2014年11月08日

オル太+斉藤隆文@COVERED TOKYO: Hikarie, 2014

オル太とそのメンバーの一人、斉藤隆文さんの映像作品が
渋谷ヒカリエ8階で上映されています!
オル太は二回目の COVERD TOKYO です。

20141106_6668.jpg
オル太の映像はふたつあり、ひとつは「Lion Dance」!
21世紀の獅子舞やシャーマンたちの行列がソウルの街を練り歩きます。
20141106_6676.jpg
ラッパを吹いたり、太鼓を叩いたり、とにかくにぎやかです。
突飛な出で立ち、不思議なリズム、それだけでテンションもあがります。

20141106_6681.jpg
もうひとつは「私は韓国が好き、韓国も私が好き:
バラなしには我々はそれをしない
」という作品。
前半はソウルと東京で同時刻に行われたデモ行進、
後半はソウル繁華街の壁画プロジェクトに参加した様子を写したもの。
「仲良くしよう」というまっすぐな言葉が心に響きます。

オル太はことしの春から夏にかけて韓国に滞在していて、
これらはいずれも滞在中に制作したもの。日本初公開です。
しかも「Lion Dance」はユ ビョンソ(Byungseo Yoo)率いる
未完成プロジェクトとのコラボレーション。

20141106_6686.jpg
オル太のメンバーでありながら、今回ソロで出品する
斉藤隆文さんの映像は「焼けてけっこう」。
ユ ビョンソさんとの二人展「犬が西向きゃ尾は東
(吉祥寺 Art Center Ongoing)でも上映されました。
燃えている金閣寺のキャラクターが早朝の新宿を彷徨い、
線香でできた零戦を燃やし路上に置きます。
その新宿南口の歩道橋はことし6月、
集団的自衛権行使に異議を唱える男が焼身自殺をはかった現場。
そして金閣寺、燃える、といえば三島由紀夫。
いっけんゆるキャラにも見える金閣寺君ですが、
じつは強烈なメッセージを放っています。

COVERED TOKYO: Hikarie, 2014の会場では、ほかに
友政麻理子、鈴木光、斎藤玲児、地主麻衣子の作品も上映されています
(敬称略でごめんなさい)。
20141106_6664.jpg
個人的には友政さんの「お父さんと食事」が好きです。
友政さんご本人が、見知らぬ台湾のおじさんと食事をするんですが、
その食事中だけお父さんと娘になりきっていろんな会話をします。
日本語だったり、中国語だったり、英語だったり。
ふたりで笑ってるのにじつは会話がかみ合っていなかったり(笑)。
カメラワークや編集もなかなか凝っていますが、なにより
異国の見知らぬ人と擬似親子になるという発想が光ってます。

会期は11月10日(月)までなので、このお休みにぜひ渋谷ヒカリエへ。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする