2009年06月02日

阿修羅!

阿修羅展に行ってまいりました。
まず上野駅の公園改札口に来て、唖然。

20090529_1150.jpg
入場券を買うところからしてものすごい行列です(笑)

20090529_1154.jpg
ようやく手に入れた入場券。

20090529_1156.jpg
途中にある阿修羅展の看板が気分を高揚させます。

20090529_1157.jpg
会場は東京国立博物館の平成館。
建物の前も長〜い行列で、
くねくねといくつも折り重なりながら続いています。
ただいま50分待ちという看板もでていました。

そうして入った会場内。
やっとこたどり着いた阿修羅さんの周りは
ものすごいことに……(^_^;)

20090529asyura_tri.jpg
阿修羅の周りを幾重にも取り巻いた人の渦。
押し合いへし合いしながらぐるぐる、ぐるぐる。
「順に進んでくださ〜い!」という館員の声。
「出して〜!」というおばちゃんの声。
「あいたた」足を踏まれたみつこさんの声。
自分の周りで渦巻く阿鼻叫喚を
阿修羅さんはいったいどのように思っているのでしょう?

20090529_1165.jpg
家に帰って落ち着いて図録を眺めました。

またいつか、興福寺でゆっくり眺めたいものです。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6月7日で東京展が終わるため、ラストスパートで行かれる方が多いようです。普通の日でも混んでました。私どもは平日の朝一に行ったため、比較的すいていました。
が、なぜかアシュラ君の周囲はいつもギューギュー。
「時計回りに回ってください」という指示があっても、真ん前に留まってじーと見ている人がいるために、いつも渋滞。
阿修羅展示の横に「交通ルールを守ろう!」っていうステッカーを貼っておいて欲しかった(笑)
Posted by Yuka at 2009年06月02日 09:39
Yukaさん、おはようございます。
そうですよね。わしらもじつは平日の朝、仕事サボって
いったんですが、これが土日だったらと思うと・・・
一部情報によると、入場者の大半は
「早起きの得意な年齢層の方々」なので
逆に夕方の閉館間際のほうが空いているという話も。
とにかく途中のルートでも逆走する人あり、
やたら立ち止まる人あり。交通ルールというなら
阿修羅の前は「駐停車禁止」の札が必要です!!(爆)
Posted by ひろとも at 2009年06月02日 10:58
てっちゃん絵っこ上手上手♪
雰囲気がよく出ています

ウチは日曜日行きました
開場時間に合わせて行ったらすでに60分待ち××
でも前日にネットでチケット買ってから行ったので
ロスは少なくて済みました

阿修羅様は上からしばらく眺めていたのですが
周りのお客さん…特に一番前のお客さんが手摺をつかんで
お行儀よく廻っているのはなんだかとても笑えました
いざその輪の中に入って前から2列目で廻っていたのですが
『おばあちゃん方 一番前へどうぞ』
『まぁすみません』なんて
赤の他人同士の譲り合いもあったりして
比較的みなさん穏やかで
さすが阿修羅さまのなせるワザだわと思っておりました

週末は奈良へ
興福寺へ行ってお取り巻きの菩薩様達がいなくて
お寂しいであろう阿弥陀如来様に
『東京で皆がんばってたから
阿弥陀様も寂しいけどお留守番がんばって!』
っと元気づけてあげようと思います
Posted by くらむなぼん at 2009年06月02日 11:25
いやいや、わしらのいったときは
みんなわれもわれも状態で譲り合いの精神など
これっぽっちもありませんでした。
阿修羅さん機嫌悪かったか。
なので手を合わせている人などは
私と斜め前の小さなばあさまぐらいで
前後左右の人に流されカラダ斜めになりながら
お参りしました。

奈良・・・巨匠によろしく!
Posted by ひろとも at 2009年06月02日 15:12
お客さんが上野公園横にいるのですが,この列すごいです.駅で見て行く気なくしました.奈良でゆっくり見ることにします.でも関西の寺って拝観料ビジネスですよね.東京の寺は無料が多いので助かりますし,本来の姿であると思います.

最近ハマっているのが港区芝公園の「増上寺」.17:00からの経を聴きながら煩悩を取り除く至福の30分です.行って見てください.
Posted by たばすい at 2009年06月06日 01:55
増上寺でお経!!

なかなか乙ですな。

煩悩ゴングがボーンボーン鳴るわたしは
ぜひ行くべきですね。
ボボーン
Posted by ひろとも at 2009年06月06日 03:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック