2009年04月21日

落下物

首都高速高架下でなにやら作業をしています。
警官も動員して、ちょっと物々しい雰囲気。

20090402_0323.jpg
落下物回収中」と称して、撤去されているのは、
なんとホームレスさんのお住まい&荷物。

落下物……ねぇ……

だとしたら、彼は、どこから落下したんだろうか?


posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強風で住まいと荷物が飛ばされたけれど住人は飛ばなかったのでしょう。それでもしこの現場で強風が吹いていないのであればなぜ落下したのかが謎になります。あるいは東京都や警察の陰謀で片っ端から撤去しているという可能性も捨てられません。表向きは落下物撤去で本当は住人をどこか別のところに移したかったのでしょう。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年04月21日 08:46
なぜ、この場所の「住居」だけ撤去されたのかは
まったくもって不明です。
きょうまたこの現場に行ったら、
新たな「住居」が同じ場所に完成していました。
住人は前と同じなのか、別人なのかは、不明です。
Posted by ひろとも at 2009年04月24日 00:35
この話を読んで、江戸川区放置自転車撤去プロジェクトとの闘い(?)を連想しました。
西葛西駅前には数ヶ所、地下駐輪場があるのですが、契約しろとか、空きがないとかで利用する気にならない。ですので、私ども住人は、公園の縁に大人しげに駐輪していたわけですよ。
そしたらある日、区が「迷惑駐輪ゼロ運動」を勝手に開始し、ここに止めたら撤去するぞ!と、ボランティアのじいさまたちを使って始終監視状態に。
仕方ないから今はスポーツクラブの駐輪場に駐めていますが、公園の一角にチャリ止めたって誰も迷惑してないぞー!

とわたしは言いたい!
Posted by Yuka at 2009年04月24日 06:02
Yukaさん、おはようございます。
公営の自転車駐輪場って、用地の確保がむつかしいんでしょうが、
ホントに不便なところにありますよね。
たしかに、利用する気になりません。
王子の駅前では、橋の下の「公園駐輪場」(無料)に
通勤者がいつも停めてしまうので、
結局、区はその「公園駐輪場」を通勤者も使える
一日100円の駐輪場にしてしまいました。
これはむしろ便利な駐輪場の例ですね。

そういえば駅前の駐輪って
「容疑者Xの献身」にも登場しますね(^_^;)
Posted by ひろとも at 2009年04月24日 06:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック