2005年12月25日

表参道ヒルズ

来年一月に完成するといわれる表参道ヒルズ
有名な同潤会青山アパートを建て替えたもので安藤忠雄の設計です。
長らく工事が続いていて、秋にはほぼ全容を現したのですが、
テナントなど内装工事がいよいよ最終局面に差しかかって来ました。

20051225135100m.jpg

賃貸住宅もあるので「(安藤さんの設計だから)住めば?」と
よく勧められるのですが、
家賃50万はくだらないはずなのでやめておきます(^_^;)
それでもこの建築が「いいなぁ」というのは、
基本構造の心配がないのはもちろん、
相当の地震が来てもまず大丈夫だと思うから。

安藤建築は阪神・淡路大震災でもガラス数枚が割れただけ
という実績がありますし、
それより何より、表参道ヒルズに関しては、
私、作るとこずっと見てましたから(笑)

この規模で一般的なのか特殊なものなのかはわかりませんが、
H型の鉄骨の周囲に鉄筋を網の目のように張り巡らして、
そこにコンクリートを流し込むという工法で作っていました。

「だから大丈夫なの?」って言われると
私は専門家ではないので自信ありませんが、
これが壊れるなら他の建物はすでに壊れている
ということぐらいはわかります。
posted by ひろとも at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック