレーションがふわふわしててきれいだった。

最後に増上寺の「天祭一○八」で川尾朋子さんの書を見ました。
2013 10 19_5770.JPG
」……ド迫力でした。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

台風一過

少し前のことですが、台風26号はたいへんでしたね。
被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます。
2013 10 16_5789.JPG
都内も一夜明けてこの通り。

2013 10 16_5787.JPG
キンモクセイもこんなに散っちゃって……。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

大相撲九月場所

ことしは両国での大相撲は制覇しようと試みていて、
九月場所はその総まとめ的な観戦となりました。
2013 09 29_5441.JPG
初場所は初日、五月場所は中日に見ましたので、
九月場所はついに千秋楽!
千秋楽を生で見るのははじめてなのでテンションあげあげ!
2013 09 29_5443.JPG
チケットとってくだすったみついさん!
本当にありがとうございました!

三回目ともなれば、一日の流れなどもつかめてきて、
まずはお昼に地下で振る舞われるちゃんこ鍋!
2013 09 29_5445.JPG
一杯250円というお得なお値段。しかもうまい!

そして三回目だからこそ落ち着いてできるようになった
幕内力士たちの「入り待ち」(笑)
2013 09 29_5485.JPG
幕下や十両の取り組みをそっちのけにしてしまうという
思い切りが三回目になると出てきます。
2013 09 29_5464.JPG
こちらはことし一押し力士の勢(いきおい)(左側)。
なかなかのイケメン力士。なのに化粧まわしは
サイバラ画伯の漫画というギャップがまたニクイ(笑)

2013 09 29_5556.JPG
千秋楽だから見られる光景、表彰式。
だけど白鵬の優勝は十四日目に決まっていたので、
誰が優勝するかという楽しみは当日はありませんでした。
得るものもあれば、失われるものもあるわけで。
2013 09 29_5564.JPG
優勝力士のインタビュー。
スクリーンショット 2013-10-26 9.51.19.png
そして優勝パレード。
帰りに食べたちゃんこがうまかったー。
うん、やっぱ千秋楽は良いな!


posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

ドキニンゲンをつくろう!

オル太の展示「みぎわのニンゲン」のワークショップ
ドキニンゲンをつくろう!」に参加してきました。
このイベントは「Hibino on side off side-日比野克彦展」の
関連展示・イベントとして川崎市岡本太郎美術館で開催されました。
2013 09 14_5259.JPG
立て看板に誘われて美術館の中へ。
20130914olta_edited-2.jpg
はじめにオル太のみなさんからのガイダンスがあって、
ワークショップの段取りや制作のしかたの説明があります。
2013 09 14_5318.JPG
その後、各自の制作に移ります。
すでにいくつか制作されていた針金の骨組みに
粘土を巻き付けたり、塗りつけたり、くっつけたりしながら
ドキをつくっていきます。
2013 09 14_5324.JPG
できました〜! ひろとも作「ドキフンドシ」。
久しぶりに再会した貝爺の前でパチリ。
でかいので強度にやや不安(笑)
2013 09 14_5330.JPG
こちらはみつこ作「ドキブレスレット」。
色合いがなかなかおしゃれです。
2013 09 14_5339.JPG
ひととおり出来上がったら屋外にて撮影タイム。
Jang-Chiさんに写真撮ってもらいました。

みぎわのニンゲン」映像作品もとても良かったです。
オル太初の水中での演技と撮影。新しい世界が切り拓かれました。

2013 09 15_5314.JPG

●「Hibino on side off side-日比野克彦展」と
関連展示「みぎわのニンゲン」の会期はいずれも終了しています。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする