2008年11月30日

走れ!バカップル列車 幻の第35号 博多南線(0系)

きょう11月30日で営業運転を終了する新幹線0系
黒川温泉からの帰り、博多南線山陽新幹線で乗ってきました。

博多南線は博多から博多南(春日市)までの8.5kmの路線。
新幹線の車庫への回送線を地元の要望を受けて
旅客営業線としたものです。
全列車が新幹線車両で走っていて
列車種別も特急列車なのですが、営業上は在来線です。
博多〜博多南間は290円(運賃190円・特急料金100円)。

私たちは博多南9時7分発の列車に乗車。
この車両は博多からこだま638号になるので、
そのまま岡山まで乗車しました。

20081116_2224.jpg
博多南駅にて。車庫の片隅にぽつんとホームがある。

20081116_2236.jpg
博多行きの方向幕。博多で「こだま・岡山」に変わる。

20081116_2252.jpg
20081116_2285.jpg
20081116_2281.jpg
山陽新幹線にて。N700系に追い抜かれるところは
いまの時代を象徴してますね。


44年間、おつかれさまでした。


20081125_9140.jpg
ちなみに我が家の一角も今週は0系ウィーク♪

●参考記事
走れ!バカップル列車 第27号 0系こだま




posted by ひろとも at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
博多南線には興奮しました。地元民と鉄道マニアしか乗らなさそうな珍しい路線なので楽しみにしています。また幻の35号は本当の意味での0系乗り納めなので旅行記に残すことはすごく意味がありますね。まさに0系の通常運転が終わる日らしいブログでした。さらに博多とだけ書いている方向幕も珍しいですね。あと、余談になりますが関西ではJR東海の車庫が大阪にあってそこから新大阪まで回送の新幹線で客を乗せてほしいという要望がありますがそちらは諸般の事情で実現が難しいようです。さらに大阪の新幹線の車庫の付近には貨物輸送用の新幹線を走らせるための高架橋があります。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年11月30日 09:14
0系に乗りに博多南線にでかけた、というと
「その手があったか」
といわれることがあり、今回は自分でもいい旅ができたなと
勝手に満足しています。
無機質に「博多」とだけ書かれた方向幕、たしかにレアなのですが、
もっとすごいのは「博多南」です(逆方向)。
博多南に着いたときは「回送」になっているので、
ホームでは博多を発車する瞬間しか見られない超レアだそうです。
私も今回見逃しました。

鳥飼基地(ですよね?)の話、初耳です。
JR東海が乗客のためになにか積極的に動くはず、ありません。
Posted by ひろとも at 2008年11月30日 21:36
鳥飼基地の話ですがヤフーで「ぷらっと沿線紀行 鳥飼」で検索するとすぐに朝日新聞のサイトがヒットします。それを見ると車両基地周辺の人が国鉄に回送新幹線に客を乗せるように頼んだことが書いてあります。貨物新幹線用の高架についてもそこに載っています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年11月30日 22:07
なるほど。情報ありがとうございました。
Posted by ひろとも at 2008年12月02日 16:33
0系のネタでさらに思い出したので書きました。500系8両のこだまが既にデビューしたのに気づかずに1週間過ごし、今日になってようやくそのことを思い出してインターネットで色々調べました。どうやら今週末と来週末に0系ひかりが500系こだまを追い抜くダイヤが組まれるようなので一度確認してみると面白いと思います。まさに0系の最後にふさわしいダイヤなので興奮しました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年12月06日 23:10
さらなる情報ありがとうございました。
12月1日から500系こだまが走ることは
時刻表に載っていたので知っていました。
2&2シートではないんですね。

臨時0系ひかりはいつ走るのでしょう?
もう走っている0系を見ることはないとおもいます。
Posted by ひろとも at 2008年12月06日 23:32
0系ひかり(全席指定)は今度の土日に走ります。新大阪発2本と博多発1本でついに完全に引退します。指定席券が数秒で売り切れてヤフオクでは定価より高値で取引されています。時刻表では0系に抜かれるこだまは100系のようですがウィキペディアによると500系が抜かれるとの情報もあります。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年12月07日 09:16
臨時ひかり、時刻表に載ってました。
うっかり見落としていました。

下り347号は、先行する500系のこだま659号を
追い抜くダイヤになっています。
徳山か新山口か厚狭あたりでしょうね。
Posted by ひろとも at 2008年12月07日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック