2009年04月07日

さようなら(その4)

みつこさんの中学校がこの三月で閉校になりました。
都心の学校なので生徒数が少なくなったんだそうです。
閉校に先立ち三月下旬に大同窓会があったので、
みつこさんはお友達のYukaさんと母校へ。

20090322_0191.jpg
道路の反対からみた校門と校舎玄関。

20090322_0202.jpg
玄関で記念撮影。この校章ももう見られなくなるんですね。

20090322_0210.jpg
校庭がアスファルト舗装なのも都会の学校ならでは。

20090322_0211.jpg
教室にて。何年前のことを思い出しているのでしょうか。



posted by ひろとも at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の通っていた学校がなくなっちゃうって、ちょっと寂しいですよね。

それにしても、『教室と机』!
オレもまた座ってみた〜い!!!
あの教室もう無いけどね。
Posted by KOM at 2009年04月07日 02:31
都会では運動場がコンクリートとは初耳です。しかしそれだと怪我しやすくなりますね。あと、僕の場合、某私立高校に行っていましたが教室不足になっているそうです。学校の中の食堂や茶道室を教室に改装してもまだ足らないそうです。しかし、中学校はまだ安泰のようでそこそこ生徒が行っています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年04月07日 08:54
KOMさん、おはようございます。
そうなんですよ、母校がなくなるってちょっとね。
わしらみたいに学校組織はあっても
校舎建て替えちゃうのも同じくらい寂しいなぁ。
そう、「あの教室」がまたみたいんだ、実は(^_^;)
Posted by ひろとも at 2009年04月07日 09:14
さらりとした梅酒さん、おはようございます。
校庭がアスファルトだと危ないですよね。
そのむかし、東京の学校は校庭がコンクリなんだよって聞いたとき、
東京ってところはひどいところだと思ったものです。
いまも十分ひどいかっ(笑)
Posted by ひろとも at 2009年04月07日 09:17
みつこさんと中学校閉校の別れを惜しんできました!
お宅では笑をとったことと思いますが(自分でも苦笑)、ワタクシ、行く学校行く学校が消えて行く〜!
一番に消えたのは高校で、卒業からわずか数年後の出来事でした。今は単位制高校となり、建物は残っているのがせめてもの救い。

しかし、一番情けなかったのは(失笑)この日みつこさんに聞くまで、自分の大学の学部がすでに消えていたことに気付かなかったことでして。。。

さようなら(自分〜)ってカンジです
Posted by Yuka at 2009年04月07日 17:26
おお〜〜、Yukaさん直々にコメントいただけるとは光栄です〜♪
校舎でいえば、私は幼稚園、小学校、中学・高校と
すべて建て替えられていて、
その地にいっても記憶と現状との照合がまるでできない状態で、
それはそれでちょっと寂しいものがあります。

>さようなら(自分〜)ってカンジです
いやー、このブログも「さようなら(その4)」までは引っ張りましたが、
最後に「さようなら(自分〜)」があったとはオドロキです〜〜〜(爆)
Posted by ひろとも at 2009年04月07日 18:07
自分の小学校も統廃合でなくなりました.

教室もそうですが,いろんな魚がいた屋上の池,興味あるものだらけの理科室が大好きでした.

時は流れ20年ばかり.
ある官公庁からストックマネジメント(施設の有効活用)のコンサルやってる自分がなんだか皮肉です.統廃合もこの一環なもので.
Posted by たばすい at 2009年04月14日 00:50
たばすいさん、こんばんは。
そうかぁ、古い校舎を老人ホームとかに転用するのって、
ストックマネジメントっていうんですか。
人口構成も変わって、建物も古くなって、
かたちあるモノがなくなって、
時間が経てば、いろいろなものが変わる。
それはしかたのないことですね・・・
Posted by ひろとも at 2009年04月15日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック