2008年06月28日

副都心線(東横線)渋谷駅

先日開業した東京地下鉄副都心線の
渋谷駅を探訪してみました。

この駅はいまは副都心線だけの駅ですが、
2012年には東急東横線も乗り入れる予定です。

そのため、いまはぜんぶ使っていませんが、
ホームや線路もあらかじめ多めにつくってあります。

面白いことに副都心線開業時から
この駅は東急の管理になっています。
4年後まで、東急の電車は一本も来ないのに
駅の管理だけは東急なのです。

そんなわけで、案内表示のデザインも東急テイスト。
しかも建築のデザインは安藤忠雄です。

20080615_7253.jpg
こちらが安藤さんがデザインした「地宙船」のイメージ模型。
大きくて細長い「卵」が地下30メートルにもぐりこんでいます。

20080615_7264.jpg
巨大な「卵」の中央部にある吹き抜け。
地下5階のホーム天井が、「卵」の底部分になります。

20080615_7287.jpg
こちらは地下3階のコンコースから見おろした吹き抜け。
地下とは思えない開放感がいいですね。

20080615_7299.jpg
「地宙船」は地球環境にもやさしい設計。
自然の空気をうまくとりこんで、
空調に必要なエネルギーを減らします。

20080615_7298.jpg
地下3階のコンコース。
さいきんの東急の駅はこんなポップなデザインなんですね。

東横線が乗り入れるようになったら、
この駅はまたいまとは違う表情を見せるのでしょうか。
それもまた、楽しみですね。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひろとも、いいぞー。
私の鉄道情報はひろとものブログから引用されたものがほとんどで、情報発信を続けてくれるとうれしい。
Posted by あかさ at 2008年06月28日 18:03
早速写真を見ました。新幹線品川駅もきれいで落ち着いた感じがして好きですがこちらもお洒落でいいですね。あと、例の列車番号は他にはないスクープではと思い、他のサイトで列車番号が変わる瞬間を捉えたサイトがないか見ましたが、他にはあんな貴重な瞬間を捉えた写真はなさそうですね。ちなみに山手線の列車番号が変わる瞬間に関するサイトを調べていたらついでに新横浜が在来線部分も含めてJR東海が管理している駅だということがわかりました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年06月28日 21:11
あかささん、応援ありがとうございます。
これといって何の変哲もない(どこでも手に入る)情報ですが、
必要に応じて使ってくだされば幸いです。
Posted by ひろとも at 2008年06月29日 00:20
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
新横浜の駅が、在来線(横浜線ですね)も含めて
JR東海というのは初耳です。
東海道新幹線のせいでヘンなところにJR東海が侵入してるので困ります。
東京駅の売店などでSuicaで弁当を買おうとして、
「ここは『東海』だから使えません」
なんて言われた日にゃあ、
火ぃつけてやろうかと思うくらいむかつきます。
Posted by ひろとも at 2008年06月29日 00:25
弁当のことが気になりまた書きました。ひょっとして東京駅では新幹線の改札の外にもJR東海の売店があるということなのですか。東京でイコカで弁当を買うときはよく確かめてみます。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年06月29日 08:31
JR東海の侵入で思い出しましたが、JR東海では関西限定のCMとか東海関東向けのCMがありますね。東京ブックマークというJR東海のパック旅行のCMが関西らしくていい味を出しています。その中でOL3人組が新幹線にポンと乗ってさっと行ってワーッと行ってとか関西風のしゃべり方をします。この擬音語や擬態語の多さが大阪のOLらしさを感じさせます。あと、たまにこちらでも東海地区関東地区向けのCMをやっていて奈良のお寺(薬師寺)の宣伝をやっています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年06月30日 08:46
新幹線の改札の外にあったかどうか、
こまかいことはわかりませんが、
私が「使えません」といわれたのは
新幹線のホームだったような気がします。
要するに、私がうっかりだったんですが、
大使館の門をくぐったら、日本の法律は通じないというか、
そんな印象を受けたのでした。

CMは訴求する対象が違えば、
内容も違ってくるのは当然で、
旅行に出かけたときは、その地方独特のCMや
新聞(地方紙)などを楽しむのもいいものです。
Posted by ひろとも at 2008年07月02日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック