2018年08月17日

燕・三条工場見学

長岡花火の翌日はKさんが燕と三条の工場見学ツアーに
連れてってくださいました。
20180804_0392.jpg
一番最初に訪れたのは、諏訪田製作所
ニッパー型の爪切りを中心に刃物を製造販売しています。
20180804_0394.jpg
工場は見学することを前提にとてもおしゃれに設計されています。
研磨の作業などは一歩間違えるとたいへん危険。
作業員の方はものすごい集中力で各自の作業に打ち込んでいました。

20180804_0416.jpg
お次は、マルナオ。丸に「直」の文字がシンボル。
八角形のお箸を中心に製造販売している会社。
20180804_0414.jpg
こちらもおしゃれに設計された工場を見学できます。
ほそ〜いお箸の先端まで同じく八角形になってるのがスゴイ!
製造中のお箸もとてもきれいに並べられています。

20180804_0417.jpg
お昼に立ち寄ったのは、Kさんおすすめの杭州飯店
名物中華そばはすんごくこってりしているようで、
実際食べてみると意外にさっぱり。確実に癖になる味です。
餃子は春巻きサイズでとにかくでかい。

20180804_0430.jpg
最後の訪問は、銅器で有名な玉川堂
銅板をコツコツ叩いて急須にしたり、花瓶にしたり。
手間暇かかる分、とってもお高いんですが、モノはかなり良いです。
玄関前でプロの写真家に記念写真を撮っていただきました。
20180805_0487.jpg
急須はさすがに買えないので、ビールのカップを購入。
熱伝導がよく、カップもキンキンに冷えてくれるので
ビールもいつまでもおいしく飲めます。

花火から工場見学まで丸々二日、
Kさんにはたいへんお世話になりました。
今年見られなかったところは、ぜひ来年訪問したいです!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

長岡花火

念願の長岡の花火、ついに行くことができました。
宿は昨年の12月から、花火のチケットは5月ごろからと
事前の準備を万端に整えての実現。
このあたりの段取りは、燕市出身の写真家Kさんの
適確なアドバイスのおかげです。
20180803_0366.jpg
見学席は右岸のベンチ席。まだ明るいですが、
すでに会場はテンションあげあげ。
20180803_38A0079.jpg
19時30分近くになって一発目があがりました。
一番星の横で夕空に浮かぶ大輪、ステキすぎます。
20180803_38A0187.jpg
噂には聞いてましたが、その想像を超えるものすごさ。
ふつうの花火大会のフィナーレレベルが初っぱなからばんばん上がります。
写真は合成(多重露出)してません。一発撮りでこの華やかさ。
20180803_38A0280.jpg
フィナーレの「フェニックス」はこんな状態の花火が
平原綾香の「ジュピター」をBGMに5分間上がりっぱなし。
これも合成してません。
20180803_0383.jpg
興奮のままに終焉。会場のみなさんとスマホの明かりを
振り合ってお別れのあいさつ。みつこさんも大満足。
20180803_0385.jpg
DJポリスさんの活躍で長岡駅の交通整理もバッチリ。

予約したころは、何か月も先のことなんて想像もできませんでしたが、
あっという間に当日になってしまうのですから不思議なものです。
計画通り、健康で楽しく花火が見られたことに感謝!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

オル太「スタンドプレー vol.1」

オル太が能楽堂で現代演劇を演じるというので行ってきました。
ときは2018年7月23日(月)、ところは川崎能楽堂(川崎市)。
演目は「スタンドプレー vol.1
20180801_0321m.jpg
超衆芸術 スタンドプレー」という新聞を模した読み物には、
スタンドプレー」について次のように説明されています。
日常の中で出会う笑いを引き起こす現象を調査し、都市生活の中で生まれる無意識の身体の動きや人為的に仮設された街頭のオブジェがもたらす無作為の状況について明らかにしていく。
また「超衆」については、
群衆と物質や情報を含めた集合のことを『超衆』と名付け、都市の環境や機能によって私たちが演じていると気づく事柄や場所をシミュレーションする。
と説明されます。

これだけではなかなかわかりにくいですが、
キーとなるモノとしてパイロン、ネギ、宝くじ売場などが登場。
それらのモノを中心に、街中でみかけた面白おかしいシーン、
人びとが賭事に熱狂するシーンなどが
鋭い観察と綿密に練られたストーリーによって描かれます。
img20180801_23044429m.jpg
着物の女性が横断歩道の前で両手を挙げ、
「あと40日で9月1日。早いねー」と言い続けるシーン。
img20180801_23030898m.jpg
街頭でポケットティッシュを配る宝くじの売り子さん。
img20180801_23020835m.jpg
パイロンがパイロンの人形劇を演じるシーンも。
私としては、ここがこの劇のハイライトでした(個人の感想です)。

ひとつひとつのシーンはおそらくすべて
実際に見かけた光景だったのだろうと思います。
よくもこれだけ中味の濃い場面を集めたなというのも驚きですが、
それらをうまく組み合わせてひとつの演劇に昇華させたところも驚きです。

パイロンはもともとギリシャの神殿の門を差す言葉で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャ神話でつながるというくだりは圧巻でした。

パイロンはもともと古代エジプトの神殿の塔門を差すギリシャ語で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャでつながるというくだりは圧巻でした。

※2018年8月2日訂正

もちろん、演劇ですから台詞もあります。
いままでの無言のパフォーマンスとはだいぶ違います。
ストーリー全体に庶民の悲哀みたいなのが通底にあって、
登場人物はとても愛おしく、心に染みこみます。
「劇団 オル太」とでも呼びたくなるような試みは
大成功だったのではないでしょうか。

ちなみに「スタンドプレー」と称してパイロン、宝くじ売場、ネギなどを
題材にした立体作品は2017年3月に最初に発表されました。
一年四か月の時を経て、すごいものに発酵したんだなという印象です。
「vol.1」とあるのが、ものすごく気になります。
一回上演するだけでもたいへんな作業だったとは思いますが、
「vol.2」以降もつい期待してしまいます。

当日は、第二部としてポーランドのアーティスト、
ダニエラ・タゴフスカとプシャメック・ピンタルによるパフォーマンス
「More! More!」が演じられました。
暗闇の中でひたすら「More」と描き続け、最後に紙だらけになる
二人の姿が目に焼きつきました。


スタンドプレーvol.1/More! More!
公演日:2018年7月23日(月)
開演:19:00
会場:川崎能楽堂
posted by ひろとも at 00:40| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする