2008年11月21日

走れ!バカップル列車 幻の第34号 寝台特急はやぶさ

来春に姿を消す??とウワサされている
寝台特急はやぶさに乗って、九州まで出かけてきました。

諸般の事情で今回はすぐに旅行記が書けないので、
まずは写真だけでもお楽しみください。

20081113_1997.jpg
出発前の「はやぶさ」。今回乗車するのは
B寝台個室の「ソロ」です(東京駅)

20081113_2001.jpg
「ソロ」室内(下段)。思ってたより広くて快適。

20081114_2025.jpg
翌朝、下関駅に着く直前の車内。客車の一番前から機関車を見る。

20081114_2030.jpg
電気機関車はEF66形(下関駅)
東京からはるばる1000km以上も走り続けました。
ここで機関車を交替します。

20081114_2049.jpg
ようやく終点熊本に到着。じつに18時間近くの旅。
でも、車内ではほとんど寝てました(笑)

20081114_2081.jpg
熊本からは豊肥本線の鈍行列車に乗りました(立野駅)
このあと私たちはどこへ行くのでしょう!?


posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのソロはやはり広いですね。24系のソロは窮屈でカプセルホテルみたいな感じでした。しかし、この車両は2階建てぽくみえるしロゴもかっこいいですね。ところで、電気機関車の後ろがはやぶさの下り列車の場合普通の客車で真ん中に電源車があってそのうしろが富士になっているから機関車が見れるようですね。また、これだと関西から出ていたブルトレと違って明るいうちに機関車を変えるので機関車の交換も見れますね。またバカップル列車を楽しみにしています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年11月21日 08:43
かつての東海道・山陽のブルートレインは
九州側に電源車がついていたので
客車の前からは機関車が見えなかったんですね。
いまのはやぶさ・富士は14系という
分散電源方式の客車なので電源車はありません。
そのかわりスハネフは床下のディーゼルがけっこううるさいです(^_^;)
Posted by ひろとも at 2008年11月21日 09:03
ひろさん、
いつもみっちゃんがモデルさんでステキだわん(ある意味、スゴク羨ましい)
寝台特急の旅ってしたことないんです。いつかデビューしてみたいなぁ。。。

ところで、、、
奈良旅行のレポートも途中のまま、今週末は友人と伊東温泉に行ったのですヨ。
で、29日朝8:30発スーパービュー踊り子1号に乗ってたところ、藤沢で電車がストップ。藤沢と辻堂の間で、我々は血まみれの東海道線の線路を見ちゃいました。あ゛〜。
結局伊東についたのは予定より1時間以上遅れました。で、後で新聞を読んだら、47歳の男性がはやぶさを撮影しようとして黙って線路に侵入、三脚設置の最中に列車に轢かれちゃったらしいのです。。。びっくりです。
Posted by Yuka at 2008年11月30日 17:15
Yukariちゃん、こんばんは!
そのニュース、私も読みました。
まさかYukariちゃんがその現場に居合わせたなんて・・・
お気の毒とは思いますが、線路脇での写真撮影は本当に危険だし、
事故になれば多くの人に迷惑をかけるので、
やめてほしいですね。

ところで寝台特急デビュー!
記事にあるとおり、いまや九州方面は風前の灯火なので、
いまからおでかけなら、上野発札幌行きの
「北斗星」「カシオペア」がおすすめですよ♪
Posted by ひろとも at 2008年11月30日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック