2008年07月01日

TOKYU 109

いつもコメントいただいている
さらりとした梅酒さんから写真をいただきました。

水間鉄道の電車内で撮影した写真です。

VFSH0035.JPG

VFSH0037.JPG

ちょっと写真がブレてしまってますが、
たしかに東急百貨店とマルキューとして名高い109の広告です。
上の写真のバックに写っている電光掲示板の
「近義の里」は水間鉄道の駅の名前です。

なぜこんなことになっているかというと、
水間鉄道の電車は、かつての東急の電車を
譲り受けた車両だからなんです。
水間鉄道で走るために、車体の塗装とか、
電光掲示板とか、いろいろリニューアルされているのに、
なぜかつり革だけは東急時代のまんまなんですね。

広告主不在の広告・・・ある意味、太っ腹!?


【参考】
 走れ!バカップル列車 第21号 いちご電車と水間鉄道と特急はるか
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりこのつり革は色々話題を提供してくれますね。少年とその母親にもこの写真は見せました。上のものは東急の7000系を改造した1000系の車内です。東急百貨店の広告と電光掲示板の両方を写すというこだわりがあって、何度もチャンスをうかがっていましたが、まだ上の写真はすごくぶれていて出来がいいとは思っていませんでした。しかし、東急百貨店の広告だとわかりましたか。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年07月01日 08:36
さらりとした梅酒さん、お写真ありがとうございました。
じつは東急百貨店の広告は、ぶれているので、
教えてもらわなければわからないのですが、
ぶれないで撮るのもたいへんでしょうからそのまま載せました。
Posted by ひろとも at 2008年07月02日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック