2014年06月06日

両国駅幻のホーム

お相撲を見に両国駅に来たときのこと、
幻のホームへの通路が開放されていたので、
思わず寄り道してしまいました。
20140525_4960-2.jpg
ふだんはシャッターが閉められている入口が開いていて、
なんとレッドカーペットまで敷いてあるではありませんか。
20140525_4959-2.jpg
なんでも両国駅開業110周年を記念して、
両国駅歴史展」なるものが開催されていたのです。
在りし日の両国駅が写真付きでくわしく解説されていました。
20140525_4962-2.jpg
レッドカーペットのその先の階段を登ると、
そこはふだんは使われていない3番ホーム!
(ホームには入れませんでした)
このホームはかつて両国駅が総武本線の始発駅だったころの名残です。
黄色い電車(中央・総武線各駅停車)に乗っていると
両国はただの中間駅に見えますが(現にいまはそうなっていますが)、
東京駅地下に総武線ホームができるまでは、
両国駅が房総方面の急行列車の始発駅だったのです。
20140525_4969-2.jpg
ホームの屋根も古いレールを加工した風情あるつくり。
そんな歴史など知るよしもない新型の通勤電車が
すぐ脇の各駅ホームを素知らぬ顔で行き来していました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする