2017年12月15日

「駅すぱあと」乗りものフォトコンテスト

手帳大賞 泉麻人賞」「鉄道写真詩コンテスト 入選」と
2017年はこれまでになかったうれしい体験をしてきましたが、
最後の最後にまたまた入賞を果たしました!

「駅すぱあと」乗りものフォトコンテストという
公共交通機関を題材とした写真のコンテスト。
最優秀賞とか審査員特別賞とかは取れなかったのですが、
デジタル日めくりカレンダー用の写真に採用される
「日めくりカレンダー賞」に入賞。しかも2作品!

審査員は航空写真家のルーク・オザワさんと教授山ア友也さん)
GTYの仲間の作品も多数入賞してましたが、
先生が審査員だからといって特別扱いはされていないはず!

入賞作品のひとつは、北海道の室蘭本線有珠〜長和間で撮った「水鏡」。
20171208_5434t.jpg
特急列車が水を張った田んぼに映っている様子を撮影したもの。
映った木や空との一体感が良いとの評価をいただきました。

もうひとつは、四国の予讃線八多喜〜春賀間の「伊予灘ものがたり」。
20171208_5433t.jpg
これ、9月のGTY合宿で撮ったものですが出品しちゃいました(笑)
緑の中を補色である赤い列車が来てるところが良いとの評価。
自分としては手前のキバナコスモスも気に入ってます。

入賞が361作品と間口は広いのですが、
多数の応募作品から2点も選んでいただいたのはとても光栄です。

すべての入賞作品を掲載した「乗りもの日めくりカレンダー2018」は
「駅すぱあと」2017年12月版CD-ROMに収録されています。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする