2016年03月29日

鉄道写真家 持田昭俊さん

鉄道写真家 持田昭俊さんのギャラリートークに行ってきました。
星空列車 〜輝きの瞬間〜」という写真展のイベントです。
ここ数か月、自分もちょっとだけ写真を撮っているということもあり、
いろいろと検索しているうちに、このイベントのことを知ったのでした。

持田さんがどんな方かも、どんな写真を撮る方かも
会場に来るまでじつはよく知らなかったのですが、
なんとその数日前に近所の本屋さんで
たまたま手に取った夜行列車の写真集を出された方でした。

イベントはまさしく北海道新幹線の開業当日3月26日の午後。
タイミングがタイミングなだけに(笑)、部屋が満員になる盛況ぶり。
20160326_4047.jpg
早朝、函館を出発する新幹線の一番列車を撮影したその足で
このイベントに駆けつけたという持田さん。
一点一点、丁寧に撮影の工夫や苦労話などを説明してくださいます。
とても気さくな人柄で、そんなところも人気の秘密なのでしょう。
真ん中の星空の写真は多重露光を駆使して
八回目の挑戦でようやく成功した一枚なんだそうです。
写真展のタイトルにもなっている、とても幻想的な写真です。

近所の本屋でパラパラと立ち読みしたときは買わなかったのですが、
会場でも(少し安く)売っていたので写真集、買いました。
20160329_4077.jpg
展示されていた写真もいくつか掲載されています。
20160329_4079.jpg
私が好きなのは、左側の写真。寝台特急カシオペアだそうです。
山並み、朝霧、満開の桜。
どこに列車がいるんだ? というような写真ですが、
そこがまたいいのです。


●持田 昭俊 写真展:星空列車 〜輝きの瞬間〜
キヤノンギャラリー銀座で明日3月30日まで開催しています。
その後、春から夏にかけて、福岡、梅田、札幌と巡回するそうです。
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/mochida-train/index.html
posted by ひろとも at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

寝台特急カシオペア最終列車

先日3月21日、寝台特急カシオペア号の最終列車が上野に到着するので
みつこさんと二人で出迎えに行ってきました。

報道では「定期的な運行」を終了するといっていましたが、
カシオペアは車両が一編成しかなく、
その一編成が上野〜札幌間を行ったり来たりしていたため、
上下列車を同時に運転することができないからです。
毎日運転しなければ「定期列車」とは呼べず、
したがって列車番号も下りは8009列車、上りは8010列車という
「臨時列車」の番号が割り振られていました。
それでも二日ないし三日に一本の割合で運転されていましたから
いちおう定期「的」な運行と呼べるわけで、
その運行も3月21日ですべて終了したということです。

噂には、6月からクルーズトレインとして
再び運転されるそうですが、団体臨時列車ということは、
切符は旅行会社でツアーを申し込むしかなく、
ということは「みどりの窓口」で切符を買うことはできず、
また時刻表にダイヤが載ることもありません。
切符も買えず、時刻表にも載らない列車なんて、
どうも自分としてはしっくり来ません。

やはり自分の中では、今回の定期的運行の終了をもって
「寝台特急カシオペアは廃止された」ということになります。

下りの最終列車は上野発3月19日(札幌着3月20日)、
上りの最終列車は札幌発3月20日(上野着3月21日)。
3月19日の最終下りの出発は見送ることができなかったので、
3月21日の最終上りの到着だけ、みつこさんと出迎えました。
寂しいですが、下り列車、上り列車に一回ずつ乗れたから
自分としてはまあ納得はいっています。

写真はみつこさんがガラケーで撮ったものです。
2016032109220000.jpg

●下り列車の乗車記
http://xupotomo.seesaa.net/article/413239068.html
http://xupotomo.seesaa.net/article/413240045.html
posted by ひろとも at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

会田誠の月イチぼったくりBAR

神田神保町の美学校というところで開催された
会田誠の月イチぼったくりBAR」というトークイベントに
オル太Jang-Chiメグ忍者がゲストで登場するので行ってきました。
20160308_3780.jpg

このイベントは、美術家の会田誠さんを聞き役に
今後ブレイクが期待される若手作家をゲストに迎え、
作品や活動についてお話をうかがう、というものだそうで、
全6回開催されたうちの今回が最終回です。
すごいな、オル太。トリですぞ!

イベントがはじまる前に飲み物と会田さんお手製の
チリビーンズが供されました。けっこううまかったけど、
食い意地はっていて写真撮るの忘れました(笑)。

出演はJang-Chiとメグ忍者のお二人ですが、
客席にはオル太のほかのメンバーたちも勢揃いしてました。

まずオル太の映像作品を上映することになっていたんですが、
意外にもオル太を見るのははじめてという観客が多く、
メグ忍者が機転をきかせて、用意してきた映像の前に
Webから過去の映像を上映。
これがけっこうウケがよく、私にとってもオル太草創期から
現在までの作品をひととおり復習するのに良い機会になりました。

用意された映像は、ベルリン、韓国、京都滞在中のものが中心。
作品映像にはなかったメイキング的なシーンも入っていて
なかなか興味深かったです。

会田さんはオル太を語るとき、同じく集団で活動をしている
チンポムとつい比較してしまうようで、
何度かチンポムとの違いをあれこれ分析していました。
そんななかで最後にいくぶん言いにくそうに
「オル太はむつかしい」と。
その話、そのまますぐに終わってしまったんですが、
私としてはなにがどう「むつかしい」と感じるのか、
そこを深く掘り下げた話を会田さんから聞きたかったなぁと
いまになって思うんでした(当日は質問しそびれた)。


●会田誠の月イチぼったくりBAR
美学校のイベント記事
http://bigakko.jp/event/2016/aida06
第6回目の開催日は2016年3月8日でした。

●美学校
http://bigakko.jp
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

だいたい五角形の缶

ハワイみやげをいただいちゃいました。
20160307_3766.jpg
嫁みつこはマカダミアナッツ、私はパイナップルの形をしたクッキー。
20160307_3761.jpg
クッキーの缶は梅の花の形というか、
だいたい五角形みたいな形をしています。
中にはチョコとかホワイトチョコがコーティングしてあるのが四つ。


この缶、ずっと見ていると
ついついやらかしてしまいたくなるんですよね。

なにをって、フタを72度回転させても閉まるのかなーって。

缶の形を正しい五角形を基準にした
つくりにしていないと閉まらないはずなのです。
逆に閉まるとしたら、かなり高度な技を駆使しています。


20160307_3762.jpg

やってみたら……

なんと……

20160307_3765.jpg
ぴちっと閉まりましたーーー! すごいです!!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

きょうの忍者部屋

20160311_3789.jpg
きょうは冷たい雨が降っています。

シーリングライトはいまだ5年前のまま……



posted by ひろとも at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

神奈月トークライブ(第11回)

いつもの阿佐ヶ谷LOFT Aで、
いつもの神奈月さんトークライブ!
20160228_3617.jpg

ここ何回かは、原監督、ソフトバンク内川、ヤワラちゃんと
なにかのネタの出で立ちで登場してましたが……
20160228_3624.jpg
今回はまさかのドラえもん! 会場のココロを一気に鷲づかみ(笑)
いつものタムケンさんが司会進行役で、
いつもどおり舞台と観客席とが一体化した楽しいトーク。
前回はなぜか80人もの謎の観客が集結してしまいましたが、
今回は安定の50人前後でした。
このぐらいの方が神奈月さんご本人も安心のようです。

20160228_3639.jpg
なぜ会場がドラえもんで笑えるかというと、
昨年11月の神奈月祭で上映したビデオのネタなんですね。
公園で子供に蹴られたり、もてあそばれたりしている
ドラえもんの姿が印象的でした。
それを踏まえてのこのドラえもん。
ちょっと動くたびにマイクが鈴の音を拾ってなんだか賑やか(笑)

ちなみに毎年9月のトークライブは11月の神奈月祭の予習、
翌年2月は神奈月祭の復習ってとらえるとわかりやすいです。

トーク前半は昨年末のものまね番組の舞台裏話で盛り上がったり、
笑福亭笑瓶さんが救急搬送されたときの生々しい話にしーんとなったり。
笑瓶さんはゴルフ中に具合が悪くなったそうですが、
そのとき一緒にラウンドしてたのが神奈月さんだったんですって。

トーク後半はまさに神奈月祭の復習という感じで、
会場で放映したビデオネタをもう一度みて笑ったりしました。
20160228_3664.jpg
20160228_3665.jpg
ライザップのCMのパロディで美木良介。
「結果出すぎ!!」と一堂総ツッコミ(笑)

20160228_3648.jpg
びっくりしたというか、感激だったのは、
神奈月祭の舞台裏を撮影したビデオを見られたこと。
次から次へと衣装を着替えてネタを続けるステージ。
その舞台裏はさぞたいへんなんだろうとは想像してましたが、
実際の映像はその想像をはるかに超えてました。
まさに息つく間もなく着替えてヅラをかぶり直して
メイクして汗を拭いて……その様子はまさに戦場。
これを毎年続けるって、ものすごい情熱だなぁと改めて感動です。

20160228_3666.jpg
そして帰りに一緒にパチリ。
神奈月さんありがとうございました。楽しくて充実の一日でした。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする