2009年03月10日

さようなら(その1)

平成元年3月に我が家にやってきた
白いブルーバードがついに故障してしまいました。

20071201_5270.jpg
そもそもはタイヤを買い換えにいこうとしたんです。
ところがバッテリーがあがってしまい……。
JAFのおにいさんが来てくれて、エンジンが動き出したとたん、
こんどはシューという音とともに煙がでてきました。
どうやらエンジンからオイルがもれてたようです。
そのままJAFのトラックにレッカーされて、
近所の日産にかけこんだところ、
いろんなところでオイルがもれていた様子。
年式が古いので新たに部品を特注しなければならなず、
修理代がものすごくかかるので、やむなく手放すことにしました。

ちょうど20年。よく走ってくれたと思います。
とつぜん動かなくなってしまったので
最後にどこかドライブにいくこともできなかったけど、
ほんとうの別れというのは、そういうものなのでしょう。

20090307_9937.jpg
車内の荷物をとりに日産に再びいきました。
まだまだ走れそうな気がします。

20090307_9969.jpg
家の近所には主を失った駐車場。

20090307_9975.jpg
鍵だけが私の手元に残りました。

ブルーバードくん、20年間ありがとう。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20年ですか、、、人生の半分を一緒に過ごしてきたブルーバードが逝ってしまう。寂しいですね。

20年前って、私は大学生だったなぁ、谷村有美さんのファンになったのもこと時。20年前の趣味が今の私のマイブームなので、20年と聞くと妙に反応してしまします。

ちなみに、うちの車はまだまだ新車のつもりでしたが、よく考えたら8年目になっていました。20年なんてあっという間かも。
Posted by KOM at 2009年03月10日 01:22
うーん、寂しいですね。
人様の事ながら、自分の車に重ね合わせると、身につまされる思いです。
Posted by sakamiti at 2009年03月10日 01:31
KOMさん、こんばんは。
そーなんです。人生の半分なんですよ。
「まだ乗ってるんですか」とか
「へー、走るんだ」とか、言われてきたクルマですが、
運転席に座れば手足のように動いてくれたいいヤツでした。
もう乗れないというのが、まだ実感になっていません。

これからは「鉄」一本に絞ります(笑)
Posted by ひろとも at 2009年03月10日 01:51
sakamitiさん、こんばんは。
はい。とーても寂しいですよ(^_^;)
いまのクルマ、大事に乗ってあげてください。
Posted by ひろとも at 2009年03月10日 01:52
20年間ご苦労様でした。例のパジャマといい物持ちのよさがうらやましいです。僕が小学生で少年がマイナス6歳ぐらいのときの車なので古い車を長年目だった事故や故障もなく乗れるのがすごいです。ちなみに僕の家ではこの間に2回車を買い替えています。さらにもうすぐ車通勤を始めるので大事に乗らなければいけないと思いました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年03月10日 08:49
はい、物持ちが良いのかもしれません。
ドライヤーは30年たちますが、きょうも使っています。

ちなみにブルーバードですが、追突したこともありますし、
されたこともあります。雪上でスピンして4分の3回転し、
冷や汗をかいたこともあります。
そんななかをよくもくぐりぬけてきてくれたものと思います。

車通勤は安全運転でおねがいします!
Posted by ひろとも at 2009年03月10日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック