2008年12月19日

稲庭うどん

我が家はそばも好きですが、うどんも好きです。
うどんでは、讃岐うどんも好きですが
稲庭うどんも好きです。

というわけで、佐藤養助さんのお店にいってきました。

せっかくなので鍋も、ということになり、
比内地鶏のお鍋を食べました。

20081204_9174.jpg
じっと鍋が沸くのを待ちます。

20081204_9175.jpg
煮えてきました。まもなく食べごろです。

20081204_9179.jpg
ザ・うどん。見てください!この輝き!!

20081204_9180.jpg
完食。たいへん満足いたしました。

いちおう解説を加えておきますと、
写真にうつっているのは嫁みつこだけですが、
私もおいしくいただきました。
決して、みつこ一人でぜんぶ食べたわけではありません。


●銀座佐藤養助
http://www.sato-yoske.co.jp/ginzaten.htm
posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタクシ(ども)は圧倒的にそば派ですが、“でんぷん一切”が一番の好物なので、もちろんうどんも好きです。

うどんの中では稲庭は別格に美味しいですよね。銀座にそのようなお店があったとは!
勉強になりました。
こんど行ってみよー(^0^)/

あ、館林うどんや、氷見うどんも美味しいですよ。ご存知かと思いますが。
Posted by Yuka at 2008年12月19日 06:21
Yukaさん、おはようございます!
稲庭うどん、本当においしいですよね。
機会があったらぜひおでかけください♪

館林、氷見・・・恥ずかしながらしりませんでした。
ぜひ食べようとおもいます。
館林はいいけど、氷見はとおいなぁ(^_^;)
Posted by ひろとも at 2008年12月19日 09:17
讃岐うどんとか戸隠そばとか出石そばは知っていましたがこちらもおいしそうですね。明日から松山に行きますが、大阪に帰ってからの空港にある蕎麦屋さんのそばも楽しみにしています。全国の焼きそばとかコナモンを集めたイベントとか新横浜ラーメン博物館は知っていますが、ご当地うどんをいろいろ集めた博覧会とかうどん博物館とかがあってもいいですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年12月19日 10:36
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
全国のうどんを集めるってアイデア、いいですね。
きっと食べたことないうどんがたくさん食べられそうです♪

ところで、醤油の色は関西と関東で違いますが、
これは熟成の時間の違いだそうですね。
もともと醤油は和歌山が発祥で、地元ではうすい色だったのが、
関東に運んでいる間に熟成が進んで濃い色が定着したって。
ただの聞きかじりですが・・・
Posted by ひろとも at 2008年12月20日 03:00
あ、そうか、それで次の醤油に行くんだ。
ひろさん、やるなー(笑)

醤油のルーツは和歌山?知らなかった。原型の穀醤は飛鳥時代に存在していたようです。

千葉研究会会長(会員ゼロ(笑)募集中)のワタクシとしては、一度銚子や野田を調査してみたいと思っています。
江戸っ子のワタクシ、醤油は断然濃い方が好きです。
Posted by Yuka at 2008年12月23日 09:25
Yukaさん、こんばんは。
いや、やらないですよー(笑)

なんちゃってオレンジはじつは偶然でして・・・(^_^;)

おぃらは、稲庭うどんはべつとして
ふつうのうどんは薄口醤油のが好きなんです。
でも、そばはやっぱり濃い口醤油が好きです。
って、どっちでもいいってことかぁ!??
Posted by ひろとも at 2008年12月25日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック