この記事へのコメント
つまり、ペットボトルと缶と瓶は入れていい、ってことですね。
最初はペットと缶瓶が別々だったが、ボックスの経費削減またはスペースの関係で一緒くたになったとか。
「専用」という最短の言葉で他のものは入れるな!というメッセージを伝えたいという当局の苦肉の策、
と解釈しておきましょう。
Posted by Yuka at 2009年01月20日 06:32
あー、さっきエラそうなこと書きましたが、ここで告白しておきます。
南北線の缶回収ボックスについ、鼻をかんだティッシュを入れてしまったことがあります。
今も、なるべくやらないように気をつけてます(笑)
Posted by Yuka at 2009年01月20日 06:35
以前に紙類を捨てるゴミ箱に修正液の空容器を入れようとしたら分けといてといわれました。ちなみに僕と少年の母親の通う某大学院でもゴミ箱を2つに分けてありますが捨て方が整然としておらずどっちに捨てたらいいか迷います。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年01月20日 09:00
Yukaさま、こんばんは。
ハイ、ようするに飲み物のあいた容器専用
ということなんでしょうね。
じゃあ、ブリックパックはどうすんの?
とおもうんですが、そもそも近所に売っていないのでしょう。
おぃらもやむにやまれずティッシュ捨てたことあります。
だって、くずかご探す余裕なかったんだもん。
ボーン!
Posted by ひろとも at 2009年01月21日 20:17
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
修正液の空き容器は燃えるゴミじゃないですか?
たしかにその判定の基準はわかりにくいです。
以前、うちで骨組みが金属のカゴを「燃えないゴミ」で出したら、
「これは燃えるゴミです」という貼り紙がはられていました。
なので、次の燃えるゴミの日に
その貼り紙を残したまま出しておきました。
燃えるゴミの日にだしたら「これは燃えないゴミです」という
貼り紙がはられそうだったからです。
Posted by ひろとも at 2009年01月21日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック