2015年07月31日

どこにでもいそうなふつうの主婦が刑務所に入るまで(1)

ひさしぶりに法廷傍聴に出かけました。ところは横浜地裁。
なにげなく入室した法廷で思わぬことがおきました。
最初、傍聴席にいたどこにでもいそうなふつうの主婦が
被告人の席に座ったのです。
この事件は道路交通法違反ということで、
軽微な事件だと思っていたのですが、
この主婦、なんとも面妖な過去をお持ちでした。

      *      *      *

平成27年 道路交通法違反

平成27年6月××日 公判(第一回) 被告人質問、証人質問

(1)公訴事実等(その後の公判により明らかになった事実も記載した)
被告人は神奈川県A市在住の四十代後半の主婦。夫、長女、長男、義父と暮らしている。
被告人は平成27年3月30日、自動車運転免許が取消されているにもかかわらず、自動車の運転をした。道路交通法違反(無免許運転、一時停止義務違反)。

20150729003saibankan.jpg裁判官

被告人には前科がある。
一回目は業務上過失致死罪にて罰金刑。発生年月不明。病院の駐車場で高齢女性と衝突し死なせたというもの。被告人には女性と衝突したという認識はなかった。車両には鑑定において傷がないとされたが、事件から五年経ったころに警察から連絡があり、その罪を再度問われ罰金刑となった。
二回目は自動車過失運転傷害罪。平成21年7月発生。交差点を右折しようとしたところ、後から歩行者が追いかけてきて右足を轢かれたと訴えられた。その場で被害者に訴えられたので、なにかが起こったという認識はあるものの右折車の左側から近づいて来た人が轢かれたというのは不自然だと感じた。しかし特に強い反論はせず、罰金刑となった。
二回目の罰金刑の後、被告人の自動車運転免許は取消となった。
三回目は無免許運転。平成23年11月16日発生。
四回目は無免許運転。平成24年3月15日発生。
五回目も無免許運転。平成25年11月27日発生。起訴された。その後、再犯防止のために当時の車両フィアットは廃車とした。初公判は平成25年12月18日であったが、その直前に娘の運転免許取得(予定)を理由にダイハツココアを購入している。
裁判の判決言渡しは平成25年12月27日であり、執行猶予付き有罪判決。
判決言渡し日の前日12月26日に被告人の家族は、B市から被告人の夫の両親が住むA市に転居。偶然同じ日に被告人の夫の母が死去。
今回の公訴事実は、六回目の罪であり、四回目の無免許運転となる。また三回目の無免許運転による刑の執行猶予期間中でもある。

(2)被告人質問
平成27年冬から春にかけて、被告人はとても苦しい時期を過ごしていた。
平成25年冬A市に転居して以来、義父(被告人の夫の父)の介護に追われていた。義父は元学校長であり、頑固であった。右目を失明していて、一時は「要介護3」の認定を受けていたが、退院後は被告人が毎度の食事を用意し、トイレの介助をするなど献身的に介護をした結果、病状等は快復しとても元気になった。ところが平成26年秋に義父の「要介護3」が取り消され、いきなり「自立」となった。以前はヘルパーに頼めていたことが急にできなくなり、忙しさはかえって増えた。なにより義父と四六時中家の中で二人一緒に過ごさねばならないことが重い負担となった。
それに加えて、長女の進学の問題が重なる。長女は当時短大に通学していたが、四年制大学への編入について被告人は長女と口論を繰り返した。もともと長女へ短大を勧めたのは被告人ということもあって、長女に責められることになった。

20150729003hikokunin.jpg被告人

長男は当時中学三年生で、高校受験に忙しい時期でもあった。
このような忙しく苦しい時期にもかかわらず、夫は仕事を理由に自分の親の介護も含めて家庭の問題にきちんと向き合ってくれなかった。
そんな中、友達のもとへ化粧品を届けるためについ自動車を運転してしまった。
現在は夫も家庭を顧みなかったことを反省してくれている(証人質問)。長女は四年制大学に、長男は高校に無事合格した。「それが私はうれしくて……(涙)」


      *      *      *

驚きました。この主婦、過去に人を一人死なせているのです。
話を聞く限り、かなり信憑性に乏しいのですが。
だって傷害過失致死で罰金刑って、ふつうじゃないですよね。
ただ、本当にいろいろな問題が重なっているときに
事件が起きてしまったようで。
(つづく)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷傍聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

二藤建人「私の愛は私の重さである。」

あの二藤さんがまたもや度肝を抜く作品を発表しました。
タイトルは「私の愛は私の重さである。
〜 My weight is love from the earth. 〜
20150728_9523t.jpg
森の中でお尻を丸出ししてる家族写真が送られてきて、
これまた行かざるを得ない状況(笑)になりました。

20150725_9461.jpg
ギャラリーはとてもおしゃれな白い建物。
オーナーの二宮さんの花屋兼ギャラリー兼自宅なんだそうです。
一階の、通りに面した部分全面がガラス窓になっていて、
そこにあのお尻の写真がでかでかと展示されています。
道行く人がおもしろがって写メしたりしてますが、
これも「森の家族」という作品です。

室内には、映像作品、立体作品が9点ほど展示されていました。
「私の愛は私の重さである。」というタイトルのとおり、
地球の重力と愛をテーマにしています。
ちょうど二藤さんもいらっしゃって、
丁寧に作品の解説をしてくださいました。
「地球上にあるものはすべて重力に支配されている。
 人も物理的なことだけでなく、愛や感情までも
 重力に支配されているのではないか」
と二藤さんは語ります。
「愛や感情まで、重力?」と思うかもしれませんが、
私も個人的に思い当たる節があって、
二藤さんの話にひとつひとつ納得がいきます。
とてもたのしい「重〜い」お話でした。

帰り際、ギャラリーの前で記念写真を撮りました。
20150725_9466.jpg
なんだか、ほのぼの。
20150725_9468.jpg
オーナーの二宮さんとお二人で見送ってくださいました。
楽しいひとときをありがとうございました。

●二藤建人「私の愛は私の重さである。」
8月2日(日)まで
florist_gallery N
名古屋市千種区鏡池通3-5-1
http://www.f-g-n.jp
※8月1日(土)19時から二藤さんによる作品解説があります。
お近くの方はぜひ!

●過去の二藤さんに関する記事
http://xupotomo.seesaa.net/article/401132138.html
http://xupotomo.seesaa.net/article/393371456.html
http://xupotomo.seesaa.net/article/344751360.html
http://xupotomo.seesaa.net/article/270955497.html
posted by ひろとも at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

みつこの夏2015

全国のみつこファンのみなさま、お待たせしました。
梅雨も明け、いよいよみつこの夏の到来です!
20150710_1770.jpg
聖子ちゃんのコンサートに行ってきました。
みつこ初の武道館!
ファンタジックな世界や昭和な世界にとっぷり浸かって、
聖子ちゃんも間近で見られて感激してました。
とりあえず二の腕出すなら筋肉でなきゃってことで意見は一致。

20150717_9308.jpg
大好きな親子丼でまたもや感激。
おいしすぎるとこんな顔になるんです。

20150720_9363.jpg
バーゲンも行ってきましたよ。
ことしはヴィヴィアン・ウエストウッドで闘ってきました。
かつて若い女子たちに「似合わない」と陰口を叩かれたみつこ。
「オバサンには似合わないって
言われても負けないわよ!」

の心意気で飛び込みました。
この写真ではヴィヴィアン・ウエストウッドはTシャツのみ。
ちなみにサングラスは眼鏡市場ではありません(笑)

20150715_9253.jpg
こちらもヴィヴィアン・ウエストウッド!
挑戦的なノースリーブのブラウスに、
激しい争奪戦に勝ち抜いてゲットしたスカート。
それだけに、見てください、この満面の笑顔!!

2015年、みつこの夏はまだまだ続きます。乞うご期待!!
20150715_9252.jpg


posted by ひろとも at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

ついふらっと電車に

ある初夏の休日、午前の用事をすませた後、
なんとな〜くまっすぐ家に帰りたくなくて、
ひとりでふらっと電車に乗ってしまいました。
上野から熱海まで。お弁当買って。
(なにげに上野東京ライン乗ってますね。)
20150613_8938.jpg
お弁当は「新みやぎ三陸 黄金街道」という
なかなか豪華なもの。好きなものばっかり揺れるハート

道中は、景色をみたり、うとうとしたり。
無責任に電車に乗れるって、なんて楽しいんだろ〜(笑)
旅行記(「走れ!バカップル列車」)書かなきゃいけないときは
景色とかじーっと見てますから、なかなかのんびりできないのです……。

20150613_8946.jpg
電車が小田原、早川と過ぎてゆくと海が見えてきます〜。
海だよ、海〜(笑)

20150613_8950.jpg
熱海に着きました。
JR東日本の駅に伊豆急とJR東海の電車がいるっていうね。

20150613_8952.jpg
帰りは小田原からロマンスカーに乗りましたよ。
白いロマンスカー、なんだかんだで二回目。
一番前の席は取れませんでした。
20150613_8954.jpg
ビールも飲んでね、
20150613_8957.jpg
アイス(スジャータ)も食べてね、
いつのまにか居眠りしていて気づいたら新宿でした。

20150613_8964.jpg
乗り換えのためにJRの新宿駅に来たら、
ふだんは絶対見られない横須賀色の115系電車が来ていて
一気に目が覚めました。
20150613_165901.jpg
中央線の立川以西でしか見られない光景。
でも新宿なんですよ。テンションあげあげ。

すごい良い気分になって帰路に就きました。
それにしてもカバンの中が干物くせー(笑)←熱海のおみやげ

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

美容室kubo

王子に住んでいたころたいへんお世話になった
クボさんご一家が徳島の小松島に移住して、
この春、クボさんは「美容室kubo」を開店しました。

走れ!バカップル列車第68号」「走れ!バカップル列車第69号」は
小松島線廃線跡と特急「うずしお」がテーマですが、
徳島行きのそもそものきっかけは「美容室kuboに行きたい!」(笑)

20150504_0770.jpg
念願の「美容室kubo」にいよいよやってきました。
「徳島感」のない、都会的でおしゃれな入口。
ぱっと見た感じ、美容室とはわからないかもしれません。
20150504_0768.jpg
でも一歩足を踏み入れると、たしかに美容室。
30坪ものひろーい空間に客席はひとつだけ。
つまり予約すれば、自動的にこの空間が貸切になるのです。
20150504_0729.jpg
20150504_0732.jpg
白に統一された内装、むき出しの天井や梁もおしゃれですが、
写真集がディスプレイされていたり、古い写真が貼ってあったり、
こまやかな演出もそこかしこに。
プロジェクターで映像を流したりもできるんです。

20150504_8483.jpg
さっそくクボさんにカットしていただきました。
20150504_0713.jpg

20150504_8471.jpg20150504_8488.jpg
ライザップ風(?)にビフォー・アフターを並べてみました。
鬱陶しいほど伸びていた髪はすっきりおしゃれに(右)。

20150504_0736.jpg
私がカットしていただいている間、
タオちゃんはシャボン玉をしたり、創作活動に励んだり。
カットが終わったあと、私も創作に参加させていただきました。
奇跡のコラボレーション??


美容室kubo facebookページ
https://www.facebook.com/biyousitsukubo?pnref=lhc
クボさんがお一人で切り盛りしているお店なので
予約すると貸切になります。
ご家族連れ、お子様連れ大歓迎だそうです!

●リノスタジオ HP
http://reno-studio.com/archives/works/kubo
店内のリノベーションをしたリノスタジオのページにも
美容室kuboが掲載されています。写真がきれいです。

※このブログに掲載の写真は5月当時のものです。
 現在は一部変更になっているところがあります。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

WITH

ひさびさの、しかも自分が予期しなかった安藤建築めぐり!
小松島のクボさんがサプライズで用意してくだすった
走れ!バカップル列車」の徳島番外編コースです。
20150503_8431.jpg
建物の名前は「WITH」という商業ビル。
徳島市内の助任川という小さな川のほとりにあります。
うかつにも私は徳島に安藤さんの建物があるのは知りませんでした。
探してくれたクボさん、ありがとーーーーーう(T_T)/

20150503_8387.jpg
まずは建物の奥の方へ。
この細い通路がいかにも安藤さんの建築って感じ。
20150503_8411.jpg
手前に5階建て、奥に6階建てのビルが並んでいて、
各階が渡り廊下で結ばれています。
20150503_8412.jpg
ふたつのビルの空間は中庭になっていて、
ビルの廊下と渡り廊下とで回遊できるような仕組み。
20150503_8392.jpg
丸い鉄製の屋根、回遊型の通路などが
京都・高瀬川畔に建つ「TIME'S」に通じるものがあります。
こちらの「WITH」は1985年だそうで「TIME'S I期」(1984年)と
設計・竣工年が近いことからも、この類似性は納得です。
20150503_8423.jpg
奥のビルを側面・後方からみたところ。
丸い屋根のカタチがよくわかります。やはり背の高い「TIME'S」だ。
コンクリートの風化の具合も、通気口からの汚れの垂れ方も
なにもかもが安藤さんって感じです。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

走れ!バカップル列車 第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)2

小松島の旅、二日目のつづきです。
徳島駅でトモコさんたちを見送ったあと、みつこさんと私は
特急「うずしお22号」で岡山に向かいます。
バカップル列車初の瀬戸大橋です!

<旅行記本文>はこちら。
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)

徳島駅は鉄道全盛期の面影を残す駅の構造。
20150504_8523.jpg
改札口に面したホーム、駅の反対側の車両基地。
いい佇まいです。
20150504_0958.jpg
賑やかに並ぶ出発信号機。
信号機は、阿波池田方面の徳島線、高松方面の高徳線それぞれに。
さらにそれが出発ホームごとにあるのでこんなにたくさん。
20150504_8532.jpg
こちらは改札口に直結する二番線の端っこにある一番線。
二番線の先端を一部削ってそこに線路を敷いた感じ。
徳島線の列車が発着します。

特急「うずしお22号」は順調に高徳線を走って高松へ。
高松でスイッチバックして予讃線を走り、
宇多津で高知から来る特急「南風22号」と連結します。
20150504_2235.jpg
丸亀方向から「南風」が近づいてきました。
20150504_002.jpg
手際よく連結して、2両+3両で瀬戸大橋を渡ります。

20150504_003.jpg
高架橋をぐんぐん加速。
向こうに瀬戸大橋の吊り橋が見えてきました。
20150504_004.jpg
ここから瀬戸大橋。上下線の真ん中にトラスの支柱が並びます。
一番長い「南備讃瀬戸大橋」(1723メートル)の支柱は
124番からはじまっていました。
20150504_005.jpg
足もとはトラスの骨組みだけ。
60メートルの眼下に瀬戸内海が広がります。
20150504_8535.jpg
瀬戸内の島々の向こうに太陽が沈みかけています。
♫瀬戸は〜日暮れて〜夕波小波〜


<旅行記>
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)

posted by ひろとも at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)1

小松島の旅、二日目は小松島線廃線跡の遊歩道を歩きます。

<旅行記本文>はこちら。
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)

20150504_0750.jpg
徳島から牟岐線の鈍行に乗って南小松島に来ました。
ここから「ステーションパーク」経由で線路跡の遊歩道へ。

20150504_0752.jpg
「狸ひろば」にいても、「SL記念ひろば」にいても、
次から次へと猫が「みゃあ」とあいさつしに来ます。
わざわざ私のところへ来ては、いきなりゴロンと寝転ぶやつ(笑)
20150504_0755.jpg
「SL記念ひろば」の隅っこから遊歩道がはじまります。
路面には線路の模様。車止めは動輪のカタチをしています。

20150504_0756.jpg
《中田駅より1,400M》という看板がナナメになっていて、
まっすぐに直してやるんですが、
しばらくするとまたコトンと傾いてしまいます。
20150504_8513.jpg
遊歩道のところどころに
かつての小松島線、小松島駅の様子を伝える看板があります。
20150504_0763.jpg
猫にあいさつしたり、ちょうちょを追っかけたりしながら
トコトコ歩き続けます。

20150504_8521.jpg
中田駅に戻ってきました〜。
南小松島からだいたい三キロぐらい歩きました。
途中、寄り道もしたからもっと歩いているかな?
中田駅の待合室にはクボさんちの
トモコさん、タオちゃん、ハルちゃんが来てくれました。
列車に乗って、一緒に徳島に行くことになりました。

20150504_8526.jpg
お昼は徳島駅前の「よあけ」。
20150504_8527.jpg
「岡本中華」と違って薄茶色のしょう油とんこつ。
その後、帰りの列車まで川べりの公園でだらだら過ごしました。
(つづく)

<旅行記>
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

走れ!バカップル列車 第68号 小松島線廃線跡と特急うずしお(前編)

なんだかんだ言って2015年最初のバカップル列車です!
五月のゴールデンウイークに四国は徳島の小松島に行ってきました。
王子に住んでいたときご近所だったクボさんご一家のところへ。
そのついでって訳ではないんですが、小松島線廃線跡を歩いたり、
特急「うずしお」に乗って瀬戸大橋を渡ったり。
一泊二日でしたが、充実で大満足の旅でした。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第68号 小松島線廃線跡と特急うずしお(前編)

20150503_0556.jpg
はじまりは羽田から飛行機。徳島阿波踊り空港に降り立ちました。
空港の入口脇には阿波踊りの銅像。
「同じ阿呆なら踊らな損々」ってことで踊ってみました。
真ん中にいるのはクボさんちのタオちゃん。
「この人たち、なに踊ってんのー?」

20150503_8397.jpg
空港からはケンさんの運転するワゴン車で移動。
最初に案内いただいたのは、安藤忠雄の建築。
徳島に安藤さんの建築があるなんて知らなかった〜
なんだかうれしいサプライズ!
みんなで探検しました。
この建築については後日別記事にてくわしくご紹介しますね!

20150503_0597.jpg
お昼は名物の徳島ラーメン。
徳島市内の有名店は大行列だったので、
小松島の「岡本中華」に来てみました。
20150503_8439.jpg
小松島系ともいわれる白い豚骨スープ。
生玉子がのってるのが徳島ラーメンの特徴らしいです。

20150503_8442.jpg
やって来ました! 大神子(おおみこ)海岸。
遊泳禁止だそうで、「あぶない!泳がれん」の看板。
「泳いではいけない」という意味の阿波弁だそうです。
別バージョンで、駐車場に「遊ばれん」という看板もありました。
20150503_8445.jpg
弓なりに湾曲している海岸。
バーベキューなどにやってくる地元客たちで賑わっていました。
20150503_0612.jpg
浜辺の石は、ちょっと変わったカタチ。
細長くて薄っぺらいんです。
よくみるとミルフィーユみたいにいくつもの層になっています。

20150503_0627.jpg
次にやってきたのは、小神子(こみこ)海岸。
こちらは私たち六人だけしか人間がいませんでした。
20150503_0619.jpg
ぽつねんとたたずんで引いては寄せる波を眺める私。

20150503_0645.jpg
こちらは「SL記念ひろば」。
なにを隠そう、ここがまさに小松島線小松島駅の跡地なのです。
部分的に復元された小松島駅にC12形蒸気機関車と
オハフ50形客車が保存されていました。
20150503_0657.jpg
こちらはお隣の「狸ひろば」。こっちも小松島駅跡地です。
「SL記念ひろば」と「狸ひろば」を合わせて
「小松島ステーションパーク」というそうです。
ところで写真のでっかい狸の銅像。ものすごいしかけがあるんです!
くわしくは旅行記をみてね!!(笑)

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第68号 小松島線廃線跡と特急うずしお(前編)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

崎陽軒の「ひょうちゃん」

崎陽軒のシウマイが好きです!
シウマイを食べたいだけ食べる
「わんこシウマイ」にもチャレンジしたくらい好きです。

だから、いくつか種類があるんだなとは気づいていました。
気づいてからはなるべく捨てずに、とっておくようにしました。

なにがって!?

シウマイを買うとついてくるしょう油入れ。
20150620_1514.jpg
これこれ。これはたまたま同じものですが、
それぞれにいろんな表情があって、楽しいのです。
いままで知らなかったのですが、
「ひょうちゃん」というそうです。

そんな折、知らされたのが「還暦記念ひょうちゃん」の存在。
20150620_1519.jpg
「ひょうちゃん」の生誕60周年を記念して、
赤いチャンチャンコを着た「ひょうちゃん」、
さらに赤いチャンチャンコに金色の「ひょうちゃん」が
期間限定、数量限定でシウマイの中に入っているんだそうです。

「これはぜひゲットせねば」と思い買ってみても、
しばらくはいつもの「ひょうちゃん」ばかりだったのですが、
今回ついに赤いチャンチャンコの「ひょうちゃん」をゲット!!
20150620_1513.jpg
すごいー! 本当にあるんですね。
お店のひとにも「自分も見たことない」といわれたものなのに(笑)

こうなると人間、ますます欲が出てくるものです。
「別の赤いひょうちゃんがほしい」
「金色のひょうちゃんもほしい」
しばらくはゲットするまでがんばろうかと意気込んでいます。
20150620_1518.jpg
「ひょうちゃん」を手に入れようとすると、
当然、シウマイがついてきますので(笑)
再び「わんこシウマイ」でもやろうかと思います。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする