2018年04月24日

釜谷駅のおばちゃんに報告

鉄道写真詩コンテスト2017 の入選が決まったのが昨年の10月。
受賞作は、道南いさりび鉄道の釜谷駅で撮った写真と
駅で切符を売っているおばちゃんの詩。
早くおばちゃんに報告がしたいと思いながら行けなかったのですが、
この春、ようやく行くことができました。
20180417_1580.jpg
待合室で待っていると7時過ぎにおばちゃんご出勤。
直接、受賞の報告をすることができました。
この賞はおばちゃんのおかげで取れたも同然なので、
賞状をコピーしたものを謹呈。
「良かったねぇ。自信ついたでしょ」
一緒に喜んでくださいました。
受賞した写真と同じアングルでも撮影。
20180417_1589.jpg
話を聞いてみると、おばちゃんは昨年の三月雪道で滑って足を骨折、
その時と秋ごろと二回も入院する羽目になって、
つい最近の三月末に復活したんだそうです。
ということは、受賞してすぐ釜谷に来ても
おばちゃんには会えなかったことになります。
この巡り合わせに、おばちゃんも私もびっくり。
「きっと、呼んでたんだねえ」
おばちゃんと私を再会させてくれた不思議な力に感謝して
釜屋の駅を後にしました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

桜2018

ことしの東京の桜はちょうど晴れた中で咲き誇って
さぞ良い写真が撮れるだろうと勇んで出かけたものの、
判断ミスだったり、技術不足だったり、時季を逃したりで
満足いく出来のものは撮れませんでした。
20180328_8920.jpg
どちらも↑↓飯田橋〜市ヶ谷間のお堀端で撮ったものです。
20180329_9484.jpg
かろうじてお見せできるのが、この程度のもの。
良くてこれですから、ほかは推して知るべしって感じです。

なーんか、撮れば撮るほど課題が増えるなぁ〜T_T
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

神奈月トークライブ(第16回)

恒例の阿佐ヶ谷LOFT Aで、
恒例の神奈月さんトークライブ!
20180331_7421.jpg
阿佐ヶ谷でのトークライブもかれこれ16回目を数えます。
お相手はいつものタムケンさん。

このところ神奈月さんが誰に扮して登場してくるかが注目なんですが、
今回はというと……
20180331_7424.jpg
なんと、最近テレビでも大ウケしている吉田鋼太郎さんでした。
これは神奈月さんご自身もかなり気に入っているようで、
その気合いの入りっぷりはヅラとヒゲが特注なことでもわかります。
しかも、名乗らなくても誰だかわかるという
神奈月さんにしては特殊なネタ(笑)。

後半は、恒例の映像鑑賞。
最近出演したテレビや昨秋の神奈月祭のビデオをみんなで観ます。
いつものことながら、雰囲気はすでにお茶の間。
大家族でおせんべかじりながらテレビを観るっていう感じです。
20180331_7454.jpg
しかも舞台のおっさん二人(失礼!)が
この至近距離でぼんやりテレビを観る絵がまたたまらん(爆)

今回は放出品を奪い合う大抽選大会も決行。
同行のおおばさんは、広島カープが優勝して
みんなでビールを掛け合うときに着るTシャツをゲット。
20180331_7458.jpg
幸運なことに私もゴルフボールを当ててしまいました。

20180331_7461n.jpg
帰りに出口のところで、吉田鋼太郎さんと記念写真。
神奈月さん、いつもありがとうございます。

※開催日 2018年3月31日
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

俳句のまちあらかわ フォト俳句コンテスト 佳作

昨年は「第21回手帳大賞 泉麻人賞」「鉄道写真詩コンテスト2017
『駅すぱあと』乗りものフォトコンテスト」と三つのコンテストに
立て続けに入選し、もはや運が尽きたかと思ってましたが、
ことしも今年で早々に入選を果たしました。
20180324フォト俳句コンテストm.jpg
俳句のまちあらかわ フォト俳句コンテスト」といって、
荒川区内で写真を撮って、その写真をもとに俳句を詠むというもの。
私の写真と俳句が左下のほうに小さく載っています。

これではあまりにちっちゃいので改めて。
20180305photohaiku.jpg

写真は荒川区内のムラマツ車輌というリヤカー工場に
取材をお願いして撮らせていただきました。
もちろん、町工場が正月休みもないブラック企業だと
言いたいわけではなく、正月も返上で作業を続けるくらい
町も工場も活気があることを詠んだものです。
ちなみにムラマツ車輌はちゃんと正月お休みしたそうです(笑)

自分なりのこだわりは仮名なしの俳句。
俳句初挑戦にしては上出来じゃないでしょうか??(自画自賛)

受賞作は3月29日の東京新聞にも広告として掲載されました。
特選作品は写真も、句も、さすがの出来映えです。

俳句ももっと上をめざしたいし、
次こそは写真だけのコンテストにも入選したいなぁ。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする