2009年07月27日

注文の多いお手洗い

問題の写真はコチラです。

20090709_2483.jpg

注文の多いお手洗いと書きましたが、
じつはごくごく当たり前のことをいっています。

そこで考えてみました。

おむつ替えはしてもいいのでしょうか?
赤ちゃんの用便と考えれば、たぶんOKでしょう。

では、授乳はどうでしょう?
先の考えかたでいけば食事ですから、
用便とは正反対です。
おそらくNGでしょう。

ほかにもいろいろとこのトイレで
できること、できないこと、
考えてみましたが、きょうは省略いたします。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
両方OKです。ただ、トイレで赤ちゃんがお乳を飲むのはかわいそうなので、授乳はNGのような気もします。あと、トイレでよく聞く話ですがトイレットペーパーを大量に入れて流しまくるのは完全なNGです。ニュースで特急列車のトイレにトイレットペーパーを流して壊したというのを聞きましたが言語道断です。中でやることまでとやかく言えないので結局は常識の範囲内で長時間でなければ他の利用もOKでしょう。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年07月27日 12:48
「用便」というコトバの意味を考えさせられる貼り紙ですね。

用をすますことなら何をしてもいいのか?
と、ツッコミたくもなり。
そう考えるといろんなことが出来てしまいます(笑)

Posted by Yuka at 2009年07月27日 14:20
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
トイレットペーパーをそんなに大量に使う人がいるとはオドロキです。
いったいそんなにたくさん拭くところがあるんでしょうか?

>結局は常識の範囲内で長時間でなければ他の利用もOKでしょう。
するどい!要するにそういうことだと思うんですよね。
Posted by ひろとも at 2009年07月28日 08:14
Yuka会長、さすがです!
どこにでもある公衆トイレもYuka会長の手にかかると
なかなか話が哲学的になりますね。
ではこんな設備のなかで済ませられる「用」ってなんなのだろう?
たしかにいろいろなことができてしまいますね♪
Posted by ひろとも at 2009年07月28日 08:17
びくやまさん、ついにその話が出た(笑)
それもこれも「用便」なのだとすれば・・・?
ちなみにかつてのテレビ番組「トリビアの泉」によれば
オーストラリアには10分間経過すると強制的に
個室の扉がひらく公衆トイレがあるのだそうです。
ならば10分で済むならいいのかなってことですよね。
ずいぶん慌ただしい「用便」になりそうですが!
Posted by ひろとも at 2009年07月28日 08:21
確かにずいぶんあわただしいです。スルットKAIBENではない人は一度出してまた出してというので20分かかるかもしれません。あと、特急列車のトイレの話はニュースになっていて、東武鉄道に不満のある人が東武鉄道の特急列車のトイレに丸ごとトイレットペーパーを流して壊しました。これは用便ではなく悪質な器物損壊ということで警察に犯人が捕まりました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年07月28日 19:32
まあ、10分というのはあくまで外国のお話しで。
それにしても東武鉄道の事件はいけませんね。
東武になんの不満があるというのだ!?
捕まって当然です。
Posted by ひろとも at 2009年07月28日 22:10
トイレの話をいたしますと、
お手洗いがいかに大事かということは、旅をしないとわからないものですね。
こないだバスツアーでお伊勢参りに行ったでしょ?朝7:50新宿発のバスはその後2時間以上富士川SCまでノンストップでした。朝コーヒーを飲んだわたしには酷でした(笑)
翌朝、宿の食事の時間が7時で、バスの出発が8時でした。スロースターターのわたしはおなかすっきりにする時間がなく、ガルル〜。
これを「不便」と言わずして何と申しましょう?!

ちなみに、昨年の奈良見仏の旅では新幹線のお手洗いがミョーにスペイシャス(だだ広い)で、落ち着かず。やはり不便でした(爆)
失礼!
Posted by Yuka at 2009年07月29日 09:24
コーヒーを飲むとすぐにトイレに行きたくなるので僕も朝ご飯を食べてから和歌山市からなんばに行くのが時々しんどくなります。後、バス旅行は僕の場合気合で乗り越えます。観光バスで走行中にトイレに行きたくなったことは今までに1回しかありません。あと、中国ハイウェイバスとか東名高速ハイウェイバスはトイレ付ですが案外、トイレに行くことがありません。あと、新幹線のトイレは確かにおむつ交換スペースがある分駄々広いですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年07月29日 19:21
Yuka会長、やはりというべきでしょうか、
トイレの話は盛りあがりますねえ(^_^;)

伊勢旅行のお話は噂で耳にいたしました。
富士川までノンストップなんて、
トイレに近いことでは滝野川町内で
右に出る者はいないといわれる
わしら夫婦にしてみれば、
コーヒー飲まなくても大爆発ですよ!

これがあるからわしらはツアー旅行はダメなんだよなぁ・・・

ところでわしらが海外から縁遠くなっているのも
このトイレ事情が多少からんでいます。
とくにイタリアは悩ましいものがありました。

ちなみにインドのトイレ!
手です!手!!
ま、ある意味エコなんですが・・・
Posted by ひろとも at 2009年07月29日 21:28
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
バスはトイレがないからドキドキしますね。
わしらは長距離バスはまずNGです。
その点、列車はいいですね。
ローカル線にはだいたいトイレがついています。
一度、鈍行列車にトイレがあるかどうか
たしかめるために北海道まで電話したことがあります。
でもあとから聞いてみれば、北海道の列車は
鈍行といえども必ずトイレはついているんですって。
安心ですね。
Posted by ひろとも at 2009年07月29日 21:34
しつこくレスします(笑)

さらりとした梅酒さんがおっしゃるように、路線バス系の高速バスには必ずトイレがついていますし、多分ゴージャスな観光バスには付いているのでしょう。
先日のバス旅行は久々のツアー参加だったのと、「ゆったりバス」のキャッチにはめられた感があります。でも、わたしどもよりお年を召した方がたくさんいらしたのです。
やはりトイレに行く回数の調整は「気合い」なんですね。人生修行だぁー(爆)
Posted by Yuka at 2009年07月31日 09:27
Yuka会長の粘りに乾杯♪

そうなんですか!?
気合いでなんとか乗り切れるものなんですか!?
んー・・・
たしかにお坊さんが座禅中にトイレにいったという話は
あまり耳にしません。
やはり修行のたまものなのでしょうか??
Posted by ひろとも at 2009年07月31日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック