2014年04月25日

走れ!バカップル列車 第59号 津軽線・江差線(後編)

まさに「津軽海峡・冬景色」な感じの津軽線・江差線の旅。
少年とのひとときが楽しすぎて、蟹田で危うく乗り過ごすところでした。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第59号 津軽線・江差線(後編)

蟹田からは特急「スーパー白鳥25号」で今夜の宿、函館へ。
20140208_182951.jpg
3月の改正で廃止された海峡線の知内駅を通過。
疾走する特急列車からは駅名標も矢のように走り去ってしまいます。

20140208_8288m.jpg
函館駅に到着した「スーパー白鳥」。はるばるやって来ました。

さて、翌朝は函館を一番に発車する江差線に乗車。
20140209_8151m.jpg
江差行きのサボ。函館〜江差間のものですが、
木古内〜江差間の列車にも、このサボがかかってました(笑)

20140209_8063m.jpg
ディーゼルカーの車内。列車はこの一両だけで走ります。

20140209_194644.jpg
上磯付近からは函館湾が見えてきます。向かい側は函館山。
かつて嫁みつこが「あの島、なあに」といい、思わず絶句した函館山。

20140209_194849.jpg
渡島当別からは函館湾を出て、津軽海峡になります。
函館山(右奥)も見える角度がだいぶ変わってきています。

20140209_232418.jpg
木古内駅到着。上り函館行きとすれ違います。
右手に壁のように建っているのは建設中の新幹線木古内駅。

20140209_223904.jpg
稲穂峠へ続く峠道。
雪に覆われた急勾配をエンジンを唸らせて登ってゆきます。

20140209_195526.jpg
湯ノ岱駅で運転手が受け取ってきたスタフ。
革のホルダーにスタフと呼ばれる通票が入っています。

20140209_225200.jpg
峠を越えると上ノ国まで、天ノ川に沿って走ります。
天ノ川って名前がいいですねぇ。「ノ」だけど。

20140209_222444.jpg
江差駅に到着。誰もいないホームで雪を掃く駅員。

20140209_8126m.jpg
江差駅の駅舎。駅は町外れの丘の上にありました。

20140209_222644.jpg
臨時開館していて運良く入れることになった開陽丸。
20140209_225023.jpg
甲板にも登らせてもらいました。走りまくります。

20140209_224858.jpg
木古内に戻ってきました。
青森まで特急「白鳥28号」に乗車。いまや貴重な485系です。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第59号 津軽線・江差線(後編)

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする