2015年01月30日

2015年賀像

みなさまいかがお過ごしでしょうか?
2015年も早くもその12分の1が過ぎようとしていますが、
ことしも恒例の年賀像をご覧にいれます。

枚数は4枚ですが、撮影したのはたった3か所。
ここんとこ不作が続いています。

20140209_1681.jpg
●江差線普通列車●江差駅●2014年2月9日
2014年5月12日に木古内〜江差間が廃止されてしまった江差線。
その終着駅、江差での一枚。


20140209_1676.jpg
●江差線普通列車●江差駅●2014年2月9日
江差駅でもう一枚。車両の反対側からのショット。
ホームに降り積もった雪を駅員さんが掃いてくれてました。
いまはもう、この駅に列車は来ません。


20141101_0780m.jpg
●三陸鉄道北リアス線普通列車●久慈駅●2014年11月1日
4月に全線復旧した三陸鉄道。北リアス線、南リアス線をめぐる旅は
この久慈駅からはじまりました。
「あまちゃん」では北三陸駅として登場します。


そして、こちらが採用年賀像!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

西村佳也「可不可」展

コピーの師匠・西村佳也さんが
俳句の展示をしてたので行ってきました。
20150117_7571.jpg
ところは代々木の片隅にある、とあるバー。
西村さん、すでにカウンターの中に立ってます。
師匠に生ビール入れてもらう日が来るとは思ってませんでした(笑)

句集を売ってたので買いました。『可不可・西村佳也句集』
20150117_7569.jpg20150117_7570.jpg
せっかくなんで、サイン書いてもらいました。
なにか一言書いてって頼んだら、渋るんだけど、
「『なにも足さない。なにも引かない。』でも
『異口同飲』でもなんでもいいんで」といったら、
じゃあってんでその場で「一句同飲」って考えて書いてくれました。

20150117_7568.jpg
店内には、俳句や句にちなんだ文字を記した書たちが展示されています。


まさぐれどただやはらかき春の闇

種馬の太りて夏草は烈し

湯けむりの中で男は男かな

胸の奥に崩るるものや雪明り


読むのも恥ずかしいけど、
読まれるのはもっと恥ずかしいんだろうなあ。

小さなスケッチブックを渡されて「何か書け」。
しかたないので書きました。
20150117_7565.jpg

posted by ひろとも at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

メゾンオルテ

お友だちのカオリンは本職は音楽家ですが、
実業家としての顔も持っています。
今回、都内にステキな賃貸用住宅を建てたというので
みつこさんと二人で見学に行ってきました。

20150110_0783w.jpg
こちらがこのたび竣工した「メゾンオルテ」。
単身者向けのワンルーム×2世帯(1階)、
ファミリー向けメゾネット×2世帯(2階・3階)。
ワンルームとメゾネットの上下の組み合わせが
シンメトリーに左右に並んで合計4世帯。玄関はすべて1階にあります。
外観、内装のイメージはすべてカオリンが考案したもの。
イラストなどを描きながら建築士の方たちと相談して決めたそうです。
はっきり言って、賃貸用住宅とは思えないクオリティ。
20150110_0787w.jpg
こちらは裏側(居室側)。とても陽当たりがいいです。

●2階・3階メゾネット
20150110_0760.jpg
2階リビング。公開見学会なので宣伝用のボードがありますが、
明るくて開放的なリビングです。
窓の左右の壁には「エコカラット」というデザインタイル。
湿気を調節してくれたりします。
20150110_0751.jpg
キッチンはガスコンロ。後ろ側にも収納がついて大容量。
うすいピンクというのもなかなかおしゃれ。
2階にはこのほかに来客用にもなる広々としたトイレがついています。

すごいのが1階、3階につながる階段部分。
20150110_0756.jpg
20150110_0759w.jpg
カーテンがついていて、
こうして閉めると冷暖房効率が格段に良くなります。

20150110_0749.jpg
2階と3階をむすぶ階段。

20150110_0741.jpg
こちらが3階の寝室。窓が大きくて明るいです。
はしごを登ったところはロフト。
収納とか、ちょっとした趣味の部屋に使えそうです。
ウォークインクローゼットも広いです。

20150110_0744.jpg
お風呂に窓がある〜 私にとってポイント高いです(笑)
3階にはバス・トイレ(住人用)・洗面などが揃っていて
パブリックの空間、プライベートの空間が
2階、3階とできっちり分けられています。

●1階ワンルーム
20150110_0781.jpg
玄関を開けると居室につながる廊下とキッチン。
こちらのキッチンもおしゃれなレモン色。コンロはIH。

20150110_0761.jpg
バス・トイレ・洗面が一体となったスペース。
単身者向けならではの空間です。

20150110_0763.jpg
隣家の2階につながる階段の下を利用した収納部屋。
といっても、なぜか机としてつかえそうな棚が。
収納というより、ここにこもって
パソコン作業するにはちょうど良さそう。
隠し部屋みたいで楽しいじゃん。
そういうと、
「男ってなんでこういうところが好きなのかしらね〜」
とカオリン。ほかにも同じようなこという人がいたようです。

20150110_0773.jpg
1階の居室。二方に窓があって陽当たりも良いです。
窓の外をみながら語らうカオリンとみつこ。

●メゾンオルテ
北区田端新町2丁目、みずほ銀行尾久支店の近くにあります。
ここに住みたい! という方はカオリンまでご連絡ください。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

書き初め?

年が明けて、笹生八穂子さん主催の
煎茶道美風流文人趣味茶会@西麻布」に参加してきました。
20150108_0731-2_edited-1w.jpg
家元美風先生、藤風先生ご指導のもと、
お茶を飲んだり、花を生けたり、墨で文字や絵を描いたり。
いろんな人たちとわいわいやりながら、とても楽しい時を過ごしました。
20150108_7527w.jpg

ここで書いたものが私にとっての書き初め。
ことしの意気込みをひとつ……
20150111_0807_edited-1w.jpg
まあ、こんな感じで(笑)

20150111_0791w.jpg
こちらの大作は、家元の美風先生が描いた絵に
私がそれにちなんだ文字を書くという手順でできました。
美風先生がかぶらの絵を描いたので、こんな文字が。
「驚いたなぁ」と先生からおほめの言葉(?)をいただきました。
やけに前向きなことを書いてしまったので少し反省しています
(もちろん上場する気などさらさらありません)。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

走れ!バカップル列車【番外】三陸グルメ2014

全線復旧三陸鉄道の旅では、おひるを食べ損ねたりもしましたが、
おいしいものもたくさんいただきました。
20141101_6526m.jpg
これが伝説の「志むら寿司」極上にぎり。
いままで食べたお寿司の中で
いちばんうまいといっても過言ではない味。
どれもネタが新鮮でぷりぷり。
ネギトロが大トロってどういうことよ!?

20141102_6539.jpg
途中立ち寄った「道の駅やまだ」で売られていた
激安の鮭の切り身と、洗面器サイズのいくら。

20141102_2833.jpg
二日目のお昼は釜石の「まんぷく食堂」。
「まんぷく食堂」で食べたいがために
お昼時に釜石を通るような旅程を組みました。
写真はみつこさんのイクラ丼。
20141102_6553.jpg
同じく釜石の「まんぷく食堂」。
こちらは私が食べたあわび海の小判丼。
あわびもイクラも絶品でした。

20141102_6566m.jpg
気仙沼のお宿では晩ごはんにふかひれの姿煮。
ふかひれもぷりぷりな味わいでしたが、
味付けもくせがなくて美味でした。

20141103_2863m.jpg
気仙沼でお昼。おさかな市場の食堂にて。
これでもかこれでもかと旬のイクラを食べまくります。

20141103_6591m.jpg
三日目の夜ともなると、しばらく海鮮ものはいいね(笑)
ということになり、仙台で牛タン。
私の姐御が「牛タンは『喜助』よ」というので、
駅ビル内の「喜助」にいきました。
今回は姐御に会えなかったので、次回は会いたいなー。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

すこしふしぎフェス2014

昨年末のことになりますが、
detune.(でちゅーん)さんたちの
音楽コラボ祭『すこしふしぎフェス2014』にいってきました。

次世代たんきゅんとして今後が注目される
たんきゅんデモクラシーがいちばんのお目当て。
20141230_0628.jpg
新たな中学生(?)のくるみちゃん、それいゆちゃんが
制服も一新してお目見え。『清く正しく』など二曲を披露。
たんきゅんデモクラシーはくるみ、それいゆの他に
すずり、はんしというメンバーもいるのですが、
寒いので急遽欠席になってしまいました。
20141230_0630.jpg
初々しい二人が歌う舞台の袖で、
母のように二人を見守るまゆたんの姿がとても印象的。
20141230_0637.jpg
無事、初舞台を終えて「ハイ、たんきゅん♪」
まゆたんが二人をあたたかく見守っています。

20141230_0645.jpg
その後、なんとまゆたんとごーきゅんさんとが
初代たんきゅんの「サボッタージュ」を熱唱。
とても初共演とは思えないほど息がぴったり!(笑)

20141230_0650.jpg
おどろいたのが木下美紗都さん。
失礼ながらお名前はすっかり忘れてしまってたのですが、
涼しげながらも強い光を放つ瞳。
その目をみて、すぐに思い出しました。
2013年2月にホナちゃんの舞台で共演してた歌い手さんです。
ホナガヨウコ × 木下美紗都『君の知らない転び方』
透きとおるような歌声に酔いしれました。

はじめて出かけたすこしふしぎフェスですが
detune.さんたちかなりすごい。機会があったらまた行きたい!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

走れ!バカップル列車【番外】みつこ顔ハメ写真

タモリ倶楽部に触発されるまでもなく、
みつこは顔ハメ写真を撮るのが前から好きでした。

昨秋の三陸旅行でも、顔ハメ撮りを各所で敢行!
数々の作品が誕生しました(といっても数枚ですが)

20141101_0756tm.jpg
八戸三社大祭の虎舞の顔ハメ(八戸駅にて)

20141101_0768m.jpg
三陸鉄道とあまさんとなまはげの顔ハメ(久慈駅にて)

20141101_0769m.jpg
久慈駅前にてもう一つ! 北限の海女の顔ハメ(久慈駅にて)

20141101_0776m.jpg
久慈駅でひっぱる! 北三陸鉄道、潮騒のメモリーズ顔ハメ。
もう顔だけじゃないんだけど(久慈駅にて)

20141101_0788m.jpg
志村けんと白鵬に囲まれて顔ハメ(島越駅にて)

20141102_6547m.jpg
顔ハメじゃないけど、もう一枚。
ドラえもんのタイムマシンに乗って(大槌町「マスト」にて)

みつこの顔ハメはこれからもつづきます。乞うご期待!!

posted by ひろとも at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

お正月2015

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

ことしのお正月もお雑煮、お節、お寿司、
好きなだけいただきました。
20150102_0667.jpg
お雑煮
20150101_0665.jpg
お節
20150102_0713.jpg
お寿司
20150102_0707.jpg
みつこ割烹着
20150102_0693.jpg
お正月は私も着物にしました。

ことしもなんの目標もなくだらだら過ごしたいと思います。

あ、仕事はちゃんとやります!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

走れ!バカップル列車 第65号 大船渡線・気仙沼線BRT

三陸の旅の締め括りは、バカップル列車初のバス。
大船渡線・気仙沼線のBRTに乗りました。
JR鉄道路線の仮復旧として登場したBRTのいまに迫ります。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第65号 大船渡線・気仙沼線BRT

20141103_113718tm.jpg
三日目の朝は気仙沼港からはじまりました。
20141103_0854tm.jpg
旋網(まきあみ)漁船がずらり。いわき、入善、境港、沼津……
全国の漁船がここ気仙沼に集結しています。
20141103_6581m.jpg
こちらはサンマ漁船。メカニックな感じが萌えますな。
20141103_113800tm.jpg
港の向かいの丘でひときわ目をひく気仙沼女子高校の校舎。
体育館がはみ出て乗っかってるのがなんとも気になる(笑)
20141103_113916tm.jpg
プレハブの商店街が賑わってる一方で、
津波で流されたあと更地のまま残ってる土地も目立ちます。

気仙沼から柳津までは気仙沼線BRTに乗車。
20141103_114018tm.jpg
かつての気仙沼線の線路跡を利用してつくられた専用道路。
バス一台分の幅しかありません。
20141103_114131tm.jpg
専用道路区間でバス同士が向かい合ったときは
ところどころ設けられた広くなってる場所ですれ違います。
遮断機と信号があって、衝突しないような工夫がなされています。
20141103_114258tm.jpg
気仙沼線の途切れたコンクリート橋。
こうなってしまうと復旧にはかなりの資金と労力を必要とします。

20141103_114604tm.jpg
南三陸町(志津川)の防災庁舎。
津波被害を受けた建物はほとんどが解体されましたが、
これだけはぽつんと残されています。
観光バスが何台か近くに停まっていました。
20141103_114729tm.jpg
BRTの志津川駅は南三陸さんさん商店街の横にあります。
震災後、消防署跡地につくられた仮設商店街です。
20141103_115027tm.jpg
気仙沼線跡の陸橋をBRTバスが走ります。
志津川湾のいい眺め。かきの養殖筏がいくつも並んでいます。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第65号 大船渡線・気仙沼線BRT

posted by ひろとも at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第64号 全線復旧三陸鉄道(南リアス線)

まだまだ続く三陸鉄道の旅。
いよいよ三陸鉄道南リアス線(釜石〜盛間)に乗ります。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第64号 全線復旧三陸鉄道(南リアス線)


0120141103_115935tm.jpg
宮古からバスを乗り継ぎ、釜石に着きました。
「津波避難場所」に指定されている高台からみた市街地と港。
0220141103_120004tm.jpg
避難通路はてんとう虫のサンバ状態。みつこの顔にもてんとう虫。
1120141103_120056m.jpg
甲子川を渡る橋にて。街灯のてっぺんで休むウミネコ。

0320141102_0827m.jpg
三陸鉄道釜石駅。待ちに待った南リアス線です。
0420141102_112552tm.jpg
発車してまもなく渡る甲子川の鉄橋。
ほんの一キロの間に右岸から左岸へ、そしてまた右岸へ。
くねくねと同じ川を二度渡ります。
0520141102_112804tm.jpg
途中駅の甫嶺(ほれい)。ここも被害の大きかった区間。
線路の右側にだけ住宅があるのは、
三陸鉄道の盛土が防潮堤の役目を果たしたからだそうです。
もともとは左側にも町がありました。
0620141102_112917tm.jpg
恋し浜の待合室。願い事が書かれたホタテの貝殻が吊されています。
ホタテの養殖と同じように吊されているらしい。
0720141102_113211tm.jpg
陸前赤崎を出るとS字カーブで盛川を渡ります。
0820141102_113259tm.jpg
終着、盛駅に着くところ。
左側ガードレールの向こうはJR大船渡線BRTの専用道路。
かつてあったJRと三陸鉄道の連絡線はポイントの先で途切れています。
0920141102_0838tm.jpg
盛駅に到着したディーゼルカー。これは36-105という車両で、
震災時トンネル内で急停止したまま三か月間置き去りになりました。
ほんの数分差で甚大な被害を免れたことから、
「奇跡の車両」とも呼ばれています。
1020141102_113601tm.jpg
盛駅の三陸鉄道のホームの反対側は、JR大船渡線BRTの発車ホーム。
バスは発車直前にならないとホームに入ってこないので、
乗客は長いこと寒空の中、待たされることになります。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第64号 全線復旧三陸鉄道(南リアス線)

posted by ひろとも at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第63号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・後編)

三陸鉄道の旅の続きです。
島越駅は高架橋も駅舎もすべてが流失し、
三陸鉄道でも被害がもっとも大きかったところ。
タクシーを呼んで鵜ノ巣断崖にも行ってきました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第63号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・後編)

0120141101_2796tm.jpg
島越駅ホームからの眺め。
百軒近くあった住宅はことごとく流されました。
0220141101_110740tm.jpg
高架橋の代わりに巨大な盛土で復旧された三陸鉄道の線路。
盛土といっても頑丈なコンクリート製です。
写真右上に写っているのは島越で二軒だけ残った住宅。
高台にあったため難を逃れました。
0320141101_0801tm.jpg
盛土を反対側(海側)から見上げたところ。
ここまで完成させるのに三年の歳月を必要としたのです。

0420141101_6517m.jpg
鵜ノ巣断崖。水墨画のような絶景。知る人ぞ知る景勝地です。
ただし海面は250メートル下。足もと注意です。

0520141102_111302tm.jpg
宮古で一泊した次の日は、バスで釜石へ向かいます。
国道沿いには赤さびに覆われた山田線のレール。
内陸部では被害がほとんどみられない区間も多いのです。

0920141102_112013tm.jpg
山田町の中心市街地を走ります。
写真は東北一帯に幅をきかせている「薬王堂」。
1120141102_112249tm.jpg
山田町は、町ぐるみで高台に移転ということはせずに、
かつて町があったところに復興の兆しがあります。
オレンジ色の看板は仮店舗などの場所を示すもの。
「→郵便局」といった案内があちこちにあります。
1020141102_112352.jpg
作りかけのピラミッドのような土の山ができているのが
2014年以降の特徴ある風景。地盤かさ上げのためでしょうか。

0620141102_111435tm.jpg
バスを途中下車して訪れたショッピングセンター「マスト」。
大槌町にありますが、山田や釜石からもお客さんが来ます。
0720141102_6541m.jpg
秋鮭がどどんと丸ごと売られていました。
都会では考えられない豪快さ。
0820141102_0812tm.jpg
マストの裏山。紅葉がきれいです。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第63号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・後編)
posted by ひろとも at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第62号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・前編)

ちょっと前の十一月のことですが、
昨年四月に全線復旧を果たした三陸鉄道に乗ってきました。
三陸鉄道のほか、JR八戸線、JR大船渡線・気仙沼線BRTなどを
乗り継ぐ三陸縦断326キロの旅です。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第62号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・前編)

0120141101_2759m.jpg
旅のはじまりは八戸線。宿戸〜陸中八木間は海岸沿いを走ります。
この付近は津波被害が大きかった区間でもあります。
0220141101_6512m.jpg
車窓を眺めるアンニュイなみつこ。
0320141101_0767tm.jpg
やって来ました、久慈駅。……のはずが、
なんと北三陸駅になってます!? じぇじぇじぇ!
0420141101_0771tm.jpg
「北三陸」なだけに待合室はほとんど「あまちゃん」一色。
こちらはアキとユイが歌うときの衣装。これ、本物?
0520141101tm_110157.jpg
「あまちゃん」グッズや出演者たちのサインも展示されていました。
0620141101_0773tm.jpg
全線復旧を祝った寄せ書きの手ぬぐい。しかも開業30周年!
三陸鉄道はめでたい春を迎えていたんですね。
0720141101_2779tm.jpg
ホームに出てみると、こちらも「北三陸」!
下に「ほんとうは、久慈駅です。」と注意書きがあります(笑)

さあ、いよいよ三陸鉄道北リアス線(久慈〜宮古間)の旅がはじまります。
0820141101_110320tm.jpg
北リアス線普通列車の車内。ツアー客も乗車して満席です。
0920141101_110415.jpg
十府ヶ浦海岸付近(陸中野田〜野田玉川)。
津波被害で路盤が流失し、線路を敷き直したそうです。
1020141101_2790m.jpg
島越駅着。ここで途中下車します。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第62号 全線復旧三陸鉄道(北リアス線・前編)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする