2014年07月08日

トーキョー・ストーリー2014(オル太)

トーキョーワンダーサイト本郷(文京区)にて
TWS クリエーター・イン・レジデンス成果発表展
トーキョー・ストーリー2014 第2期

が6月14日から開催されています。
オル太ほか6組のアーティストが滞在の集大成を発表しています。

オル太は昨年10月から今年1月はじめまでベルリンに滞在、
期間中、ベルリン周辺、オシフェンチム(ドイツ語名アウシュビッツ)・
アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所、
プリピャチ(チェルノブイリ発電所近隣都市)・
チェルノブイリ原子力発電所、キエフなどを巡り、
GHOST OF MODERN」と題して、
映像、絵画、パフォーマンス衣装、造作物などを統合した
インスタレーションとして作品を展示しています。
20140614_5224.jpg
展示作品の全体像。天井から吊されている亡霊
(パフォーマンス衣装)が圧倒的な存在感で迫ります。
正面の壁に映し出される37分の映像作品。
その舞台はベルリン、アウシュビッツ強制収容所、
チェルノブイリ原子力発電所と移っていきます。

20140614_5227.jpg
GHOST OF MODERN MAP
作品世界を一枚に描きだしたもの。

20140614_5228.jpg
作品はベルリン、アウシュビッツ、チェルノブイリの
三つにゾーニングされ、それぞれのゾーンにちなんだ
絵画が展示されています。亡霊もそのゾーンの映像に
多く登場する亡霊が近くに佇んでいます。
作品鑑賞用の椅子、絵画展示用の台などは鉄製で、
そのサイズ、高さなどは作品に由来のある
事件が起きた年号から決められています。
20140621_5259.jpg
各ゾーンには地図を模した黒いマットが敷かれています。
部屋に対して少し斜めに敷かれているのは
東西南北の方向に合わせたため。
ちなみに地図を描く刺繍はすべてお手製。

20140613_5194.jpg
アートドキュメンタリストの安齋重男さんが
オル太メンバーを激写。この日来場してたのは
井上、梅田、川村、長谷川の四名
(斉藤、メグ忍者、Jang-chiは韓国滞在中)。

20140613_5266.jpg
嫁みつこも来て一緒に映像作品を鑑賞しました。

20140621_5253.jpg
初日から一週間を経て開催されたアーティスト・トーク。
オル太からは斉藤さんが韓国から一時帰国して
クールに作品解説してました。


TWS クリエーター・イン・レジデンス成果発表展
トーキョー・ストーリー2014 第2期
会期:2014年06月14日(土) - 2013年07月21日(月・祝)
   月曜休館(7月21日は開館)
時間:11:00 - 19:00
会場:トーキョーワンダーサイト本郷
  ※トーキョーワンダーサイト渋谷でも
   別アーティストの作品が同じ会期で展示されています。
http://www.tokyo-ws.org/archive/2014/05/h0614.shtml

文中敬称略で失礼しました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする