2009年08月04日

道路にタバコを吸うのやめない

道路を拡幅するための用地でみかけた
立て看板の不思議な文面……。

20090324_0224.jpg

ここに自転車やバイクを停めてはいけません、と。
もし停めたら自転車は5,000円、
バイクは20,000円徴収します、と。
必ず守れ、と。
そんでもって道路でタバコを吸ったり、
ポイ捨てしてはいけません、と。

気持ちはひしひしと伝わってきますが、
文面がいまひとつたどり着けていません。
渋谷区役所なんとか対策委員会を語っていますが、
ホントの役所だったら、もう少し文面がマトモなのでは?

「禁る」送りがなが足りない。
「必づ守もれ」送りがなが間違っている。余分なかながある。

実際に立てる前に誰か止めるひといなかったのかなぁ。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに自転車とバイクは所定の位置に止めるべきであって注意するのは当然です。タバコ禁止も当たり前です。そんな当たり前のことが守られずよほど腹に据えかねて一般住民がこの張り紙を作ったのでしょう。しかし、字が達筆で何を書いているのかわかりません。

ちなみに勤務先の某大学では、当然教室内で飲食禁止です。そこへ献血がすんだ学生が献血にお礼にくれたハーゲンダッツのアイスクリームを持って授業を受けに来ていました。その学生はハーゲンダッツが溶けるのもお構いなしで律儀に授業を受けていました。その律儀さに、思わず「溶けるからその場で食べればいいのに」と思ってしまいました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2009年08月04日 16:59
当たり前のことを守らない人が多いから
こういう看板がでてくるのです。
もちろん、なんでもかんでもがんじがらめにすれば
世の中は窮屈になりますから、
あまり他人に迷惑をかけない範囲で
折り合いをつけることになります。
ハーゲンダッツはとけるとカップからこぼれるかもしれないし、
そのまま置いておけば、汗をかくので
ノートや机のうえが濡れてしまうこともありえます。
つめたい、おいしいうちに教室の隅でこっそり
食べたほうがいいでしょう。
Posted by ひろとも at 2009年08月04日 23:39
法執行官(警察官)の権力行使ぶりにはいつも憤りを感じます。
例えば、「強化月間」ものの存在。交通課の場合、彼らの強化月間とは、「法に抵触したとみなす民間人からのカツ上げを強化する」を意味します。でも、違反の取締って大抵晴れた土日の昼下がりなんですよね。なぜ?

ちなみに、わたくしも今月は「カレー試作強化月間」でありますが、カツは揚げません(笑)
Posted by Yuka at 2009年08月11日 06:03
はい、たしかにチューキン、ネズミトリの類は
合法的カツ上げといっても過言ではありません。
「きょうは○○○万稼ごう」
とかいっているんでしょうね。

>ちなみに、わたくしも今月は「カレー試作強化月間」で
>ありますが、カツは揚げません(笑)
Yuka会長に座布団一枚!!
Posted by ひろとも at 2009年08月11日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック