2016年01月12日

走れ!バカップル列車 第74号 ローカル線と通勤電車の札沼線

2015年秋バカップル列車つづきのつづきのつづき。
旭川に一泊して、最終日は新十津川から札幌まで
念願の札沼線(学園都市線)に乗ります。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第74号 ローカル線と通勤電車の札沼線

20151012_0871.jpg
旭川のホテルで楽しみなのはイクラ食べ放題の朝食バイキング!
起きがけにもりもり食べるイクラは病みつきになります。

20151012_0826.jpg
滝川からタクシーに乗って三キロほど離れた新十津川駅へ。
一時間に二〜四本特急列車が停車する滝川。
一日三本しか列車が来ない新十津川。
三キロしか離れていないのにこの落差。
駅舎は一日三本の割にはなかなか立派です。

20151012_0835.jpg
駅舎にて。ベンチに座って列車到着を待つみつこ。

20151012_0878.jpg
駅舎の掲示板。近所の保育所の園児が朝の列車を見送るという
新聞の切り抜きが掲示されていました。
20151012_2698.jpg
保育所の先生が配ってくれた絵はがき。

20151012_0859.jpg
20151012_0855.jpg
新十津川駅に朝一本目の列車が到着しました。

20151012_0869.jpg
新十津川〜浦臼間はほぼ真っ平ら。地平線の上を走るといった感じ。
黄金色に実った稲穂が風に揺れています。

20151012_0863.jpg
ディーゼルカーに揺られても
きょうのみつこさんは居眠りしません。

20151012_0904.jpg
石狩当別まで来ると人の姿もちらほら。
線路脇ではお年寄りがゲートボールを楽しんでいました。

20151012_0925.jpg
石狩当別のホームへ降りる階段。外は寒いので地元の人は
列車が来るまでホームに出るドアの内側で待ちます。
一番手前で窓の外をのぞいているのは旅人みつこ。

20151012_0928.jpg
新十津川〜石狩当別間はワンマン運転のディーゼルカー一両。
北海道医療大学・石狩当別〜札幌間は最大六両編成の通勤電車。
札幌に近づくに連れて満員になります。
この落差の激しさが札沼線のどうにも逃れられない現状。

20151012_0882.jpg
札幌の駅ビルでお昼。なぜか十勝豚丼。
「ぱんちょう」ではなく「いっぴん」というお店でした。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第74号 ローカル線と通勤電車の札沼線

posted by ひろとも at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第73号 留萌本線増毛行き

2015年秋バカップル列車つづきのつづき。
急行「はまなす」で札幌到着したあとは特急列車で深川へ。
深川から留萌本線の増毛まで往復しました。
留萌〜増毛間は2016年度中に廃止されることが決まっています。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第73号 留萌本線増毛行き

20151011_0686.jpg
留萌本線の列車は銀色のディーゼルカー。
たいていは一両のワンマン運転のようですが、
乗車する列車には回送車両が連結されていました。
しかも回送車には小学生の団体が乗車。

20151011_0692.jpg
恵比島〜峠下間の山越え区間を軽やかに走ります。

20151011_0708.jpg
留萌着。うしろの回送車両は切り離されて深川行きになります。

20151011_0833.jpg
留萌市内のお寿司屋にて。
ネタぜんぶってやつを注文してみました。

20151011_0839.jpg
留萌駅舎内の光景。留萌のゆるキャラKAZUMOちゃん。
その奥には数の子の木像。
20151011_0837.jpg
「SLすずらん号」のヘッドマーク。
その奥は、留萠鉄道の運賃表。かなり貴重な一品。

20151011_0723.jpg
留萌駅に到着。終点のさらに終点にある車止め。
外に出るときに限って雨がザーザー降ってきます。

20151011_0748.jpg
帰りの列車の発車直前になってようやく雨があがりました。
恨めしく思っているところへ向こうの海の上に虹がかかりました。

20151011_0766.jpg
山越えに向かう列車から前方を眺めます。紅葉がなかなかきれい。

20151011_0783.jpg
深川駅に戻ってきました。
「忘れ物した人いないかぁ〜」おじさんの声が駅に響き渡ります。

20151011_0865.jpg
旭川で晩ごはん。
最初行こうとしていた店がお休みだったので、
たまたま見つけたラーメン屋さんに入りました。
焦がしラードが有名なお店のようでした。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第73号 留萌本線増毛行き


posted by ひろとも at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第72号 急行はまなすB寝台

2015年秋のバカップル列車つづきです。
「はやぶさ」グランクラスで新青森に着いた私たちは
青森の日帰り温泉でほっこりしたあと、
急行「はまなす」の開放型B寝台で札幌に向かいました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第72号 急行はまなすB寝台

20151011_0465.jpg
「はまなす」のヘッドマークを掲げる牽引機。
青函トンネル専用の機能を備えるED79形電気機関車。

20151229_2910.jpg
この日乗車するのは寝台車の増結車両でした。
1号車と2号車の間に挟まれるのに、なぜか「増21号車」。

20151010_0527.jpg
寝台の下段に座って就寝までのひとときをすごすみつこ。
お風呂上がりなのですっぴんなのはご愛嬌。

20151011_0597.jpg
青函トンネルをくぐって深夜〇時四四分に函館着。
車内のほとんどは寝静まっていますが、
ホームに出て撮影にいそしむ鉄道おたくもたくさん。
もちろん私もその一人(笑)。

20151011_1355.jpg
函館から札幌まで道内区間を牽引するのは、青いディーゼル機関車。
函館駅発車時刻は一時二三分。

20151106_1366.jpg20151106_1290.jpg
20151011_0643.jpg20151011_0645.jpg
トイレじゃなくて「便所」、洗面台、
寝台車廊下の窓上につけられた鏡、灰皿。

20151011_0638.jpg
終着札幌まであと三十分あまり。ようやく夜が明けてきました。
廊下の簡易椅子に座り、朝の景色を眺める乗客も。

20151011_0657.jpg
札幌に到着。青い機関車の前で記念撮影。
旅はまだまだ続きます。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第72号 急行はまなすB寝台

posted by ひろとも at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れ!バカップル列車 第71号 はやぶさグランクラス

わずか三日間の旅行記を書くのに三か月もかかってしまいました。
年が明けちゃいましたが、秋に二泊三日で北海道に出かけてきました。

往きは東北新幹線「はやぶさ」急行「はまなす」
その後、留萌本線札沼線に乗ってきました。
帰りは飛行機だったんですけど。

「はやぶさ」はグランクラス初乗車!
とにかくすべてがゴージャス!!

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第71号 はやぶさグランクラス

20151010_0356.jpg
乗車前の東京駅。「はやぶさ」「こまち」の連結部分。

20151010_0393.jpg
乗降扉の車内側(デッキ)は真っ赤!
これから特別な世界がはじまるって感じがバンバン迫ってきます。

20151010_0390.jpg
デッキから客室に入る扉。まぶしいくらいに間接照明が効いています。

20151010_0366.jpg
シートに座って若干得意げなみつこ。
リクライニングするとハンモックで寝ているような気分。極楽です。

20151010_0373.jpg
ドリンクはアルコールも含めて飲み放題。
新青森に着くころにはおなかがたっぷんたっぷん。

20151010_0394.jpg
盛岡で「こまち」を切り離し。「こまち」が秋田に向けて発車すると
「はやぶさ」が取り残されたような感じになります。
20151010_0409.jpg

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第71号 はやぶさグランクラス
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする