2017年05月12日

横綱審議会稽古総見2017

こんどの日曜日からいよいよ大相撲五月場所がはじまります。

これに先立つ5月3日、国技館で横綱審議会稽古総見があり、
昨年に引き続き、ことしも早起きして行ってきました。
一般公開(無料)されるのは、年に一度のこの時期だけですから。

稽古ははじめのうちは幕下、十両の力士たちの申し合い稽古。
20170503_7221.jpg
勝った力士が次の対戦相手を決める権利があるので、
稽古相手を申し出る力士たちが勝者安美錦に殺到します(笑)
20170503_7240.jpg
稽古でありながら、場所を控えてもいるため、みんな真剣そのもの。
この密度、というか、圧力みたいなのがすごいんです。

後半になると、幕内の平幕から上位の力士たちへと
土俵にあがる顔ぶれが少しずつ変わっていきます。
20170503_7361.jpg
壮絶だったのが、白鵬と高安のぶつかり稽古。
横綱が完全に高安を「かわいがって」いました。

20170503_7363.jpg
高安だって次は大関を狙うほどの実力者ですが、白鵬との力の差は歴然。
なんどもなんども転がされ、立てないでいると横綱の蹴りが入ります。
20170503_7367.jpg
いつまでも立てないでいるとちょんまげをつかんで
土俵の周りを引きずり回されます。
毛むくじゃらの高安の背中は砂にまみれて熊みたい。
20170503_7376.jpg
みんなが見ている前でこてんぱんにされてしまった高安ですが、
稽古が終わった後は、白鵬に水をつけに行ってました。
しかも翌日の新聞に載った高安のコメントは、
「自分を引っ張って稽古をつけてくれるのは幸せ」
今場所こそ大関昇進を決めてほしいですね。

ちなみに稀勢の里は欠席でした。
左肩のケガが心配ですが、果たしてどうなることやら。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする