2009年03月14日

走れ!バカップル列車 第34号 寝台特急はやぶさ

昨夕、東京駅からブルートレイン「はやぶさ」「富士」の
最終列車が出発しました。最終日に間に合いませんでしたが、
去年の秋、寝台特急はやぶさに乗車したときの旅行記が
ようやくできあがりました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第34号 寝台特急はやぶさ

20090313_0008.jpg
「はやぶさ」「富士」最終列車を見送るファン
(2009年3月13日18時ごろ。東京駅にて)


posted by ひろとも at 11:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夕方のニュースで最終列車が東京駅を出るのは生中継で見ました。上り列車は強風と人身事故で大幅に遅れて、下り列車は爆破予告が出されて13分遅れたと聞いています。新幹線ホームにも人が大勢いてびっくりしましたがいい場所が取れたみたいですね。楽しみにしていたのでこれから読みます。乗り納めのために大阪からくだり列車に乗りたかったのですが、多忙と予算の都合とで断念しました。また、博多南線のアップも楽しみにしています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年03月14日 17:10
使用する機関車が限られているのには驚きです。貨物用は色々あるのかもしれませんが客車用機関車は限られていて、夜行列車に使う機関車は数えるほどしかないのですね。あと、夜行列車に乗っていた少年が景色の見えるところに詳しいのには驚きです。僕の知る限りでは山陽本線の須磨明石間ぐらいしか知らないので、少年の知識には驚かされました。あと、薄着しているところといい鉄道にものすごく詳しいところといい西宮在住の少年とも似てますね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年03月14日 17:22
ちわー
ついに「はやぶさ」なくなっちゃったね。夜汽車の旅、好きだったんだけど。残るは北海道かね、おもむきは全然違うけど、「カシオペア」乗ってみたいな。

そうそう、22年前の青函トンネル開通やら瀬戸大橋開通やらの録画したビデオテープが出てきたからちょっと見てみたんだけど、なかなか懐かしいよね、「北斗星」の特集みたいなのもあった。今回の廃止のニュース(オレは録画してないけど)、20年後に見てみたらどんな気分かな。年寄りになってるけどね。
Posted by KOM at 2009年03月15日 00:42
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
旅行記、早速お読みいただいてありがとうございます。
関門海峡を通過する客車列車は、
考えてみれば当時ですら「はやぶさ」「富士」だけだったのです。
今回の廃止でEF66もED76も活躍の場がなくなってしまいます。
機関車の数が減っている、機関車の配置に固定費がかかる、
そういう面でもブルートレイン存続はむつかしくなっているのでしょうね。
Posted by ひろとも at 2009年03月15日 08:47
ちわー、KOMさん
そうなんだ、ついになくなっちゃったよ東京発ブルトレ。
青函トンネル、瀬戸大橋はJR発足とも重なって
一大事件だったから、強く印象に残っているよね。
ブルートレインの廃止は五月雨的だから、
注意が散漫になって、記憶が曖昧になりそうだ(^_^;)
どっちにしろ、いまから二十年後ということは
俺らは還暦になっているということだけは間違いないな。
Posted by ひろとも at 2009年03月15日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック