2017年08月30日

茶豆

もう八月も終わりですね。びっくりです。

ことしも新潟のおいしい茶豆をたべました。
20170812_1467.jpg
なんでも不作だったそうで、いつもお願いしている
イソベさんが苦労して買いつけてきてくれました。

いつものものがいつもどおり食べられることに感謝です。
posted by ひろとも at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

扇町駅の猫ねこネコ【バカップル列車番外編】

バカップル列車の旅(第80号)で訪れた
鶴見線扇町駅は猫の駅としても有名なんだそうです。

いざ、駅に着いてみると一匹しかいなくて拍子抜けだったんですが、
私たちが「猫やーい」などとつぶやきながらうろうろしていたら
後からあとから、わらわらとやってきてくれました。

「なんだ、なんだ?」といいながら来るのはいいんですが、
私たちの顔をチラッとみるなり、皆一様に居眠りをはじめます。
20170708_9486.jpg
20170708_9506.jpg
無防備なんだか、安心しきっているのか。すやすや。

20170708_9481.jpg
きっぷを集める箱の下にもぐりこんでしまうやつも。

20170708_9480.jpg
みつこさんはめげずに猫たちにちょっかい出します。

20170708_9496.jpg
そんなに爆睡しなくても〜(^_^;)

20170708_9515.jpg
最後に一匹茶色の縞猫が私たちを見送りに来てくれました。

また会う日まで、元気でな〜〜♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

先月のことですが、ひさびさにバカップル列車が走りました。

今回の行き先は鶴見線。ふだんでは見られない不思議がいっぱい。
不思議の国へ、いざ出発進行!

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

旅は南武線支線の尻手からはじまりました。
二両連結の電車に乗って浜川崎着。ここで鶴見線に乗り換えます。
02浜川崎_9465.jpg
浜川崎の鶴見線ホーム。次の電車まで50分近く間隔があります。
上を見上げれば、木材を丁寧に組み合わせた屋根。

03扇町_9497.jpg
鶴見線本線の終点、扇町駅。
猫が日影でお昼寝していました。
猫がたくさんいる駅として隠れた名所だそうです。

04白石分岐点_2174.jpg
武蔵白石駅の構内踏切から鶴見側をみたところ。
大川支線への分岐駅ですが、大川支線の列車は停まりません。

05大川への道_2180.jpg
本数の少ない大川支線の電車に乗りつつ、大川駅の見学もしたい。
この両方を実現すべく、武蔵白石から大川まで
約1キロの道をてくてく歩きます。

07大川駅_2182.jpg
大川駅に着きました。こちらもまたレトロな無人駅。

09大川駅掲示板_2184t.jpg
08大川駅時刻表_2183.jpg
衝撃的な掲示の数々。
隣の駅への案内図。一日三本しかない時刻表。

11浅野_2193.jpg
海芝浦支線への乗換駅、浅野。
構内踏切を渡って反対側のホームに行きます。

12海芝浦_9573.jpg
海にいちばん近いといわれる海芝浦駅。
駅から出られない、電車以外の手段で来られないなど、
いろんな意味で秘境駅(笑)。

16国道下_9627.jpg
鶴見のひとつ手前の国道駅。
その高架下は鶴見臨港鉄道時代から残る大正レトロの商店街。
「国道下」という居酒屋が元気に営業してました。
15国道下_9611.jpg
大正レトロの商店街は、看板もかなりの年代物。
でもどういう訳か人の気配がほとんどありません。

17鶴見_9634.jpg
終着、鶴見駅。ここが不思議の国への入場門です。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする