2016年05月31日

大相撲五月場所2016【美しい四股】

またまたやってきました五月場所千秋楽。
20160522_5211.jpg
わしらの大相撲見学もすでに四周目に入っています。

国技館に入るとすでに幕下の取組の途中でした。席は二階の向正面。
20160522_7577.jpg
阿炎の四股。足を高く上げた美しい四股です。
昨年三月十両に昇進したものの、十一月に幕下に。
来場所からはまた十両に戻ってきてくれます。

20160522_7594.jpg
右側にまた四股の美しい力士。最近人気の宇良くんです。

20160522_7656.jpg
幕内土俵入りのこの一連の所作も四股の代わりなんだそうです。
こんな大人数じゃ、四股できないからね。

20160522_7698.jpg
横綱土俵入り。日馬富士の四股。
横綱の中では日馬富士がいちばん土俵入りが美しいように思います。

幕内の取組がはじまりました。
20160522_7710.jpg
遠藤は最近まで怪我でパッとしませんでしたが、
今場所あたりから復活してきました。もともと四股の美しい力士。

20160522_7746.jpg
大砂嵐(左)と臥牙丸。ちょうど四股がシンクロ(笑)

20160522_7820.jpg
幕内終盤の三役そろい踏み。
三力士の四股がきれいに揃っています。

今場所は十四日目にして白鵬の優勝が決まってしまいました。
稀勢の里にはもうひとがんばりしてもらって
千秋楽まで優勝の可能性を残してもらいたかったのですが。

稀勢の里も十三勝して綱取りのチャンスが名古屋につながったので
良しとしましょう。
20160522_7886.jpg
白鵬の優勝パレード。旗手は石浦くん。
posted by ひろとも at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

Nゲージディスプレイ -その他-

半年(以上)ぶりにNゲージディスプレイの入替えをしました。
今回のテーマは……
20160502_4740.jpg
「小田急ロマンスカー」?
いえいえ。それだけでは二十本以上ある番線が埋まりません。
20160503_4769.jpg
京浜急行2100形……
ということは、「私鉄」?

……と思いきや、こんなのも。
20160503_4763.jpg
飯田線の旧型国電。

20160503_4770.jpg
こんなのも。
かつてドイツで走っていたルフトハンザ・エアポートエクスプレス。

ますます脈絡がなくなってきました。

今回、悩みに悩んだ末に思いついたテーマは「その他」。
身も蓋もない名称ですが、そうとしか言いようがないのです。

ここ半年(以上)の悩みは、
いままでディスプレイしたことのない車両たちがけっこうあるんだけど、
それらを括れるテーマが見当たらないということでした。
「私鉄」「貨物列車」「旧型国電」……
どれも二十数本の番線を埋めるだけの車両を持ち合わせていないのです。
かといって、それだけのためにそのテーマに合わせた車両を
新たに買い集めるというのも、ちょっと……。

そんなこんなを考えたあげくの「その他」(笑)

このほかには、
20160502_4753.jpg
西武鉄道の電車(N先生からの預かり品)

20160502_4764.jpg
流線形をしているので「流電」と呼ばれた飯田線の旧型国電。

20160502_4745.jpg
プラキットを中途半端に組み立てたまま三十年以上放置されていた
上越線の旧型国電(新潟色)

20160502_4744.jpg
ラッセル式除雪車

20160503_4771.jpg
むかしの地下鉄丸ノ内線(500形・300形)

20160503_4752.jpg
三陸鉄道のディーゼルカーたち

20160502_4748.jpg
貨物列車いろいろ

サボもこつこつ書きましたよ。
20160502_4756.jpg
なんちゃって「はこね」(笑)
サボという形では存在しませんからね。
廃品のヘッドマークを買ったら30万円はするでしょうね。
20160502_4757.jpg
三陸鉄道の行先方向幕もなんちゃって自作です。

実際ならべてみると、
カラフルでとても変化に富んだディスプレイになりました。
20160502_4739.jpg
前を通るのがなんだか楽しい気分です。
いいぞ、「その他」!!
しばらくはこれでいこうと思います。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

史上最大のお通し

ときどきおじゃましている近所の和食店
開店一周年を迎えたというので、お祝いをかねて晩ごはんに。

一杯目のビールを飲みながら、なにを注文しようか迷っていると、
マグロの尾っぽの部分がどどんとカウンターに。
20160510_4982.jpg
「写真、撮らせてくれるの?」
「いいえ」
「まさか……?」
「そうです、お通しです」

えーーーーーー!!!

まさかのマグロのお通し。
背骨付きの中落ちとでも言うんでしょうか。とにかくでかい。
一周年記念とはいえ、ものすごい大盤振る舞い。
20160510_4991.jpg
ガシガシとすくっては食べるみつこ。
どうです? この満足げな顔。

片面だけでもじゅうぶんなんですが、裏面もありました(笑)
20160510_4995.jpg
完食。
これだけでおなかいっぱい。

もちろん、ほかにもあれこれ注文して、
〆はめでたい感じに鯛めし。
20160510_4999.jpg
いやー、驚いたし、おいしかったし、満腹だし。
いいお店だぁ。
これからもちょくちょく寄らせていただきます♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

シングルレコード

連休中、お散歩で何の気なしに入った中古レコード店で
なんと見つけてしまいました!
20160504_4786.jpg
狩人あずさ2号」と石川さゆり津軽海峡・冬景色
(どちらも昭和52年)のシングルレコード。
しかも一枚1,000円とお手頃価格だったので衝動買い!

私は当時10歳にもなっていませんから
リアルタイムでは当然買えるはずもなく、
一生目にすることもないだろうと思ってたものが
手もとにあるというのが、なんだか不思議。

それにしても当時の技術の限界なのか、写真がぼんやりしてる(笑)。
狩人の写真なんかモアレになっちゃってるし。
石川さゆりの方も、明らかに合成。
こんな名曲のジャケットが簡単につくられているのも意外です。

こちらはジャケットの裏面。
20160504_4790.jpg
20160504_4788.jpg
こういうの初めて見るんですが、歌詞のほかに楽譜が載っています。
どういう風に使うことを想定していたんでしょうか?

もちろん、聴いてみました。
同じ曲のCDと聴き比べてみましたが、やはりレコードの方が音が良い。

あのレコード屋、また行こっと。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

国技館バックヤードツアー

友綱部屋の稽古見学をしたその日(5月1日)、
両国の国技館ではバックヤードツアーなるものが開催されていました。
関係者しか入ることができない国技館の裏側に入れるという
これまた貴重な体験です。
20160501_7260.jpg
最初に来たのは仕度部屋。取り組み前の力士が
ここで廻しを締めたり、髪を結ってもらったりします。
20160501_7284.jpg
仕度部屋の脇にある風呂。お相撲さんが一人入れば満員(笑)。
テレビ中継などで勝負を終えた力士が
「ひと言も発せず風呂に入っていった」
などとリポートされることがありますが、
その風呂というのがこれ。ようやく目にすることができました。
20160501_7287.jpg
こちらは風呂の隣にあるトイレ。
当然ながら力士サイズ。お尻の小さい人は落ちてしまいそう。

20160501_7313.jpg
もう片方の仕度部屋(西だったか、東だったか忘れてしまった)では
行司さんが大きな木板に番付を書き込んでいました。
細かい作業なだけに真剣そのもの。

20160501_7330.jpg
土俵のあるフロアにやってきました。
これは枡席を収納したところ。プロレスの試合などもあるので
そういうときは枡席ってどうするんだろう?と
前々から疑問に思っていたんですが、こんな風になるとは。

20160501_7358.jpg
土俵脇。五月場所に備えて作り直すんだそうです。
「これは明日壊すから、さわってもいいよ」
と言われたので、見学者みんなペタペタさわってました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

友綱部屋稽古見学

ここのところ相撲三昧です。
今回は元旭天鵬のいる友綱部屋の稽古見学。
20160501_7147.jpg
国技館と違って距離が圧倒的に近い。
だから迫力もぜんぜん違う。

20160501_7223.jpg
稽古総見でもかなり厳しいと感じたのですが、
部屋の稽古ともなると身内同士ということもあるからか、
遠慮も会釈もありません。
上の力士が若い力士に稽古をつけるのですが、
若い力士はチカラも息も続かないのに休ませてもらえません。
20160501_7169.jpg
部屋の隅の柱で鉄砲をする若い力士。
地道な努力が上位につながります。
20160501_7212.jpg
転んでも転んでも、立って土俵に戻らなければなりません。
ただ見ているだけで圧倒されます。

稽古が終わると一転してリラックスムード。
元旭天鵬の大島親方を交えてあれこれ世間話。
20160501_4702.jpg
大島親方は今月末に断髪式を控えているのですが、
「相撲しないんなら、髷なんて早く切りたいよ〜」
と冗談めかして言っていました。

稽古総見といい、部屋の見学といい、貴重な体験が続いています。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

横綱審議会稽古総見

国技館では大相撲五月場所がはじまっていますが、
それに先立つ4月29日、横綱審議会稽古総見があったので、
行ってきました。
当日の国技館前は朝6時半というのに黒山の人だかり。
20160429_6565.jpg
長い行列に並んで7時すぎに入場。枡席を確保できました。
ちなみに入場無料です。

20160429_6921.jpg
土俵ではすでに稽古がはじまっていて、
力士たちが「申し合い」稽古をしていました。
何十人もの力士が土俵上でひしめく姿は迫力があります。

はじめのうちは幕下の力士が稽古をしていますが、
途中から十両、幕内と入れ替わっていきます。

土俵下ではちょっとリラックスした雰囲気も。
20160429_6685.jpg
照ノ富士のこんな笑顔も場所中はなかなか見られません。

20160429_7066.jpg
もちろん土俵上は稽古とはいえ真剣勝負です。
稀勢の里(左)と照ノ富士。

20160429_6830.jpg
横綱登場。左は日馬富士。右は白鵬。

20160429_6980.jpg
豊ノ島はうしろ〜の方にいたのですが(稽古嫌い?)
日馬富士に呼び出されて強制的にガチンコ勝負。

稽古総見が終わった後は出口で熊本への募金活動。
20160429_01.jpg
照ノ富士も募金箱を持って出口前に来ました。
募金したら握手してくれました〜♪(あまのさんご提供写真)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

デルソルライブ

1月26日に引き続き、ことし2回目のオルケスタ・デル・ソル
20160428_4577.jpg
会場はいつものように原宿クロコダイル。

ボーカルはいつものように
ペッカーさん、キムチさんに真ん中のフリアン。
20160428_4595.jpg
観客席はいつにも増して盛り上がり、
前半にもかかわらず踊り始める人たちが出没しました!

もちろん後半も盛り上がって、
レインボーラブが流れると観客総立ちとなり
輪になって場内をぐるぐる回ります。
20160428_4652.jpg
今回も燃え尽きました。次もまた行こうっと(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする